« ここまで来たか携帯のデジカメ品質 | トップページ | Noise Gateの効用 »

2005年12月 3日 (土)

『SSB送信帯域3000WBの怪』の続報

3000wb_pic1_1 かねてから調査中の『送信帯域3000WBの怪』の件、未だよく分かっていません。
9000Dの退院後、知り合いの局2局に聞き比べて貰った結果は、異口同音に、『"50-3000"よりも"3000WB"の方が良い音に聞こえる』とのこと。

評価願った際、両局には当方の信号が59 +30db以上で届いていた状態でしたので、高S/N比下で聞き比べて頂いたことになります。従って、音の微妙な差異も分かる環境下でした。 それで、上記の結果です。 結果論として、メーカーが言うとおり"3000WB"の方が良い音で送信できるということで落ち着きそうですが、依然として周波数分析との整合性がとれないので何かすっきりしません。 今のところ、JI1ANI 福井さんの『耳の錯覚説』が有力です。 『人間の耳の錯覚を利用して良い音に聞かせる』 ....音声に魔法を掛ける修行の道はまだまだ険しい...。

初稿:2005年9月7日

|

« ここまで来たか携帯のデジカメ品質 | トップページ | Noise Gateの効用 »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/14560407

この記事へのトラックバック一覧です: 『SSB送信帯域3000WBの怪』の続報:

« ここまで来たか携帯のデジカメ品質 | トップページ | Noise Gateの効用 »