« その後の電池男 ~オキシライドの実力~ | トップページ | 瞳孔開きっぱなし »

2008年4月 6日 (日)

ヘッドフォンブック2008 (株式会社音楽出版社)

519ngafz0ll__ss500_ 先週、これを買いました(¥1,500)。

現在入手可能なヘッドフォン132モデルを紹介すると共に、メーカーが嫌がる(?)評価レポートが載っているので、今後の参考の為、一冊手元に置いておきたく買った次第。
因みに評価項目は下記の5つ。
1.装着感
2.高音域の伸び
3.中音域の充実感
4.低音域の豊かさ
5.サウンドの広がり

2~5は、音そのものに対する評価なので音響装置全てに共通する項目と言えますが、ヘッドフォンに関しては1も重要なファクターです。
装着感が悪かったり、重量のあるヘッドフォンは、付ける気になりません。
個人的には、上記以外に『耐久性』も評価項目に入れて欲しかったところです。 アンプやスピーカーのように置きっぱなしの機器と違い、ヘッドフォンは毎回、機械的なストレスを受けますからね。 使い始めて直ぐアームのところが壊れたり、イヤーパッドがへたる機種も中にはありますからね。

もっとも、耐久性は新品の段階では評価が難しい項目なので、こういうのは、クチコミ情報としてネットで流通することになるのかな。
小生も電気製品を購入するときには、価格ドットコムなどの情報を参考にしますからね(←情報操作を目的にした書き込みもあるので注意が必要ですが)。

ちなみに、小生が現在使っているヘッドフォンは下記のものです。

■MDR-XD400 (SONY) :無線機用
 装着感抜群。音も長時間聞いていて疲れない。音のバランスも良く、無線には最適なヘッドフォンだと個人的に思っている。

■MDR-SA5000(SONY):オーディオ用
 秋葉原のヨドバシカメラに置いてある試聴用のヘッドフォンを聞いて一番いい音がしたので購入。何せ清生周波数上限が110kHzという(超オーバースペックのような)ヘッドフォンですが、
さすが高いだけある鳴り方をします。 ヘッドフォンプラグに入ってきた信号は残さず再生するという感じの一品です。 あ、因みに無線の受信には向きませんので為念。 両者アンマッチのような鳴り方がします。 

Xd400_3 無線運用時、9割方ヘッドフォンを装着する小生にとってスピーカー以上にヘッドフォンは重要な機材ですが、結果的にMDR-XD400は5年以上の長い付き合いになっています。
お陰でイヤーパッドは、ヘロヘロ状態になってしまいましたが、それでも愛着があります。 物欲大魔王にしては、珍しく付き合いの長いフレンドとなっています。

|

« その後の電池男 ~オキシライドの実力~ | トップページ | 瞳孔開きっぱなし »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/40784797

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドフォンブック2008 (株式会社音楽出版社):

« その後の電池男 ~オキシライドの実力~ | トップページ | 瞳孔開きっぱなし »