« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月に作成された記事

2008年5月30日 (金)

LCフィルタの設計&製作(CQ出版社)

Lc_filter先日の『高周波 低周波 フィルタの製作と活用』に引き続き、『LCフィルタの設計&製作』を購入しました。
この書籍は、2001年に刊行されたようですが、正直、知りませんでした。
今回、低周波フィルタの情報をネット検索している最中に見つけました。

副題が
”コイルとコンデンサで作るLPF/HPF/HPF/BRFの実際”
とあります。
さっそく中身を見てみると非常に実用的で即使える、という内容が満載されています。 フィルタ製作に興味がある方にはお勧めです。
値段は、定価¥2,835と高いのですが、値段に見合う内容だと思います。

因みに小生は、アマゾンのマーケットプレイスを使い1,000円台後半で購入できました。

あ、ご参考までに目次をご紹介しておきます。 内容が想像できるかと思います。

続きを読む "LCフィルタの設計&製作(CQ出版社)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

や、やってしまった...

Oh 今朝、Hamlogを開くと何故か昨年夏の交信データが一番下に表示されます。
『ん?』
と思い再度立ち上げてみたものの結果は同じ。 はて?一番新しい更新履歴が”昨年の夏”とはこれ如何に?

『おかしいなあ... 立ち上げ時のパスが変になったのかな?』
と思いパスを確認する。

そうこうしているうちに、『ハッ』と気づいたのです。
二日前、ログデータのバックアップをしたとき、誤って最新のファイルに古いデータを上書きしてしまったことに。
『し、しまった上書きするドライブを間違えた!!』 
何て間抜けなことをしてしまったんだ。

続きを読む "や、やってしまった..."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

標高22cm!

22cm完成したQSLカードのレポート面をパソコンを使い一気に打ち出しました。
Turbo Hamlogを使用しているので、約800枚が1時間半で終了しました。
手書きだと一日仕事だと思います。 積み重ねてみたら標高22cmありました。

あとは、一枚一枚サインすれば完成です。

PCを使ってカードを打ち出すようになると、結果的にサインが一番手間の掛かる作業になりますが、こればかりは省略できませんからね。
コールサインを見ながら、気持ちを込めてサインをしようかと。
でも、1枚目のサインと、800枚目のサインはきっと形が違っているんだろうなあ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

若いと熱くなるんだな。しっかりして欲しいよ。

20080526k0000m050146000p_size5 ....千秋楽取り組み後の朝青龍の言葉である。
正に噴飯物。 ふざけるなと言いたい。
まるでヤクザが刃物で相手を切りつけておきながら、『おいおい、そんなに熱くなるなよ』といっているのと同じである。

相撲を見続けて四十数年。 土俵上で信じられない醜態を目にした。
あれは、間違いなく駄目押しである。 あいつは、時々やる。 稀勢の里も以前、勝負が決まった後でキックされた。
駄目押しに怒った白鵬が一方的に責められるのは、お門違い。 朝青龍を守る北の湖理事長の意図は何処に?

続きを読む "若いと熱くなるんだな。しっかりして欲しいよ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

KH2/JA1BBP QSLカード完成

Kh2_ja1bbp

オノウエ印刷に頼んでいたQSLカードが、ようやく出来てきました。 オーダーしてから2週間掛かりました。

写真は、滞在していたホテル近くの海岸から撮影したものです。グアムと言われなければどこか分からない風景ですが、取りあえず南国に見えるかと....

