« 『疲れない弦さん』を目指したが...失敗 | トップページ | 煎餅汁 »

2008年1月 6日 (日)

『疲れない弦さん』 遂に成功!!

Img14df022ezik7zj 挫折から一日。
今日は、SPDIF信号をアナログに変換する装置を探したりしていました。
ネットで調べると、それなりに製品は見つかるんですが、どれもこれも高価。
とてもじゃないですが、ニセ玄さんとしては、そこまで投資する気にはなれません。

かといって、デジタル入力のあるIC-7800や、IC-7700を買うことも敵わず。
あ~あ、世の中上手く行かないなあ....と思いながら昼食のチャーハンを食べていたら突然、天からの啓示が。

ひ、閃いたっ!!!!!!!!!!!

確か、手持ちのDEQ2496(Behringer)には、SPDIFのIn/Out端子があった筈だ。
PCにもSPDIFのオーディオ出力端子が付いている。
であれば、PCで再生した音声ファイルをデジタルのままダイレクトにDEQ2496に送れる。
そこから先は、従来通りのシステムなので、その品質は何も変わらない。
よし! これなら音質の劣化無く、無線機まで肉声に近い信号を届けられるぞ!

我ながら名案と思いつつも、何でそんなことに今まで気づかなかったんだろうという思いも交錯。
まあ、人生とはそんなものかと。 へへ。

と言うわけで、思い立ったら直ぐに行動してしまう小生、即座に接続を開始したのでありました。

DEQ2496は、今回、デジタル信号をアナログ信号に変換する装置として使うので、特性の劣化はDEQ2496の性能次第。
実際どの程度、特性がキープされるのか、恐る恐るチャートをとることに。

まず、音声ファイルをPC上で再生し、WaveSpectraでスペクトラムをとる。結果は、下図。

Taka1_org_characterinstic

次に、音声信号をPCからDEQ2496に光デジタルで送り、アナログに変換した信号を背面のAUX端子から取り出し、PCに取り込んでその特性をWaveSpectraでみる。 結果は下図。

Deq2496_out_taka1

何と、70Hzから7kHzまで特性がほぼ完全に一致します。
す、素晴らしい。 正直こんなに綺麗な特性が得られるとは思いませんでした。 DEQ2496恐るべし!!
これで、少なくともDEQ2496から出てくる信号は、TAKA改造NTKが捕らえた『ニセ弦さん』の肉声と同等のものであることが担保されました。 うふっ♡。

さて、ここで話しを整理すると、
『PCで再生→DEQ2496から取り出される信号』 = 『肉声→マイク→マイクプリから得られる信号』 ということになります。

ところで、小生の場合は現在マイクプリの後に、SX3040と、VoiceProを繋げているので、これらを接続した状態で最終的にDX9000Dのマイク端子に印加される信号も測定してみました。
因みに信号の流れは、PC→DEQ2496→SX3040→VoicePro→アッテネータとなります。 (SX3040と、Vooice Proは、バイパス(内部スルー)の設定で使用)
測定結果は下図。

Taka1_via_deq2496_and_etc_9000cyoku

70~2kHz付近までオリジナル波形に完全に一致。 3kHz付近で3dBほどゲインが落ちている領域があるものの、その後は7kHz付近まで、ほぼ相似形を維持しています。(50Hz付近の山は、電源からの誘導ハム。録音のためのコードが拾ってしまったようです)
DEQ2496以外の機器により若干、波形が劣化していますがトータルとしても十分使えるレベルです。

Img0b7e0babid64kw ふう~っ、これでようやく『ニセ弦さん』は、声を枯らすことなく何度でも音の評価を出来るようになったのであります。

マイク毎に音声を収録しておきPCに保存。 後日、必要に応じて録音ファイルをマウスクリックすれば、疲れを知らない『ニセ弦さん』が同じ音声とテンポで朗読を開始する。 

今まで、馬鹿の一つ覚えのようにシェークスピアを朗読していたことを考えると、大変な工数削減です。 

今や、ニセ弦さんの影武者はPC。 便利な時代になったものです。

正月休み最後の晩。今宵はビールがおいしい~。

|

« 『疲れない弦さん』を目指したが...失敗 | トップページ | 煎餅汁 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

ネコちゃん 最高です!

音の事を分かっていないのに DPSⅡで
S/P DIF出力で入力していますが...
「生声で聞こえると」言われました。 

投稿: JP1LMD 中澤 | 2008年1月 7日 (月) 22時57分

>「生声で聞こえると」言われました。

それはFBなレポートですね。
デジタルだから音が良い、アナログだから悪い、という事ではないにせよ、やはりデジタルは伝送経路で音の劣化がないのが魅力です。

ああ、デジタルハムライフかあ....。 ダークサイドからのフォースを感じる...(笑) 

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年1月 8日 (火) 12時59分

>ダークサイドからのフォースを感じる...
オビワンが現れます....ご注意を!


投稿: JP1LMD 中澤 | 2008年1月 8日 (火) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/17599441

この記事へのトラックバック一覧です: 『疲れない弦さん』 遂に成功!!:

« 『疲れない弦さん』を目指したが...失敗 | トップページ | 煎餅汁 »