« 聞きたくもない(?) デリンジャー現象下の音 | トップページ | FT DX 9000D :DNR(Digital Noise Reduction)の効果や如何に? »

2005年12月 3日 (土)

今さらながらのIF SHIFT/WIDTHによる混信除去(on FT DX 9000D)

7MHzのようにQRMが当たり前のバンドですと、やはりこの機能を活用する機会が増えます。適切に調整すれば、快適なQSOをサポートしてくれる機能ですので、小生は積極的に使用するようにしています。

最近のリグですと、RF段、IF段、AF段それぞれに混信を軽減する機能が備わっていますので、昔のリグに比べると隔世の感があります。 

先日、Roofing filterに関する記事を載せましたが、今回は同じIF段での混信除去機能IF SHIFT/WIDTH についての評価結果を公開します。 興味のある方は聞いてみて下さい。 場所はココです。
録音時間60secの間、約15sec間隔でIF SHIFT/WIDTHの有り無し、を切り替えています。 順番は、無し→有り→無し→有りの順番です。

...決して目新しい機能ではないので、公開することを少々躊躇ったのですが、ビギナーの方への情報提供という意味合いで開示することにしました。

初稿:2005年9月19日

|

« 聞きたくもない(?) デリンジャー現象下の音 | トップページ | FT DX 9000D :DNR(Digital Noise Reduction)の効果や如何に? »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。