ところで、QSLカードの注文は、500枚か、1000枚単位なんですね。
今回、KH2での運用局数は確定しているので、800枚もあれば十分なんですが、800枚で注文させてくれないんです。 500枚では足りないので、仕方なく1000枚注文しました。 でも、1000枚では、200枚以上が無駄になってしまいます。 エコが叫ばれている中、実に不経済なオーダーシステムです。 (他社も多分同じなんでしょうけど)

QSLカードをメーカーに印刷して貰ったのは、33年振りかな?
JARLへの発送は来月上旬を計画していますので、QSO頂いた方、今暫くお待ち下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

スピーカー切り替え器の製作

Sp_sw_0 スピーカー切り替え器を作りました。
中央にあるスイッチにより、2系統のスピーカーを瞬時に切り替えられます。

言うまでもなく人の聴覚は、曖昧で主観的なものですから、絶対値評価は基本的には出来ません。
でも、聞き比べて、その特徴や優劣を感じ取ることは誰にでも簡単にできます。

それまで、快適に使っていたスピーカーを、別のものに変えた途端、その音の素晴らしさに驚くと共に、『今までの自分の耳は一体何だったんだ』等と自己嫌悪に陥ったことは数知れず。 本当にオーディオに関しては、聞き比べをしてみないと何とも評価しがたいものが多くあります。

そんなわけで、簡易的なスピーカー切り替え器を作り、ワンタッチで聞き比べが出来るようにしました。
オーディオショップに置いてあるような何系統も切り替えられるものとは違いますが、リファレンス・スピーカーを基準にして、それとの相対比較という使い方になります。

続きを読む "スピーカー切り替え器の製作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

悪いのはこいつだ! : ボリューム

Vr_1数年前に組み立てたエレキットの真空管アンプ
昨年暮れ頃からボリュームがガリってきました。 日頃は、あまり音量を変えることがないのでそのままにしておいたんですが、だんだんとガリが酷くなってきたので、意を決して修理することにしました。

アンプをばらしてみると、ALPS製のボリューム(100kΩ二連 Bタイプ)が使われていました。
一流メーカー製のくせして、こんなに早くガリるなんて。 ブツブツ。pout
さて、このボリューム。写真のように摺動部分がプラスチックケースの中に入っているので、外部から接点は全く見えません。
う~ん、困った。 これではCRC 5-56を吹きかけることが出来ない。

続きを読む "悪いのはこいつだ! : ボリューム"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

『高周波 低周波 フィルタの製作と活用』 CQ出版

Fil_bool 発売早々、買いました。
理論よりも、製作記事を中心に据えた内容なので、それなりに参考になる書籍かと思います。
個人的には、受動素子だけを用いたフィルタ、つまりパッシブフィルタの製作記事を期待していたので、即買い求めることにしました。

FT DX9000は、受信DSP処理の際、高域側に『お釣り』がでるため、キンキンした耳障りなノイズが乗る、という欠点があります。
(メーカーに言わせると、DSPの演算処理を忠実に実行すると発生してしまう『高次ノイズ』なのだとか)
理論は、そうであっても耳障りなことに変わりはありません。 WDXCにその点を指摘しても、現状の説明に終始するだけで一向に改善する気配がないので、それならばと、自作LPFによりノイズをカットする算段をしていたのでありました。

続きを読む "『高周波 低周波 フィルタの製作と活用』 CQ出版"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

日本で一番遅い桜祭り

08_ph_01_akk週末は、法事の為、北海道に帰っていました。

ついでに今年最後の花見もしてきました。 桜は三~五分咲き程度だったので今週末には見頃を迎えそうです。
道東地方は、知る人ぞ知る日本で一番遅く桜が咲く地域でして、毎年5月中旬から下旬が見頃です。
今回は丁度そのタイミングで帰省してきました。

このあたりの桜は、エゾヤマザクラという品種がメインでして、ソメイヨシノは殆ど見ません。 ...というかそもそも見た記憶がありません。
色はピンク。 ソメイヨシノに比べると大分濃い色をしています。
この色に子供の頃から馴らされていた小生にとって、始めて本州に渡りソメイヨシノを見たときには、その色の薄さに物足りなさを感じた次第です。『随分と白い桜だなあ....』 
まあ、慣れの問題なんでしょうけど。 

