« 『良い音』とは何だろうか | トップページ | 約40年振りのサーカス »

2005年12月 3日 (土)

FT DX 9000D: Sloped AGCの効果

Sloped_agc ...久しぶりのFT DX 9000ネタです。 前回のBlogで取り上げた『Sloped AGC』を効かせたときの実際の音を録ってみました。今朝のTGCネットでのチェックインの模様を約2分間収録しました。前半1分は通常のAGCを掛けた状態での音。後半1分はSlopeAGCを掛けた際の音です。 収録した音をSound Engineで評価した結果が下図です。

Sloped_chara           
               
1分経過を境に音の山谷がハッキリしていることがお分かりでしょう。 聴感上、前半は局による音量の差が少ないように聞こえ、後半は、局による音量の差があります。 例えば、Sloped AGCが機能している1分35秒付近のYLさんの声に注目して下さい。 他局に比べかなり小さな音で聞こえていますが、通常のAGCではこうした弱い信号と、強い局との差が余りなくなります。

勿論、どのAGC特性を選択するかは、各自の考え方次第(目的次第)ですが、小生の場合、通常はSloped AGCを使用しています。

『強い信号は大きな音で、弱い信号は小さな音で』
Slope AGCにより聴感上のダイナミックレンジが広がりますので、相手の声にリアル感が増すように感じています。

初稿:2005年11月26日

|

« 『良い音』とは何だろうか | トップページ | 約40年振りのサーカス »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/14560439

この記事へのトラックバック一覧です: FT DX 9000D: Sloped AGCの効果:

« 『良い音』とは何だろうか | トップページ | 約40年振りのサーカス »