« 回想 『珈琲卿』 | トップページ | 『サウンドレコーディング技術認定試験』 »

2007年2月27日 (火)

日本語が....

7703_2 学生と電車に同乗するのが嫌いだ。 
『耳が毒される』というか『汚染される』というべきか、毎回精神的なダメージを受けるんですよね。

『ルセー』、『ザケンナ』、『やべー』、『腹減った』
『ちくしょう』、『お前』、『じゃねえか』、『~かよ』

信じられないことに、これみんな少女のセリフである。 大体、中学生~高校生くらいの年代の娘が”普通”に使っている言葉である。
声の高低差がなければ、まるで男子の会話を聞いているようである。 いや、男同士だってちょっと使わないきつい表現すらある。
これらはほんの一例で、こういう言葉を彼女たちは日頃、お互いに使っているのである。

気の弱い小生は、未だにこの事実を受け入れられず、『何かの間違いだ』、『間違いであって欲しい』と思いながら、運悪く女子高生と同じ電車に乗ってしまったときには、MP3プレーヤーのイヤホンを耳に奥深く押し込む。 勿論、『毒』を耳に入れたくないからである。

本来、日本語ほど『性差』がハッキリしている言語は無い。
つまり、『男言葉』、『女言葉』が存在するのが日本語の特徴なのだ。 例えば、小説のセリフを読めば、それが男性なのか、女性なのかが大方分かるとういうのが日本語である。
英語、ドイツ語の場合、セリフだけでは性別を区別できない。

日本語は、そもそもそういう特徴を持った世界に誇るべき言語だと、内心思っていたが、将来を担う若者(少女)がそういう言葉を現在使っていると言うことは、悪貨が良貨を駆逐するではないが、50年後に日本語も性差のない言語になってしまうのか??  嗚呼....。

言葉は、教えられるもの。或いは、真似するもの。
と、考えれば、少女達は誰かの影響を受けて、男言葉を話しているに違いない。
想像するに諸悪の根源は、低劣な馬鹿番組しかやらないテレビか、或いは漫画本か?? (結局の所、『大人』が悪いんだね)

あ~、また電車であの『害毒』が、耳に入ってくるかと思うと気が重い...(大魔王は、結構、ナイーブなのである)

Sir_1 美しい日本語を返せ~。 責任者出てこい!!!!

|

« 回想 『珈琲卿』 | トップページ | 『サウンドレコーディング技術認定試験』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。全く同感でございます。

#ただ、若い女性は、好ましい男性の前では、ちゃんと「女言葉」をお使いになる方が多いようですよ(笑)

投稿: 7J3AOZ(JH3YKV News Editor) | 2007年2月27日 (火) 23時44分

チワ,ブルータスお前もか.
チョット古かったかな.私も同感.

ただ,こっちへ帰って来てから,自宅からは車通勤だから,気にならなくなったけどね.
以前は西日本と東日本を行き来した時のローカル線は全く同じでした.ただ,全ての高校生がそうだとは思わないけど,特に女子高生の喋りは,トーンも質量も男子より高いから困り者.

仮に私が総務の人事担当で,この子らがブリッコして入社試験でも受けに来たら絶対×だ!...って心の中で叫んでました.Hi
パワーハラスメントかなぁ...

投稿: JA8RXD/JJ | 2007年2月28日 (水) 12時43分

 就職活動が日本語の授業として最も効果が高いようですね。
 大学の終盤に差し掛かって、やっと正しい日本語を覚えるようです。

投稿: JO1KVS | 2007年3月 1日 (木) 06時46分

各局

>ただ、若い女性は、好ましい男性の前では、ちゃんと「女言葉」をお使いになる方が多いようですよ

おお。これぞ『バイリンギャル』か!?
でも、言葉は急に習っても身に付かないし、自ずとメッキが剥がれてくるんですよね。 『敬語』『謙譲語』しかり。 就職試験のために日本語を正す、というのも何だか悲しいですが、結果オーライならいいのかな?

投稿: JA1BBP 早坂 | 2007年3月 1日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想 『珈琲卿』 | トップページ | 『サウンドレコーディング技術認定試験』 »