« 2008 DX'er Banquet in Tokyo | トップページ | フロントのスピーカーケーブルだけ交換する筈だったのに..... »

2008年7月19日 (土)

で、でかい! :DynamiCap

Dynamicap_0オーダーしていたDynamiCapがようやく届きました。
USA→佐賀→つくばというルートですが、なんでもUSAからの最初の便が行方不明になったらしく、結果的に入手まで二ヶ月かかりました。

このDynamiCap。 音の実在感を表現できるコンデンサとして有名なんですが、何せ高い!!
高いだけならまだしも、でかい!!

今回は、DMS-03の出力段に入れる目的で買ったんですが、一番大きな容量が10μFだったので、やむなくそれを購入。
本当は、33~47μF程度のものが欲しかったんですが、ケミコンではないので流石に大容量化は無理なようです。

それにしても、でかい! 

一枚目の写真と、二枚目の写真を見ればその大きさが分かるでしょう。
Dynamicap_1二枚目の写真は、同じ10μFのケミコンと一緒に写したものです。

さて、このコンデンサは、無極性ですが構造上、外箔(巻き終わり)、内箔(巻き始め)があり、リード線が胴体の中心にありません。
二枚目の写真を見ると分かるかと思いますが、要するに『偏芯』しています。

そして、”使い方注意”として一般に流布されているのが、
1. リードの長い方(Dynamicapの「D」側)を+側に繋ぐこと。
2. Dynamicapのロゴを上にすること。
この2点です。 このルールを守らないと、折角のDynamiCapの良さが減殺されてしまうのだとか。 ひえ~っ。coldsweats02

”1”は、外箔と内箔の関係から何となく分かるんですが、”2”については、さっぱり理屈が分かりません。
オカルトの世界(?)と、思ってしまいますが、先人が経験した結果だと思うので、素直に受け入れることにしました。(いちいち検証するのは、この時季面倒なので.....)

さっそくDMS-03のファイナル段に装着して聴いてみましたが、良いですね~、DynamiCap。happy01
音の輪郭がしっかりし、全体的にプレゼンスが増します。 OpアンプをOPA627からOPA637に代えたときの感じに似ています。
う~ん、エージングもしていないのに最初からこの音とは! 流石に高いだけある。

....と、ここまでは、良かったんですが、大きな問題に直面しました。
Dms03_dync_1それは、DynamiCapが大きすぎて、DMS-03のケースに入りきらないと言うことです。
DMS-03は、コンパクト化を狙って作ったんですが、設計変更を余儀なくされることになりました。
今度、秋葉原でもう少し大きなケースを買ってきて、それに入れ替えようと思います。

それまでは、当面、DynamiCapむき出しの状態でOn Airが続く事になります。

人生は、甘くないなあ....catface

|

« 2008 DX'er Banquet in Tokyo | トップページ | フロントのスピーカーケーブルだけ交換する筈だったのに..... »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
オカルトのANIです。
>2. Dynamicapのロゴを上にすること。
これ、逆です。Dynamicapのロゴを下にした方が解像度の高い音がでる・・・ということです。
僕も試しましたが、逆接続とは違って違いは・・・・です。折角のコンデンサーなのでロゴが見える状態の方が、音は目から・・・の効果が期待できると思います。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年7月19日 (土) 20時36分

>これ、逆です。Dynamicapのロゴを下にした方が解像度の高い音がでる・・・ということです。

う~ん、そうですか。 
本件、メーカーが推奨しているわけではないと思うのですが、実際の所、どういう理屈でそうなっているのか興味があります。 ネット時代の昨今、オカルト情報も多く飛び回っているので、冷静な目も必要かと思っています。 
...でも、オカルト情報、決して嫌いじゃないです。 ひゆ~どろどろどろ~ coldsweats01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月21日 (月) 06時48分

オカルト情報の科学分析ですが・・・

Dynamicapが偏芯していることと、構造上巻いてあることから、巻きが緩くて(笑)上下方向を変えると重力で微妙に巻きのスキマが変化する・・・可能性があるのではないかと・・・。
もしくは、基板側のグランドとのカップリングですね。偏芯しているから狭い方と広い方で容量が微妙に変化する・・・。

んな、ユルユルのコンデンサーでどうするんだ!容量変わっちまうじゃないか?とか色々あるんですけどね。
でも、どうして偏芯しているんでしょうかね?片側だけ厚めのスペーサー足して巻いているのかな?不思議だ・・・。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年7月21日 (月) 09時34分

科学的考察有り難う御座います。 考えられることとすれば、やはりそのあたりですよねえ。

>でも、どうして偏芯しているんでしょうかね?片側だけ厚めのスペーサー足して巻いているのかな?不思議だ・・・。

音づくりに飽きて、コンデンサなんてもうどうでも良い、という心境になったら分解して中を見るかも知れませんが当面は....。 誰か、勇者はいないかなあ。 happy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月21日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41905753

この記事へのトラックバック一覧です: で、でかい! :DynamiCap:

« 2008 DX'er Banquet in Tokyo | トップページ | フロントのスピーカーケーブルだけ交換する筈だったのに..... »