« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月に作成された記事

2007年6月30日 (土)

灼熱地獄からの脱出(第二幕)

Haiki ...相変わらずエンドレスなことをやっています。
何せ、個別エアコンの無い部屋で、リニアなど大量に熱を発する機材を使っている訳ですから、部屋の温度が上昇するのは当たり前。
そこで、昨年暮れに奇策(?)を講じ、床に穴を開け、そこから温排気を床下に逃がすことにしました。
(因みに、この床の穴。 トップシークレットでして、家内にはまだ言ってません。 言えません。 小生が死んだ後、家内がシャックを整理している途中に、『発見』されることになっています。 なっているというか、そうなって欲しいと思っておりまして.....(汗))

さて、これまではTL-933を使用していたので比較的短い配管で、排熱を床下に捨てることができました。
その後、諸般の事情によりリニアを別のタイプに替えたんですが、設置スペースの問題もあり、リニアを『ラックの上』に置くことになりました。
そうなると、ダクトを使い床下まで排気を導入してやる必要が生じ、結果的にダクト長は約2mに。
因みにダクトは、アルミ製の125φのものをホームセンターに行き買ってきました。 蛇腹式の延び縮みするタイプです。 縮めると80cmくらい、延ばすと4mくらいになる便利なものです。

床穴にパイプファンを取り付け、ダクト配管も完了。 これで排気はどんどん床下に捨てられる。 我ながら良くできた、シメシメと思いながらリニアの運用を開始。 しかし、運用を初めて10分。何だか部屋の温度が高くなってきていることに気付きました。

続きを読む "灼熱地獄からの脱出(第二幕)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

HiFi Audio in SSB考(その...何番だっけかな?)

Listening_3 DSP機が登場してからというもの、電波法上の上限3kHz近い帯域を使用したSSB送信が容易となりました。
ただ、実際問題としてその与えられた帯域を『持て余している』ユーザーも多いのではないかと思っています。
率直な話、よっぽど2.4kHzで送信した方がFBな音で聞こえますよ~、とコメントを差し上げたい局がいるのも事実です。
低域ドバ~とか、平べったい音とか、高域キンキンとか本人の意図とかけ離れた音になってしまっている諸兄が結構いますから。
(あ、すみません。 これは自分の事を棚に上げた、『一般論』としての話しですHi)

こうした持て余し状態を、何に喩えたらいいでしょうかねえ。
原付免許の人に、いきなりナナハン(750cc)を運転させるようなもの、と言うとちょっと意地悪な表現ですかね。 或いは、
30回路の電子ブロックを使っていた少年に、突然、60回路の電子ブロックを与え、『取説を見ないで60回路に相応しいラジオを組み立ててください』、と言っている状態とでもいいますか。 
...あまり例えが良くないかな....??

何れにしても、帯域が広くなった分、それを使いこなす技術が求められるという、皮肉な事態が生じているのも事実です。
だからこそ、チャレンジする醍醐味というか、面白みがあると小生は考えています。 
2.4kHz帯域だと極端な話、マイクを換えても音の変化は僅かなので、音づくりの対象外というか、そもそも”改善しろ”が少ないんで面白みが無いんですね。
アマチュア無線”技士”であるからには、それなりの難易度があって、自身の技量を高めてくれるようなチャレンジ目標を持ちたいものです。

続きを読む "HiFi Audio in SSB考(その...何番だっけかな?)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

Es発生! でも聞こえない....

V2000_1 昨日は、コンディションが良く、HFハイバンドは軒並みビッグオープンしていましたね。 日曜日ということもあり、どのバンドも大変賑わっていました。

そこで当然V, Uも開けているだろうと思い、6mにバンドチェンジしてみました。
しかし『サーッ』というノイズしか聞こえません。
??おかしいなと思いつつ、数分間ワッチを続けていたところ、弱いながらも数局の声を確認できました。
でも、変なんですね。
聞こえていく音声のS/Nの良さに比べ、Sメーターの振れが悪すぎます。せいぜい、S5くらいか。

透ける血(おおっ、すけるち、と入れたらこの漢字が出てきてしまった。 コワ~)、もとい、スケルチが聞いているような鳴り方とでも言いますか。
何れにしても何だか変だとは思いつつ、バンドコンディションが落ちた為だと、勝手に自分に言い聞かせながら6mをあとにし、HFにもどったのでありました。

続きを読む "Es発生! でも聞こえない...."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

回り込み対策に思う

Mic_cableマイクを久し振りに、別のものに交換した時のこと。
結線を確認し、18MHzでチューニングをとり声を出した瞬間、『ゴ~ッ』というものすごい音がリグの送信モニタ端子から鳴り響く。
『ん!?』、咄嗟にPTT SWをOFFする。 そして再びPTT SWをONし、『あ~』と声すとまた、『ゴ~ッ』と鳴る。
バンドチェンジし、3.5MHzで同じ事をやってみると、そちらでは問題ない。 
うっ、回り込みだ....。

