« 自作マイクアンプへの挑戦(其の壱) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の参) »

2008年6月 2日 (月)

自作マイクアンプへの挑戦(其の弐)

Amp_2今回入手したアンプの内部写真です。 汎用基板を使い製作されています。
仕上げの状態は兎も角、配策のノウハウが随所に込められています。 これまで多くの電子工作を手がけてきたOMの手によるものであることが伺い知れます。

コンデンサなど電子部品が沢山実装されていますが、マイクアンプそのものに使われている部品は全体の1/3もありません。
残りは、AFレベルメーターと、ヘッドフォンを駆動する為の部品です。 

あ、写真上部に写っている黄色い円筒状の部品は、JI1ANI福井さんからのコメントでも紹介されていたMALLORY(マロリー)社のポリプロピレンコンデンサー(オーディオ用) です。 このコンデンサーは、大きい容量の割りに高耐圧でf特が良い為、マニアの間では重宝されています。  昔、中村玉緒が『マロニーちゃん、マロニーちゃん』とコマーシャルをしていたので知っている人もいるのでは? 

あ、あれは食べ物か。coldsweats01
話しを戻し、一応マロリーのコンデンサは物自体は良いんですが、周縁部がハンダ鏝で焼け焦げているのはちょっと....。pout 

さて、中央近くに鎮座しているのが、件のベイヤー製トランスです。
何故、2つあるのか? とお思いの諸兄があるかと思いますが、実はこのアンプ、この2種類のトランスを切り替えて使用できます。
即ち、トランスの一次側/二次側をSWで切り替え、増幅度が
1:30(29.5dB)
1:20(26dB)
1:15(23.5dB)
となる様に設計されています。 このコンセプトがユニークだった為、今回入手しました。 

因みに使用しているベイヤーのトランスの型式と、SWポジションの関係は下記のようになっています。

SW-1: TR/BV 370-215-006巻線比1:30(29.5dB) 一次側を並列接続
SW-2: TR/BV 351-020-007巻線比1:20(26.0dB) 二次側を直列接続
SW-3: TR/BV 370-215-006巻線比1:1523.5dB) 一次側を直列接続

写真中央部にある大きな白いトランスがTR/BV 370-215-006です。 一次側の巻き線が2系統あるので上記のように直列や並列接続ができます。
銀色の缶入りが TR/BV 351-020-007です。 これはCQ誌でも紹介されていたので見覚えのある諸兄も多いと思います。

さて、このアンプ。 増幅度は、このベイヤー製トランスの昇圧度のみで得る仕様となっています。
従って、非常にSN比の良く、かつ無歪のマイルドなHi-Fi音質が得られる、というのが製作者の狙いです。

このアンプと、無線機内蔵のマイクアンプを組み合わせて使用する分には、トランスの昇圧度(29.5dB)でも十分ですが、A/Dコンバータにダイレクトに音声信号を入れ込もうとする場合にはゲインが全く足りません。 具体的には、3~4Vくらいの振幅レベルまで増幅してやらないと全く使い物になりません。

つまり、今回のアンプ製作は、トランスの後段をどうするかが最大にして、唯一のポイントになります。
そんな訳で、いつ完成するか分かりませんが、とにかく改造に着手したのでありました。

|

« 自作マイクアンプへの挑戦(其の壱) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の参) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
おおっ!焼け焦げはともかく、僕の入手した品よりも部品も基板も全体的にグレードアップしていますね。
既に記事でご紹介されたように、製作されたomの実装テクニックは大変参考になります。
トランス後のFETでのハイ受け回りなど「なるほどぉ~」って感心して眺めていました。ここは下手にやるとブツブツ・・・ジージーしちゃうところですからね。
実はそのアクロバティックな実装故に、部品の交換で苦労しました。
基板を眺めてあれこれ考えている時間が楽しいですよね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月 4日 (水) 20時55分

>僕の入手した品よりも部品も基板も全体的にグレードアップしていますね。

写真でお分かりの通り、Museの無極性も使われています(緑色)。最終出力段に使われていると予想し、回路図を見たら載っていなかったので、確認したところ『最近、実装するようになった』との回答でした。 そんなわけで色々と改良を続けているようです。

仰るとおり、回路図と部品を眺めながらあれやこれやと考えているのが楽しいですね。 ここ数日は、飲み会の連続で殆ど弄れていませんが週末には何とか完成に持って行きたい、と考えています。

OPA637が届きました。ちょっとだけ差し替えて聞いてみましたが『!!!』。 ぶっ飛びの音がしますね。いや~噂には聞いていましたが、こんなに凄い音がするとは....。 オキシライドとの組み合わせだと別次元の音がします。 これを上記のマイクアンプに使ってしまうと、何だか福井さんと似たものが出来てしまいそう....。coldsweats01

あ、でも1Uにまでは発展しないと思います。 シンプル路線でいきますからシンプル路線で。 happy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年6月 5日 (木) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41407727

この記事へのトラックバック一覧です: 自作マイクアンプへの挑戦(其の弐):

« 自作マイクアンプへの挑戦(其の壱) | トップページ | 自作マイクアンプへの挑戦(其の参) »