« LCフィルタの設計&製作(CQ出版社) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の弐) »

2008年6月 1日 (日)

自作マイクアンプへの挑戦(其の壱)

Amp_1_2 マイクアンプを作ることにしました。

”DMS”は自分で設計したものなので、その機能と性能にはほぼ満足しているんですが、所詮は『高域カットフィルタ』。
音声信号は、ラインレベルで供給する必要があり、外部で市販のマイクプリアンプ(Voice Master Pro)を使用しています。

DMSにより、デジタル変調器の入り口に直接AF信号を届けられるようになったので、結果的にAF段は好き勝手にアレンジできるようになりました。
であれば、『毒を食らわば皿まで』(?)と言うわけで、いっその事、マイクアンプも自作することにしました。

どうせメーカー製には敵わない、とは思いつつ、もしかしたらユニークな音が作れるかも知れない....というかすかな期待もありまして製作に挑むことにしました。

まず、目を付けたのがベイヤーのトランス。
小電力用のトランスですが、性能には定評があります。 CQ誌2006年3月号にて、JA1AEA鈴木OMにより紹介され、更には同年7月号でこのトランスを使ったマイクアンプの製作記事をJA1KGZ河井OMが書かれていましたのでご記憶の諸兄もおられるのではないかと思います。

とは言え、このトランスは製造が終了してから既に20年以上経っているので、現在入手は非常に困難です。
そんな中、ヤフオクでこのトランスを使用したマイクアンプを入手できたので、このアンプをベースに、マイクアンプをこさえることにしました。

つづく。

|

« LCフィルタの設計&製作(CQ出版社) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の弐) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
良いものを入手されましたね。このマイクアンプ、もしゲインが不足するようであれば、モニター出力を接続してみてください。
多分、モニターアンプはLM386辺りを使っていると思います。本格的には×ですが、取り敢えず的には十分使えます。
私も似たようなマイクアンプを持っていて、結局1Uマイクアンプに発展することになっちゃいました。
このアンプ、カップリングコンデンサーで音が大きく変わります。私のはオリジナルでマロリー2.2uFがパラで入っていましたが、少しボワボワした低音だったので0.47uFに交換しました。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月 2日 (月) 01時50分

経験者からのアドバイス、大変参考になります。 有り難う御座います。
正直なところ、入手したオリジナルの音には全然満足していません。
全体的に音がもたついており、切れがありません。 何じゃこりゃ?という感じです。 敢えて点数を付ければ30~40点かな。gawk

まあ、そもそも改造を前提に入手したものなので、これから色々と外科手術を施し、90点台に持って行ければと思っています。
オリジナルの部品で使えそうなのは、トランスと、ケース、それからケースに付いているコネクタ類程度です。
”製作者”には申し訳ないですけど、部分的には基板を”更地化”して、最新の『萌え系』ビルを建てようかとhappy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年6月 2日 (月) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41396046

この記事へのトラックバック一覧です: 自作マイクアンプへの挑戦(其の壱):

« LCフィルタの設計&製作(CQ出版社) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の弐) »