« 『再び始めるBCL』をゲット | トップページ | ヘッドフォンブック2008 (株式会社音楽出版社) »

2008年4月 5日 (土)

その後の電池男 ~オキシライドの実力~

Tech_2_4 オキシライドを色々な電池(電源)と比較してみました。
あくまでも音がどう変わるかという視点からの評価です。

<比較対象>
秋月のACアダプタ(小型DC15V)
ダイソー マンガン電池 単一x 10個 (15.1V)
ダイソー 006P(9V)
ナショナル マンガンNEO 単一 x 10個 (16.7V)

<結論>
1.他の電池(電源)に比べ音の力強さが増す。 
  初期電圧が高いせいかどうか不明(10個直列で約17V)。 電圧が15V程度に低下した頃に再度評価してみる予定。
  何れにしても聴感上パンチ力が増して聞こえます。
2.高域が際立つ。  音の輪郭がハッキリする。 
  音の立ち上がりが早くなっている感じ。 イコライザで3kHz付近をブーストしたような聞こえ方。 内部抵抗が小さい為、レスポンスが良くなっているのかな?

以上は、SSB(3kHzの送信帯域)で評価した結果です。 実際に交信した8エリアのフレンド局からのレポートも同様なので、気のせいではありません。
明確に音が変わっています。

特に上記2で挙げた『音の輪郭がハッキリする』という特徴は、明瞭度が上がることに繋がるので大変FBです。
何故音が変わるのかその理由は分かりませんが、結果として好ましい音になってくれたので満足しています(何せトータル52本も買ったんですから)。  

あ、先日当Blogでオキシライド乾電池を取り上げた後で分かりましたが、オキシライドは市場から無くなる運命にあるようです。
4/26に発売される予定の新型乾電池EVOLTAに順次置き換えられてしまうとのことです。
そういう背景から在庫処分の為、オキシライドの値引率が今後大きくなってくるのではないかと予想しています。
(オキシライドも鳴り物入りで登場したのに、たった4年で退場かあ....)

EVOLTAが発売開始になったら、また音の評価をするんだろうなあ~。 

|

« 『再び始めるBCL』をゲット | トップページ | ヘッドフォンブック2008 (株式会社音楽出版社) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
先程3.5メガで電池を変えて送信テストをされているところをワッチしていましたが、オキシライド効果は凄いですね。
正直言って驚きました。電池で音が変わるのはコンデンサーマイクのファンタムで経験済みですが、ここまで変わるとは・・・。
音の録音・再生にはオキシライドだったんですね。生産中止とは残念ですが、次に期待・・・かな?

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年4月 5日 (土) 21時04分

『乾電池により音が変わるか!?』の公開実験放送を聴取頂き有り難う御座いました(笑)。

昨晩は、①ダイソーの中国製マンガン電池(単一)、②ナショナルのマンガン電池NEO(単一)、③ダイソーのマンガン006P、④オキシライド(単三)を使って実験しましたが、SSBの帯域でも十分その違いが分かったようです。 (送信する側は違いが分かっても、相手は分からないということが日頃結構ありますが、昨晩は違いが交信相手にも全て分かりました)

それにしてもオキシライドの音を一度聴いてしまうと、もう元には戻れなくなってしまいました。
EVOLTAが発売されたら直ぐに評価するつもりですが、音が期待はずれだったらオキシライドを買いだめしようかと思っています。 (5年間は品質保証する電池のようなので当面は大丈夫)

電池男より

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年4月 6日 (日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/40777224

この記事へのトラックバック一覧です: その後の電池男 ~オキシライドの実力~:

« 『再び始めるBCL』をゲット | トップページ | ヘッドフォンブック2008 (株式会社音楽出版社) »