続きを読む "日本で一番遅い桜祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

そんなことが許されるの? グリーンピース

Photo154330マスコミでは、調査捕鯨船の乗組員が鯨肉の一部を自宅に送っていたとして騒ぎになってます。 告発したのは、あのグリーンピース。
事実関係は、これから明らかになって行くんでしょうが、驚いたのはその告発の仕方。

何と、差出人でも受取人でもない赤の他人であるグリーンピースのメンバーが、配送所に出向き、偽りの名前を語り勝手に荷物を受け取って開封したらしい。

!!こんなとこって許されるの?公の捜査機関でもない単なる任意団体の人間が何の権限があってそんなことが出来るの??
これは恐ろしいことですよ! これこそ犯罪ですよ、犯罪!

で、当のグリンピース側。 その点を問われると悪びれた様子もなく『不正を暴く為には必要な措置だった』とか。
....よく言うよ。

正に奇形左翼のセリフであります。
自然保護=絶対善 のような風潮の中、グリンピースの胡散臭さ、非常識さをマスコミは、暴いてくれないものかしらん。angry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

物欲のままに...

Scm53 DENON SC-M53は、以前このBlogでも取り上げましたが、大変コストパフォーマンスに優れたスピーカーです。
コンパクトな割には結構低域も出るし、音のバランスも良い。 以前、JI1ANI福井さんも自身のBlogで紹介されていました。

このサイズでは業界トップクラスの性能を持ったスピーカーではないかと確信しています。

続きを読む "物欲のままに..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

プリッツ

Pretz_1 写真のパッケージに見覚えのある方は、ズバリ、 年配者!

昭和38年に発売されたときのものです。
近所の駄菓子屋でデッドストックになっていたものを先日入手しました。
従って、既に賞味期限切れです。

...というのはウソで、今、売られている復刻版のプリッツです。
GWに富士五湖に行った際、中央高速のサービスエリアで売られていました。
中身は、当然今のものが入っており、パッケージだけが昔のデザインになっています。

続きを読む "プリッツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

女体の神秘

Img1316 成り行き上(?)、YouTubeネタでもう一つ。

15秒で終わるビデオです。

一体何枚撮影したのやら....。

撮影者も凄いし、やはり女性は偉大であります(あ、左の写真とは関係ありません)。

見れば分かる。 これ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

SOP8ピンの外し方

Ws000001 諸兄ご存じの通りYouTubeには、色々な投稿ビデオがあるので、自宅ではしょっちゅう視聴しています。
先日、調べ物をしているときに、SOP8ピンの外し方を実演しているビデオを発見しました。

世の中の技術革新と同じように、我が身の老眼も進行していおり、日頃、面付け部品の取り扱いには苦労しています。
そんな中、SOPの外し方を軽快に実演してくれるビデオに出会い、大変参考になりました。ここです。 ...おお、その手があったか。coldsweats02

因みに、『SOPの付け方』については、結構ノウハウが広まっているのでご承知の諸兄も多いと思いますが、同様に投稿されているので参考までにご紹介しておきます。ここ

あ、上記URLに行くと分かると思いますが、画面右側には関連動画も沢山ありますので、それらも結構参考になりますよ。

...それにしても、こういう有益な情報を投稿してくれる方々には感謝感謝です。happy01
Thank you very much !

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

プリント基板の製作(追記編)

Dms01_upper 左は今回製作したプリント基板(DMS-01)を上から見た写真です。
意外と部品点数が少ないことに驚かれるかも知れません。

■部品について
LTC1799は、秋月で買った発振器のキット(¥600)です。 DIP8pinサイズに主要な機能が載っているので大変コンパクトに実装できます。
LPFのカットオフ点を決める為の発振周波数は、写真右端にある外付け抵抗を切り替えて作ります。 固定抵抗器だけでは微調整が難しいので、多回転ボリュームを直列に挿入しています。

続きを読む "プリント基板の製作(追記編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

プリント基板完成!

