« 悪いのはこいつだ! : ボリューム | トップページ | KH2/JA1BBP QSLカード完成 »

2008年5月25日 (日)

スピーカー切り替え器の製作

Sp_sw_0 スピーカー切り替え器を作りました。
中央にあるスイッチにより、2系統のスピーカーを瞬時に切り替えられます。

言うまでもなく人の聴覚は、曖昧で主観的なものですから、絶対値評価は基本的には出来ません。
でも、聞き比べて、その特徴や優劣を感じ取ることは誰にでも簡単にできます。

それまで、快適に使っていたスピーカーを、別のものに変えた途端、その音の素晴らしさに驚くと共に、『今までの自分の耳は一体何だったんだ』等と自己嫌悪に陥ったことは数知れず。 本当にオーディオに関しては、聞き比べをしてみないと何とも評価しがたいものが多くあります。

そんなわけで、簡易的なスピーカー切り替え器を作り、ワンタッチで聞き比べが出来るようにしました。
オーディオショップに置いてあるような何系統も切り替えられるものとは違いますが、リファレンス・スピーカーを基準にして、それとの相対比較という使い方になります。

さて、拙宅のリファレンスは、以前このBlogでも取り上げたJSP研究所のJSP-1010AL。(以前の記事はここ
ALTECの小型フルレンジスピーカーユニット CF-404-8Aを使用したユニークなスピーカーです。 10cm径のユニットでありながらカタログ上は、55Hzからの再生が可能となっています。 かれこれ1年以上使用しているので、エージングも終わり、音が前面に出てくるようになりました。 低域の再現域も伸びた感じです。 高効率スピーカーユニット(94dB)を使用しているので6畳間で聞くには十分すぎるくらいの迫力で鳴ってくれます。

あ、ところでこのスピーカーに使われているユニット、CF-404-8Aは、昨年生産が終了してしまった為、JSP-1010ALも在庫が無くなり次第、販売終了となるようです。 後継機種もあるようですので、詳しくはJSP研究所のHPを参照願います。

....ところで、数えてみたら小生の目の前にあるラックにはスピーカーが8個ありました。 (FT DX 9000Dの内蔵スピーカーも入れると9個)
Speakers

ちょっと多すぎるかしらん??

|

« 悪いのはこいつだ! : ボリューム | トップページ | KH2/JA1BBP QSLカード完成 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41311422

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカー切り替え器の製作:

« 悪いのはこいつだ! : ボリューム | トップページ | KH2/JA1BBP QSLカード完成 »