« 送信IMD by SDR-IQ | トップページ | 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 »

2008年6月30日 (月)

DMS-03 完成

Dms03 無線機とのAFインターフェイス、DMSシリーズの第三、DMS-03が完成しました。
電源は、006P内蔵とし、コンパクト化を図りました。

電源に凝るはずの大魔王が、何故いまさら006P? と言われそうですが、以下の理由により006Pとしました。
1.電池男になった折り、大量に買った006Pがまだ残っている。 →勿体ないので使い切る。
2.電源を色々変えてやったが聴感上大差なく、006Pでも結構いい音がした。

"2"については、意外でした。

DMS-03は、最後段が2SK170BL(パラレル接続)によるソースフォロワー回路(バッファー)となっているんですが、期待に反して(?)電源による差はちょっとだけ。
Opアンプを使った回路の場合、電源により音質が左右されるので、その延長で考えていたせいもあり、『え!たったこれだけ?』という感じでした。
ただ、冷静に考えてみると、使っているFETが接合型であり、取り出す電流はせいぜい数mA。 負荷が小さい分、電源による差が出にくい、ということなんだと思います。

さて、今年は、これまでDMSシリーズを3台作ってきましたが、取りあえずこれで一段落です。(下の写真、右から順にDMS-01, 02, 03)

Dms_2

そこで、3機種の特徴と、外部との接続関係を纏めておくことにしました。 下の図がそれです。

Dms_compare_blog_2

実はこの図、備忘録代わりに作りました。  ....そうしないと、作った本人が忘れてしまいますので。coldsweats01
因みに本人評価としては、Voice Master Proと組み合わせたDMS-03が気に入ってます。 エージング途上ながら迫力と切れがあり、リアリティのある音がします。lovely
(これで、まだ届いていないコンデンサが装着されれば更に...?) 

|

« 送信IMD by SDR-IQ | トップページ | 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

006P、最近電子ホタル作ったり、メモリーキーヤー作ったりして久々に使っています。
ついでにニッケル水素の006Pも買ってみました。
自己放電はあると思いますが、瞬発力のあるニッケル水素はいかがでしょうか。

投稿: JO1KVS | 2008年6月30日 (月) 21時45分

う~ん、ニッケル水素ですか。
以前、ニッケル水素を使って音がどのように変化するか色々と試してみたんですが、内部抵抗が低い割にはいい音がしないんですよね~。sad

ただ006Pは、まだ試していないんで今度、トライしてみます。 
電源が大事ですからね電源が。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年6月30日 (月) 22時11分

大魔王先生

質問です。

DMS-03の2SK170のバッファはバランスですか?それともアンバランスですか?(つまりトランスの前ですか?後でしょうか?)

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月30日 (月) 23時42分

杉並支部長

2SK170BLは、トランスの二次側に付けています。つまり、アンバランス回路の中で使っています。
因みに、DMS-03で使用しているトランスJT-11P-1の一次側インピーダンスは、13kΩあります。

2SK170BLは、IDSSが8.5mA付近のものを選別しパラレル接続(ソースフォロワ-)しています。とりあえず、これでDSP回路のファーストステージ(OP275GSのよるLPF)を十分、駆動できています。 (...結果オーライですけど)

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月 1日 (火) 06時12分

電源恐るべしですね。
考えてみれば増幅回路は、別の電気で拡大コピーするようなもの。
元の質が良くないといい出力は得られないわけですね。

投稿: JO1KVS | 2008年7月 1日 (火) 20時28分

大魔王先生

トランスの2次側了解です。2SK170*2のバランスバッファだったら回路図をおねだりbleahしようと思っていました・・・。
残念です。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年7月 1日 (火) 21時12分

小出さん

>元の質が良くないといい出力は得られないわけですね。

良い水から美味しいお酒やお豆腐が出来るように、良い電源からは、美しい音ができる....(それほど単純ではないですが)大体そんな比喩が成り立つように感じています。


杉並支部長

>バランスバッファだったら回路図をおねだりしようと思って

そういう事でしたか。それはお役に立てずすみませんでした。
何せDX9000にはデジタル入力できない事もあり、早い段階でアンバランスに変換しているものですから....。

是非、夏休みの製作課題としてチャレンジしてみてください!(人ごとみたいな物言いでスミマセン coldsweats01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月 3日 (木) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41680277

この記事へのトラックバック一覧です: DMS-03 完成:

« 送信IMD by SDR-IQ | トップページ | 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 »