RF電流計を使い、障害の発生する18MHz帯で計測したところ、やはりそれなりのオーダーで電流が流れている。
さっそく、いつものパッチンコア(TDK ZCAT 3035-1330)を取り出し、マイクケーブルへ挿入することに。
現在使用しているケーブルの場合、パッチンコアに3ターンできるので、効果を狙い3ターン X 3個挿入することに。
これで、計算上、約60μHのインダクタンスがとれるので、まずはこれで大丈夫だろうと内心思いながら、再び18MHzで声を出してみる。

続きを読む "回り込み対策に思う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

そ、そんなに怒らなくても....

L01 それは昨日の朝の出来事。
バスが、つくば駅に到着し、客が降り始めたとき。
茨城のバスは、中乗り、前降り。 大半の客は定期券か、回数券を使っているので、運転手の脇を通って、どんどんと前のドアから降りて行く。
と、急に車内の列の動きが止まる。 前の方に目をやると、両替をしている客がいる模様。
両替機は、運転手の脇にあるので、両替しようとすると通路が狭くなるのだ。
ただ、ちょっと気を利かせて体を脇に寄せれば両替していても、ひと一人通れるくらいのスペースは確保できるので、後の客は降車できる。
しかし、その50代半ばと思われる男性。 そこまで気が回らなかった模様で、完全に通路を塞いでいる。 そのため、残りの乗客は降車できない状態に。

そうこうしているうちに、両替されたコインを数え、料金を運賃箱に入れる段になって、今度は(急いでいたせいか)コインを数個落としてしまった。
『ちゃり~ん』『カラカラカラ』
当然ながら、床に落ちたコインを拾い始めたが、その間も完全に通路をブロック。
ようやく料金箱にお金が入れられたのが、通路を閉ざしてからかれこれ30~40秒経ってからか。
後ろで待っている人間にとって、その時間の長かったこと。 まあ、一般的な神経の持ち主なら『イライラ』して然るべき時間。
なにせ、朝の急いでいる時間帯ですからね。

続きを読む "そ、そんなに怒らなくても...."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

アマチュア局の数

Band_width_7 本日届いたJARLメールマガジンによると、平成18年度末(平成19年3月末)時点でのアマチュア局数は下記の通り。

  関東  138,625
  東海   75,087
  近畿   64,451
  中国   38,331
  四国   23,777
  九州   48,982
  沖縄   2,612
  東北   51,990
  北海道  45,852
  北陸   14,946
  信越   23,635

→無線局の総数は102.803,380局で、うちアマチュア局数は528,288局。

これ見ていて、最初に思ったのが、
1. 3エリアよりも2エリアの局数の方が多くなっている
2. 8エリアの局数が、相対的に多い。→6エリアと大差ないし、7エリアよりも多い!
ということです。

続きを読む "アマチュア局の数"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

運を使い果たしたか....

Waseda どうもこのところ良いことがないんです。

突発性難聴からはじまって、
親しかった友人の死。
隣家の屋外給湯器からのノイズ
カラスによる爆弾投下
買ったばかりのリニアアンプの不具合
金欠
などなど。

....最後の”金欠”は兎も角、悪いときにはどうしてこうも悪い事ばかりが重なるんでしょうかねえ。

隣の空き地に家が建って以来、悪いことばかりが起きているような....。
風水的には、家が建ったことで『気』の流れが変わった、ということになるんでしょうが。
....考え過ぎかな? (隣家にしてみると、『言いがかり』ですね。これ)

経験則として、人には運気の"山"、"谷"というものがあるように感じています。
まあ、こういう運気が低下しているときは、新しいことをせずに、じっと大人しくしているのが一番なのだろうと思いはじめています。 そうすれば、お金も使わないでしょうし。

『ハンカチ王子』に、運を少し分けて貰いたいなあ.... 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

給湯器からのノイズ(その4) :落胆編

Rn_1 昨日はかねてから待っていたノイズ対策の日。 この日のため、午後は会社を半休し自宅で待機することに。
そして、約束の時間。 営業担当と、工事担当がやって来ました。
工事担当者の手には、プチプチに覆われた対策品とおぼしきものがあります。
『きっと、中には交換用のPCBが入っているんだ』と内心思う。

さっそく、隣家に行き屋外給湯器のカバーを外し、工事が開始される。
間もなくプチプチの中から板のようなモノが取り出される。 
え!?と、一瞬目を疑う。
『加工した金属板だ...』