Dms01_pcb_2 苦節、1週間。 遂に完成しました。
前にも書いたとおり、おシャカにしたPCBは、のべ4枚。 
無駄にした現像液、エッチング液を含めると5,000円以上の浪費となったものの何とか、完成にこぎ着けました。

続きを読む "プリント基板完成!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

プリント基板の製作(リベンジ編)

0150900000012 感光基板への露光に失敗して、機先を削がれたGW。
その後、『将来への投資』だと自分に言い聞かせ、サンハヤトの紫外線ランプ『ちびライト』を買ってしまいました。
これを使えば、10分以内で安定した露光ができます。

早速、マニュアルを参考に現像してみました。
感光させた基板を現像液の中に浸けると、紫外線が当たった部分の感光剤(緑色)がみるみる溶け出す。
『おおっ!凄い。 銅箔が露出してきた!』

続きを読む "プリント基板の製作(リベンジ編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

受信用AFハイカットフィルタ完成

Affe11_0 3月に製作したDMS(大魔王スペシャル)は、送信用のハイカットフィルタですが、今回、受信音用のハイカットフィルタ(AFF-E11 Ver.3d)を製作しました。
CQ誌に製作記事を多数投稿されているJA3DEW 清水OMからPCBを分けて頂き、それをベースに製作しました。

このハイカットフィルタは、無線機のAF出力を8次エリプティックLPF(MAX7403CSA)を使いフィルタリングするものです。
仕様詳細や、回路については氏のHPの記事を御参照下さい。

基板は3月に入手していましたが、GWに製作しようと思いその間、部品集めをしていました。 MAX7403CSAは、川崎のサトー電気で入手。 それ以外の部品は全て秋葉原で手に入りました。 回路図中、5カ所にカップリングコンデンサが使用されていますが、そこだけ『こだわりのコンデンサ』を使いましたが、他は一般的な部品で仕上げました。
何せ、プリント基板ですからね。 部品を間違えないよう実装すれば一発で動きます(動きました)。

続きを読む "受信用AFハイカットフィルタ完成"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

プリント基板製作失敗....

Failed_pcb...見事に失敗しました。
パターンを焼き付けた基板3枚、全滅です。

原因は、(今にして思えば)感光基板への露光時間不足。
パターンではない部分への露光が少なく、現像の際、感光皮膜が溶け出さなかった為、結果として銅箔が十分露出せず。
その状態でエッチングしてしまった為、銅箔層は残ったまま。

嗚呼、あわれ大失敗の巻き。 weep

続きを読む "プリント基板製作失敗...."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

もんじろうで遊ぶ

Sakamotoryouma 最近、若者の一部で武士語がブームになっています。
ん? 何で今更? と思う反面、それを支援しているツール(ホームページ)があることを知りました。 もんじろう です。 ここでは、通常の言葉を武士語に自動変換してくれたり、各地の方言にも変換してくれるのでお遊びには良いですよ。

試しに下記の文章を武士語に自動変換した結果をご紹介します。 

【オリジナル文章】
無線とは関係ないことでの雑感を少々。 今回、グアムには約10年振りに行きました。 率直な感想は、『前よりも更に日本化が進んでいる』でありました。

もともと日本人観光客を目当てにして開発されたリゾート地ですからその傾向はあったんですが、更に日本人に都合の良い場所になっていました。普通のツアーで行けば、日本語で全てが事足りるでしょう。 
街中は日本語の看板が乱立しています。 怪し系や、飲食系の看板が随分と増えました。 ハワイでも流石にこのような状態にはなっていません。 こんな感じです(写真参照)。

【武士語】
無線とは仲柄ないでごわんすでの雑感を少々。こたび、ぐあむには約壱拾年振りにはせ参じ候。 率直な感想は、『前よりも更にひのもと化が進んでおる』であり申した。

