« IC-7700と初交信! | トップページ | 遂に80kg ! »

2007年12月27日 (木)

2007年末: 音づくり鋭意努力中

1f070c5482874e079da084cc8f35b94f 今年後半は、今まで永年使ってきたBehringer DEQ2496を使わない音づくりを手掛けています。
DEQ2496は、購入以来、故障は一度もなく特に不満はないんですが、以前からの憧れであったVOICEPRO(TC/ HELICON)を入手したものですから、それを使用したオーディシステムを新たに構築することにしました。
今年は物欲をかなり封印した年だったんですが、後半でまたまた大きな買い物をしてしましました。 (物欲大魔王の称号は未だ返上できないかしらん?)

何れにせよ、VOICEPROは、知る人ぞ知る『声に魔法を掛ける』装置。 色々な加工が出来るので、それをSSBにどう反映できるかを考え、ここ数ヶ月間格闘しています。

あと、味噌汁の『ダシ』に相当するソニックエキサイターSX3040も購入し最終的な音の仕上げに利用しています。
SX3040は、先日、JI1ANI福井さんのブログで紹介されましたのでもしかしたら”成田の会社”にオーダーが殺到しているかも知れません。
当方は、上記のVOICEPROの購入に合わせこの秋に購入しましたが、大変効果的な装置です。(福井さんによると、蛇の道は蛇、だそうで結局双方同じものに又、辿り着いていました)

さてさて、そうした機材を使い、新しい音づくりをしている最中なんですが、昨晩帰宅後たまたま3.5MHzに出ているところを福井さんに発見され(?)、久々に声を録音していただきました。
昨晩は近距離のコンディションが良く、都心のベランダアンテナでも十分な信号強度で届いていたようです(IC-7800で受信)。こんな感じで届いていました。(Tnx for JI1ANI)

「20071225_ja1bbp_1.mp3」をダウンロード

因みに、WaveSpectraでとったエネルギー分布はこれ。

Ja1bbp_spectrum_3

85Hz付近から3,000Hz手前までエネルギーが一様に分布しています。
本来狙っている、『二段階の大陸棚形状』にはまだなっていませんが、近い特性は出ているのであと一踏ん張りかと。
それにしても、流石にIC-7800、AF段のf特が良いですね。 60Hz~100Hzの特性は、送信側のオリジナルの特性とほぼ同じです。つまり、送信している音をそのまま再現しています。素晴らしい!

と言うわけで、今年も音と格闘しながら年が暮れようとしているのであります。

|

« IC-7700と初交信! | トップページ | 遂に80kg ! »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

良い音です。
マイクアンプは どの様な物をお使いですか?
私は MIC200なので...駄目です。

投稿: JP1LMD 中澤 | 2007年12月27日 (木) 18時17分

>マイクアンプは どの様な物をお使いですか?

当Blog読者からの質問とあっては、お答えせざるを得ませんね(笑)。
録音時に使用していたのは『Voice Master Pro』です。
どの程度の音づくりを目指すのかにも依りますし、各自の価値観にも依ると思いますが、小生の場合は、これに行き着きました。
無線で使う分には、音質面で全く不満はありません。 ただ、一度良い製品を使ってしまうと元のレベルには戻れなくなるので、どんどん高価な買い物ばかりになってしまい困っています(汗)。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2007年12月28日 (金) 12時25分

大魔王さま
今回の録音は7800のデジタルアウトをそのままPCに入れて録音しました。加工は48khz→44.1khzへの変換と-3dbでノーマライズだけです。
したがって7800のAF段ではなく9000の送信周波数特性を褒めるべきではないかと・・・。

ベランダアンテナでも59+20dbでしたので、本当にコンディションが良かったようです。
こちらのアンテナも一工夫しましたが、それは別途紹介します。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年12月28日 (金) 22時02分

ありがとうございます。
凄いです...
あのすばらしい音 私には...無理です...。

投稿: JP1LMD 中澤 | 2007年12月28日 (金) 22時55分

福井さん
>今回の録音は7800のデジタルアウトをそのままPCに入れて録音しました。
あ、そうか『デジタルハムライフ』でしたね。 
確かそちらのアンテナは南向きだったと思いますので、それであの受信状態だったということは、アンテナの改良効果も大きいのではないかと。 改良記事を楽しみにしています。
...それにしても、黒ラベルはなかなかコストパフォーマンスが高いですね。すでに入手された方が近くにいらっしゃるようで...(笑)。

中澤さん
いやいや、まだ修行中です(汗)。
さんざん音づくりをやったあげく、『スッピン』に戻るということを過去に何度もやっていますから、今後もどうなるか分かりませんよ~(笑)

投稿: JA1BBP 早坂 | 2007年12月29日 (土) 09時23分

ベランダは南向きなんですが、少し張り出せば天頂は見通しできることに気づいたわけです。(気づきが遅いかも・・・)
国内の伝搬はホトンド真上から降ってくる感覚なので3.5や7にはとても有効です。

黒ラベル、コストパフォーマンス最高ですね。ところで中開けて見ましたか?こちらはすぐにラックに入れてしまって見損ねました。
いつもの通りであれば、電源ラインをシールド線に変更したり、配線の取り回しを替えてあげるとS/Nが上がるのですけど。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年12月29日 (土) 14時06分

>ところで中開けて見ましたか?

今回は、見ていません。 どうせ今までの機材と同じように、メインの基板がフロントパネルの裏側にへばりついているだけで、きっと中がスカスカだと思ったものですから....。

S/N比(カタログ値)は、90dBなので何とか許容できるギリギリのレベルですね。今のところ、マイクプリを含め3つしか接続しておらず、聞いた感じもそんなに悪くないのでこのまま行こうと思っています。ただ、4つ以上機材を繋げるとちょっと厳しいかもしれません。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2007年12月29日 (土) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/17482090

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年末: 音づくり鋭意努力中:

« IC-7700と初交信! | トップページ | 遂に80kg ! »