« JA1BBP再免許 | トップページ | 念願のブレッドボードをゲット! »

2008年6月17日 (火)

RCA BK-5B: マイクケーブルの交換

Bk5b_cable_oldRCA BK-5Bは、小生お気に入りの一本です。
リボンマイクとは思えない中高域の切れが魅力です。
これまで3本入手しましたが、その中で一番音の良いものを現在、手元に残しています。

BK-5Bは製造後50年以上経過しているので、大概はマイクケーブルがへたっています。
小生が持っているBK-5Bも、入手したときには既にケーブルが交換されていました。 名の通った国産メーカーのケーブルだったので、これまでそのままの状態にしていたんですが、DMS-02と組み合わせて使用するにあたり、『この際だからケーブルも交換してしまおう!』 という気持ちになったのものですから、先日ケーブルの交換をしました。
はい、『0.1点』向上させる為の努力です。

ケーブルには、ベルデン 8412の切れ端を利用。 
このケーブル、表面に独特の粘着感とざらつきがあり、決して触感は良くないのですが、音は折り紙付きです。
ベルデンは、アメリカの放送業界ではスタンダードとして使用されているケーブルなので、RCAのマイクとは、相性は抜群(の筈)。

BK-5B本来の音がするのではないか? という期待の下、銀+銅混合のハンダを使ってケーブルを交換しました。

Bk5b_cable_new_3 さっそく音を聴いてみたところ、中高域の抜けが更に良くなり、音の輪郭が前以上にクッキリしてきました。
イコライザでハイをブースとした様な聞こえ方なんですが、スペクトラム上はケーブル交換前と差は殆どありません。
トランジェントの特性が良くなったのでしょう。 SSB通信では効果がありそうです。

二枚目の写真(左)は交換後のものですが、一枚目の写真よりもFBに見えませんか? 黒のケーブルの方が力強く、且つ締まって見えます。
う~ん。 やはり音は目からも入ってくる?? happy01

|

« JA1BBP再免許 | トップページ | 念願のブレッドボードをゲット! »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

今日鼠先輩と言う名の歌手?が居る事を知りました。
曲はカラオケ受けしそうなムード歌謡。
カラオケは好きではないのですが、この歌は歌ってみたいと久しぶりに思わせてくれる曲でした。

カラオケマイク風の形のを見て(失礼!)ふとそんなことを思いました。
noteぽっぽぽぽぽぽぽ~ぽ~note

投稿: JA9JWL 飛田 | 2008年6月18日 (水) 20時28分

鼠先輩ですか。
不勉強ながら知りませんでしたので、早速ググってみました。 するとYouTubeで本人の顔と曲が確認が出来ました。→ http://jp.youtube.com/watch?v=ZVBgCUJrk1k

ずばり、この方には、リボンマイクは危険すぎます!
noteぽっぽぽぽぽぽぽ~ぽ~noteと叫ばれたときには、『吹き』により、リボン素材が痛んで駄目になってしまいますcoldsweats01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年6月19日 (木) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41563989

この記事へのトラックバック一覧です: RCA BK-5B: マイクケーブルの交換:

« JA1BBP再免許 | トップページ | 念願のブレッドボードをゲット! »