« 将軍様の周波数精度 | トップページ | HiFi Audio in SSB考(其の...何番か忘れた) »

2007年8月16日 (木)

目指せ! リボンマイク修理マイスター

Bk5b_1リボンマイクは、吹きに弱く、経年変化も大きいため扱いの難しいマイクとされています。
中古市場では、今でも出物はそれなりにありますが、本来の音を維持しているのは50%にも満たないのではないかと思っています。

リボンマイクの不具合は、大方、モーター部の減磁と、リボンエレメントの伸び、破断に集約化されるようですが、前者は兎も角、後者に関しては、素人には中々手に負えません。
先ず第一に、オリジナルのリボンエレメントの入手が困難です。  リボンマイクに使用されるリボン素材は、厚さが2μm前後のものが相場なので、家庭用のアルミホイル(15~20μm)は厚すぎて使えません。 タバコの銀紙は論外です。 音は出るでしょうが、本来の音を期待するべくもありません。 実際、タバコの銀紙で修理したリボンマイクの音を聴いたことがありますが、労多くして実り無し、としか言えません。

第二は、仮にリボンが入手出来たとしても、それを適正な張力で張り直す事ができるかどうかです。 九十九折りしたリボンを適度な張力を保ちながら固定する。これが至難の業なんですね。

アメリカでは、オリジナルのリボンを使用して張り直してくれる業者があるようですが、日本では個人レベルでやってくれる人はいるものの、業者としては存在していないと思います。
因みに、Alpha mode社は、自社が扱っているAEA製品はメンテナンスしてくれるようですが、RCAなどの他社製リボンマイクは、面倒見てくれないと聞いています。

Bk5b_2 そんな中、ジャンク品のリボンマイクを入手したことを切っ掛けに小生、目下、リボンの張り替えに挑戦しています。
ジャンクとして入手したのは、RCAのBK-5B。 切れの良い中高音が特徴の名器の誉れ高いマイクです。 とはいえ、既に製造後50年は経過している上、入手したときには、既に前オーナーにより、リボンがテキトーな素材により張り替えられている状態でした。 ジャンク扱い故、3k¥で入手できたので、仮に失敗しても痛手が少ないのがせめてもの救いです。 
また、とき同じくしてヤフオクで、5μm厚のアルミホイルの出物があったので、これを使い、リボンの張り替えにチャレンジすることにしました。

...といっても、まだ報告できるだけの内容は無いのですが、現状、入手した状態では300Hz以下の帯域がサッパリ出ません。 クリスタルマイクのような音がします。
これをどこまで、改善できるかが今後の課題であります。

さて、リボンマイク修理マイスターになれるかどうか...。

|

« 将軍様の周波数精度 | トップページ | HiFi Audio in SSB考(其の...何番か忘れた) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

リボンマイクの修理は老眼だと辛い作業になりそうですね。現在の状態で300hz以下が出ないとのことですが、オリジナルのリボンなのでしょうか?
なんとなく、硬い材質(厚い材質)だと低音が出ないような・・・気がします。薄い材質なら低音が伸びるように思いますが、逆かな??
いづれにしてもマイスター目指して頑張ってください。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年8月18日 (土) 01時55分

>オリジナルのリボンなのでしょうか?

いえいえ、前オーナーが張り替えた間に合わせのアルミ箔です。勿論、一般の台所用アルミホイルよりも薄い材質ですが、いまいちです。

アルミ箔をギザギザに九十九折りする技術と、それを適正な張力を持たせて張る技術、両方が求められますから、難易度の高い修理となります。 老眼鏡を外すだけではなく、巨大ルーペを使っての作業になりそうです。 ひえ~。 マイスターへの道は険しい....。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2007年8月19日 (日) 07時55分

先程の目黒音響AX型リボン切れのマイクはRCA44BXと形はそっくりなので何とか
復活させてあげたいと願っておりますので宜しくお願い致します。

投稿: 三城みつぐ | 2015年6月 6日 (土) 14時20分

初めまして。以前alphamodeでリボンの修理をしていた者です。現在もColesやROYERなどを手がけています。トランスに興味がありまして、一度お話伺えたらと思っています。どうしたら良いでしょうか?RCA関係も修理で出来るものがあります。

投稿: 佐藤 | 2016年3月28日 (月) 17時21分

佐藤様

ご連絡ありがとうございます。

>一度お話伺えたらと思っています。どうしたら良いでしょうか?

当方のメールアドレスは以下の通りですので、先ずはメールにてご連絡ください。
hayamasa1008アットマークkhaki.plala.or.jp
(アットマークは、@に変換してください)

以上よろしくお願いします。
早坂

投稿: JA1BBP/早坂 | 2016年3月28日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/16139100

この記事へのトラックバック一覧です: 目指せ! リボンマイク修理マイスター:

« 将軍様の周波数精度 | トップページ | HiFi Audio in SSB考(其の...何番か忘れた) »