まさかと思いつつ、『その板を取り付けるんですか?』と、小生。
工事担当者『ええ。 これで電子回路の上を覆ってシールドします』
小生『....』

工事担当者の鞄、プチプチの中身を見ても、それ以外のものは入っていない。
おいおい、1ヶ月以上待たせておいて、持ってきたのは金属板1枚かよ!、と内心つぶやく。 予想と全然違う。 そんなもので、あのとんでもないノイズが収まるわけがない。

数分後、シールド板の取り付けが終わる。
『では、ラジオで確認していただけますか』と、工事担当者。 営業担当共に自信満々で、口元が緩んでいるのがわかる。

既にシラケきっていた小生。 感情を外に出さず穏やかな口調で『はい』と、ラジオをつける。
結果....

続きを読む "給湯器からのノイズ(その4) :落胆編"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

同軸切り替え器+コモンモード対策

Cmf1k1 現在使用しているコモンモードフィルタも、実はサガミエンジニアリング製でして、CMF-1Kというタイプの物です。
これの性能は、業界内随一と思っていますが、ただ、ちょっと困っている点もあります。 それはそのサイズです。 本体の長さが50cmもあるので置き場所に困るんですね。
尤もこれは、『効果』とのトレードオフなので仕方ないとは思っていますが、同社の同軸切り替え器と直列に接続する場合を考えると、さらに長手方向にスペースをとるため、何らかの対策が必要です。
そこで、頭をひねり、3次元的に加工したのが、次の写真です。

続きを読む "同軸切り替え器+コモンモード対策"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

ひ、ひねらなくても...

Suica_1 人の仕草というとのは時には面白いもの。 日頃、JRの改札を抜ける時に、たまに出くわすんです。
そう、SUICAをひねる人に。

SUICAって、本来はセンサーの所にかざすか、ポンと添えるだけで十分に認識するんですが、どうも不安に思っている人が結構いるようです。
べじゃっと押しつけ、更には、ひねりまで加える人が結構いるんですね。これが。 
そういう人が、目の前にいると、『ぐにゅっ』とひねる分だけ時間が余計に掛かり、小生との間隔が微妙に縮まるため、一瞬ドキッとします。
心の中では、『オイオイ。そこまでしないでも...』と思いますが、まあ、本人にしてみると、確実に読み込ませたい気持ちの表れなんでしょうから、仕方ないのかと。

あ、そうだ。 中には、定期入れごとSUICAを『バン!』と叩きつけている人もいますね。 ...きっと面白くないことがあったのかと。

些細なことではありますが、日頃の人物ウオッチングでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同軸切り替え器(サガミエンジニアリング)

Ant_sw2サガミエンジニアリングの同軸切り替え器を買いました。
型式は切り替え器本体がCXS-4(改造品)で、コントローラがCTR-4です。(製品のHPはここ

さて、この同軸切り替え器。 元々はアンテナ直下での使用を前提に設計されたものですが、小生の場合は、室内で切り替えたかったので、同社の松嶋さんにお願いして、特別仕様にて製作して頂きました。 現在製品として売られているオリジナル品(CXS-4)との主な違いは、次の通りです。

①切り替え器を覆うステンレスのカバーが取り除かれ、
②現在選択されているコネクタを示すLEDの追加(4箇所)
③コントロールケーブルの取り付け位置の変更
④テーブルの上に置きやすいように(台座)ステーを追加

う~ん。 はっきり言って殆どオーダーメードのような感じになってしまいました。 屋内での使用を考慮し、こんな改造に応じて下さった松嶋さんに感謝感謝です。

続きを読む "同軸切り替え器(サガミエンジニアリング)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

カラスは山に....

Crow_2 ♪カラス なぜ啼くの カラスは山に 可愛い七つの子があるからよ~♪
言わずと知れた童謡『七つの子』の歌詞です。

カラス対策をしていたとき、ふと頭に浮かんだのがこのフレーズなんですが、畏れ多くもこの文部省唱歌に、生まれて初めて疑念を抱いてしまいました。

『はて? この「七つの子」とは七羽の幼鳥のことなのか、或いは七才になる幼鳥のことなんだろうか?』と。

そもそも、カラスは7つも卵を産むんだろうか?
カラス(成鳥)の大きさからして、せいぜい生んでも3~4個程度ではないのだろうか。 そもそも7個も産んだら、巣に入りきらないような気もするんだけど....。

では、七才説はどうだろうか。
野生の動物、とりわけ鳥が七年経っても成鳥になっていないとすると、これは大変な話しだ。 つまり、その間、親鳥は七年間も雛の面倒を見なければならなくなる訳で...。
う~ん。 これは幾ら何でも無理があるというか、現実の話しではなさそう。

まあ、童謡は童謡であって、科学ではないのだから、真顔でツッコミを入れてもしょうがないかあ....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

からすみ

Karasumi 先週、宮崎に行った際、帰りがけ空港で『からすみ』を買ってきました。
からすみは、日本三大珍味の一つ。 ボラの卵巣を塩漬けにし、圧搾・乾燥した食品ですが、これ、酒飲みには最高のアテなんです。
特に大根との相性が抜群で、薄くスライスしたからすみと大根を舌の上で砕き、溶かしたところで日本酒で流し込む....。
くふ~っ、耐えられない!!

