« 日本語が.... | トップページ | ダルトンのはかり »

2007年3月 1日 (木)

『サウンドレコーディング技術認定試験』

Gairons_05 以前、当Blogで、『音創りのお勉強本(その2) :本格的なお勉強を目指す方へ』と題し、『サウンドレコーディング技術概論改訂版』の紹介をしました。

その出版元である、社団法人 日本音楽スタジオ協会(JAPRS)が「サウンドレコーディング技術認定試験」というものを実施しています。
小生は、その道で食べているわけではないので受験したことはありませんが、その試験問題を見ると結構、技術的な知識を試される内容となっているので、チャレンジするに値する試験だと思っています。 

因みに、この試験の主旨は、JAPRSによると下記のようになっています。
”音楽とテクノロジーの融合する時代にもっとも大切な要素は人材の育成にあることを基本として 、音響の理論、電気音響とスタジオシステム、レコーディング技術と先進技術、音楽・音楽著作権・音楽録音の流れ、録音の歴史などを試験範囲として実施している”

何れにしても、広範な知識をベースに質の高い業務をこなせるプロの人材を育てるのが目的のようです。
どのような出題内容なのか、興味のある方はここをどうぞ(2005年度試験問題)。
また、JAPRSのHPはこちら。

...この年になって『理屈』の勉強は結構Tough Jobですが、結構、脳みその活性化には効果があるかと。(これも、脳トレ?)

|

« 日本語が.... | トップページ | ダルトンのはかり »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語が.... | トップページ | ダルトンのはかり »