元来倭人物見遊山客を眼当てにして開化されたでござるりぞーと地でござるからその傾向はあったのでござるが、更に倭人に都合の良ゐ場所になっていたであろう。日常茶飯の遊覧で行けば、ひのもと語で全てが事足りるでござろう。 
街中はひのもと語の看板が乱立して候。 怪し系や、飲食系の看板が随分と増ゑ候。 布哇とはいえ流石にかような状態にはなってゐませぬ。 かのような感じでござる(ポトガラヒー参照)。

続きを読む "もんじろうで遊ぶ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

3.5/3.8MHz帯バンド拡張への対応

Cd78_1 諸兄ご存じの通り、先週、3.5/3.8MHz帯が拡張されました。
フルサイズのアンテナを持っている局であれば、『とりあえず電波でも出してみるか』という事もできるんでしょうが、小生の場合はCD78を使っているので、SWRが高すぎて拡張された周波数帯に出ることが出来ません。 このままだと、短縮型のアンテナを使っている局は、従来の3.5MHz帯に押しやられることになるのか....。 アンテナによる棲み分けの時代が到来か(?)。

それにしても、拡張された帯域はコマーシャル局の影響もないし、QRMも少ないので大変魅力的。 
大がかりな改造をしないで、せめて従来の3.5MHz帯のすぐ上、3599~3512kHzに出られるようにならないものか....と先週来考えていました。

CD78では、ロータリースイッチを使い(3.5MHz帯の場合)、3.50, 3.53, 3.56MHzに同調点を切り替えられます。 小生の場合、ここ数年はCW運用をしていないので、3.53より下の周波数は不要です。 そこで同調周波数を全体的に30~40kHz上にシフト出来れば3599~3612kHzにも何とか出られるのではないか。

具体的には、CD78の給電部にあるマッチングボックス内の延長コイルのインダクタンスを下げてやれば実現出来そう。 
考えられる方法は2つ。 コイルの巻き数を減らすか、コイルを延ばすか。 前者は、『外科手術』が必要なので、今回はパス。 結果的に手っ取り早く評価が出来る後者を選択しました。

続きを読む "3.5/3.8MHz帯バンド拡張への対応"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

サンハヤト PK-6

Pk6_1 『GWやることリスト』最上位に位置しているのが、プリント基板の製作。
既にパターン設計は済んでいるので、後は感光基板に焼き付け、エッチングして、孔開けして。
....果たして上手く行くのやら。

プリント基板の製作には、サンハヤトのキットPK-6を買ってあります。
予想よりもコンパクトなパッケージですが、これで一通りのことは出来るようです。
エッチング液は勿論のこと、廃液処理の為の薬剤や袋まで入っています。
基板は、紙フェノール製(100 x 150)のものが一枚入っています。
(実際の製作には、ガラエポを使いたいので、別途ガラエポ基板を購入済みです)

続きを読む "サンハヤト PK-6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

1リッター 150円かあ....

2008043022424381l以下、諸兄からの批判を覚悟の上で雑感を綴ります。

ガソリンの暫定税率が復活し、再びガソリン価格が上がることになりました。
TVでは、値上げされる前に給油しようとしてガソリンスタンドに並ぶ車の列を『格好のネタ』として映していました。
そして、ガソリン価格が上がることに不満を漏らす”庶民"の声を中心に報道。

あまのじゃくな小生、その紋切り型の報道と、ガソリンスタンドに延々と並ぶ人々の行動に『おや?』と思うのです。

まず、報道の仕方。
まるで『我々は庶民の味方です』のような報道ばかり。 良い子ぶりっ子、偽善者ぶった番組内容に嫌気がさします。
勿論、税金の使われ方や、役人による不正には、正義を振りかざしどんどんツッコミを入れて報道して欲しいと思います。税金が無駄に使われることは許せませんからね。当然です。

ただ、そもそも国家というものが、国民から集めた税金により運営されているという大前提に立てば、税金が上がる=政府が悪い という一方的な話にはならないはず。

続きを読む "1リッター 150円かあ.... "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »