« 物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51 | トップページ | FT DX 9000Dと歩んだ3年 »

2008年7月 6日 (日)

China Quality : Behringer DEQ2496

Deq2496 手持ちのDEQ2496が、最近調子悪いので、バックアップの意味でもう一台、確保しました。
知り合いの局が持て余していたので、格安で譲り受けました。

このDEQ2496。 非常にコストパフォーマンスが高い製品なんですが、機能が多く複雑な為、買ったは良いが"使いこなせない”人が結構います。
その知り合いの局も、期待に胸ふくらませて買ったものの結局の所、持て余したということなので、今回の取引となりました。

さて、送られてきたDEQ2496。 小生のものよりも3年程後に購入されたものなので、どんな出来映えかと思い上蓋を外してみました。
すると....

へ?
なんじゃこのボンドの付け方は。
固着させるポイントから、次のポイントにかけて、堂々と糸が引いているではないか。(写真をクリックすると大きくなるので、その具合が良く分かります)
おいおい、そりゃないだろう。 日本じゃ、見えないところにも気を遣うんだぞ!

確かに音に関係ないところなので、どうでも良いと言えば良いんですが、気遣いの無さにちょっとガッカリ。
所詮、Made in Chinaか。

ユーザーの立場としては作り込みの丁寧さに、その会社の理念とか、設計思想の健全さを感じますからね。 これはちょっといただけません。

Behringer、『二倍の音質を半額の価格で』という企業理念には賛同するものの、この製造品質では足下をすくわれますよ。

|

« 物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51 | トップページ | FT DX 9000Dと歩んだ3年 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41753863

この記事へのトラックバック一覧です: China Quality : Behringer DEQ2496:

« 物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51 | トップページ | FT DX 9000Dと歩んだ3年 »