ただ、高価なのが玉にキズ。 珍味だから高いのか、高いから珍味なのか分かりませんが、ひと腹で¥5,000以上しますからね。
今回は、初の九州と言うこともあり、奮発して買ってきた次第。 

続きを読む "からすみ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

敵は上空!討ちてし止まむ!!

Rocket_1 このところ『空襲』が激しく、困っています。
『空襲』といっても当然、実際の空襲ではなく要するに、『鳥の糞』です。

最近、季候も良くなり、繁殖期を迎えているせいかカラスの数が増え、アンテナを止まり木にされています。
今、タワートップにCD78を上げているんですが、そこに我がもの顔で止まり、『爆弾』を落として行くんです。
その爆弾も、餌にしている木の実の色が付いており、黒とか、紫など濃い色なので庭先が非常に汚くなっています。
困ったのは、4月に越してきた隣家の庭にもその爆弾が落ちるため、近所付き合い上も、拙い状態になりつつあります。

実は数年前に、フクロウの模型をマストトップに上げたんですが、効果も一時的でフクロウは今や『カラスのお友達』。 全然、効きません。 カラスをナメてはいけませんねHi。

何れにしても早急に何とかしないと、自宅を含め、隣家にも被害が増す一方です。 そこで、とった策が『ロケット花火』。
市内のホームセンターに行き買ってきました。 何種類かありましたが、何れも地上30mくらいまで上昇タイプです。 タワートップ(CD78)の地上高が26mですから、丁度良い高さです。 ただ、ロケット花火でも、上空で『バン!』となるタイプでないと効果が少ないようなので、説明文を読み、鳴るタイプのものを買ってきました。

続きを読む "敵は上空!討ちてし止まむ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

屋外給湯器からのノイズ(その3) :対策の『Xデー』決まる

Inv_noise_1 某H社系列の販売店の担当者を呼んでの実況見分からかれこれ2週間少々。
幾ら何でもそろそろ連絡があってもいいなと思い始めていた昨日、ようやく電話がありました。

曰く、『対策の準備が出来たので、6/13 or 14 に訪問したい』と。
何でも、基板側での対策を行い、効果が確認できたので、基板の交換作業にやってくると。
おお! こちらからの要望をしっかり汲んだ対応だ。

続きを読む "屋外給湯器からのノイズ(その3) :対策の『Xデー』決まる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

スシと言えば....

Shshi_3 ....いいえ。 今回はYou Tubeネタではありません。

昨日、たまたまTVを見ていたときのこと。
小学生の男子が、好きな食べ物を訊かれて、間髪入れずに『スシ!』と答えていたシーン。
その後の展開で、それがご飯の上にネタが乗ったもの、つまり『にぎり鮨』を意味していることが分かりました。

....そうか。 今の時代、スシといえば『にぎり鮨』なんだと、改めて感じ入った次第。
小生が子供の頃、スシといえば大体、
■巻き寿司か、
■いなり寿司か、
■ちらし寿司
くらいしか思い浮かびませんでしたからね。
それが、今は『スシ』=『にぎり鮨』の時代になっているわけです。

続きを読む "スシと言えば...."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

大魔王、九州初上陸!

Miyazaki_1 今週末は社員旅行で宮崎のシーガイアに行ってきました。 先週末は北海道にいたので、1週間で日本を縦断したことになります。

実は、九州は今回が初めてでした。
仕事の関係などで海外は結構回っているんですが(20カ国くらい)、日本は白地図状態のところが沢山あります。
それらをざっと挙げると、
全6エリア(今回の宮崎県が初九州)
全5エリア
全9エリア
その他、島根、新潟、秋田、山形などなど。

この歳になって、『旅行WAJA』は、半分くらいしか達成していません。
皆さんはこんなものなんでしょうかね。 それとももっと廻っているのかな??
日本人としては、死ぬまでの間に旅行WAJAは完成させたいところなのですが。
あと、できれば”WAC”は完成させたいなあ...。

さて、宮崎空港に到着すると、直ぐに東国原知事の歓迎を受けました(最初の写真)。

続きを読む "大魔王、九州初上陸!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »