« 今さらながらのIF SHIFT/WIDTHによる混信除去(on FT DX 9000D) | トップページ | 遂に出たか、AMラジオ搭載の携帯電話 !! (or 携帯電話搭載のAMラジオ?) »

2005年12月 3日 (土)

FT DX 9000D :DNR(Digital Noise Reduction)の効果や如何に?

Dnr ICOMの上位機種には以前から盛り込まれている機能ですが、ようやくFT DX 9000にも同等のものが盛り込まれました。 (Mark VにもDNRは付いていますが、選べるパラメータは4種類しかない様です。きめ細かくパラメータを可変できる本格的なモノはYAESUとしては今回が初めてだと思います) というわけで早速、FT DX 9000のDNRはどれくらい効果があるのか、試してみました。 何種類かのサンプルを録ったので、興味のある方は当方のファイル置き場(“FT DX 9000D: Rx”)を覗いてみて下さい。

パンフレットには『ノイズの種類によってパラメータを16段階に可変し、最適な動作ポイントを設定できる』とありますが、この最適なポイントを聴感だけで見つけるのは少々厄介です。 小生の場合は、『聴感』+『ノイズレベルのモニタ』を併用し最適な位置を検出しています。

 ノイズレベルのモニタは、リグのSメーターでは荒すぎて駄目なので、WaveSpectraの(入力)レベルインジケータを見ながらやっています。 具体的には、信号がない場所でDNR をONして、WaveSpectraのインジケータの振れが最小になる位置をDNRのボリュームを回しながら探るというやり方です。 

尚、DNR使用時の注意点としては、ノイズのパターンは時間が経つと変化することがあるので、前回の設定値が必ずしもベストであるとは限りません。ノイズの聞こえ方が変わったなと思ったときには逐次、再調整した方がよいでしょう。 ノイズのパターンに、リグのパラメータが合ったときは、こんな感じでノイズが消えます。
DNR Sample 1 (前半10secがDNR OFF, 後半10secがON)

実験後の感想としては、『ツボにはまれば、微弱信号を拾い上げられるかな』と言う感じです。

DNRをONにすると音のダイナミックレンジが狭まるので、聴感上耳障りなノイズが激減するように感じますが、肝心なことは、S/N比が上がったかどうかです。 つまり、DNR OFF時の音が相似形のまま、ただ小さくなっただけでは全く意味がないわけで、『了解度が上がったかどうか』がその評価のポイントになります。 その意味で、ちゃんとパラメータを選べれば、小生の感覚では、了解度が0.5位あがった感じがします。 

メーカー側が具体的にどのようなノイズを想定して16段階の設定値を用意したのか、資料がないので分かりませんが、将来的には、ユーザーがパラメータをある程度、可変(書き換え)できるようになればFBかな、と思っています。 また、春から夏にかけて悩まされた7MHzのあの『ぱたぱたノイズ』が除去できるような『超お利口Noise Reduction』が実現できれば言うことないなんですが....。 う~ん、やっぱり難しいんだろうなあ。

初稿:2005年9月20日

|

« 今さらながらのIF SHIFT/WIDTHによる混信除去(on FT DX 9000D) | トップページ | 遂に出たか、AMラジオ搭載の携帯電話 !! (or 携帯電話搭載のAMラジオ?) »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。