« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月に作成された記事

2008年7月31日 (木)

シールド重鉄タップ6個口

Power_terminal写真の電源タップを買いました。
マリンコという米国の医療用プラグを使用したものです。
コンセントには、松下のWN1318らしきものが使用されています。(形状から判断)

ラックの裏側は、タップや三つ叉だらけで『スパゲッティー状態』になっている為、配線をスッキリさせたかったのと、このタップをオーディオ用に使うと音質が良くなるので購入しました。
あ、音が良くなるというのは、リビングのオーディオシステム用に以前買ったことがあるので、その時の評価によるものです。

かなり重いですが、作りはしっかりしているので安心して使えます。
因みに、購入先は、プロケーブルです。 興味のある方は、HPを参照下さい。

続きを読む "シールド重鉄タップ6個口"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

黒御影石

302x2732007060800048黒御影石を買いました。
あ、墓石ではなく、これまたオーディオ用です。 CDプレーヤーの下に敷き、インシュレータとして使います。

お店によるとインド産なのだとか。
全6面磨き仕上げで、上面の4辺は面取り済み。

40cm四方のもので厚さは3cmあります。
到着後、玄関で持ってみたら、『お、重い...』

体重計に載せ量ってみたら、何と15kgもあるじゃないですか。
いや~見掛けよりも相当重いです。 さすが自然石。
これなら制震効果は期待できそうです。

続きを読む "黒御影石"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

このご時世に値下げ?...電波利用料

Dempa

先月、JA1BBPの再免許がおりたので、近々来ると予想していたら来ました。 電波利用料の請求。 総務省からの封筒を開けてビックリ。

500円也。

え? これって以前は2,500円だったはず。
知らないうちに値下がりになっていたようです。 (まさか、毎年500円徴収するるわけでもないと思うので) 知らなかったのは自分だけだったのかな?

諸物価が高騰する中、1/5に値下げとはこれまた凄い。

TV放送局や、ラジオ局から、沢山徴収するようになったので、アマチュアからは余りとらなくなったのかな??

何はともあれ、値下げは歓迎です。happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

DMS-03にDynamiCapを実装

Dms03_dyn_2_2DynamiCap(10μF)が想定外の大きさだった為、やむなくDMS-03のケースを作り直すことにしました。
今回は、二回り大きな箱を購入。 (60x 95x 140  :HxWxD)

これなら、余裕で入れられるだろうと思い、やってみたところ、この 『赤太鼓』、やはりでかい。
将来の転用を考え、赤太鼓のリード線を2,3cm残し結線したところ丁度良い案配になりました。
あ、今回は"DynamiCap"のロゴが下に来るように結線しました。
また、外からの振動が赤太鼓様に伝わらないよう、下に座布団(クッション)まで付けました。 まあ、オーディオ用語で言うところのインシュレータですね。

....果たしてここまでやって効果があるのかどうか。 もう、自己満足の世界です。

続きを読む "DMS-03にDynamiCapを実装"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

インクが高い!

Inks ...と思いませんか。

うちではEPSONのPM-950Cというプリンタを使っているんですが7色構成の為、7色全部交換すると6,000円以上掛かります。
量販店の格安インクパックでも6,200円くらいします。
このプリンタ、黒以外のインクが一色でも無くなると、一番使う黒の印字が出来なくなるため、毎回頭に来ながらインクを買い足しています。

年間2~3回は、インクの補充をしている為、そのランニングコストたるやバカに出来ません。インク代だけで、プリンタ本体以上の出費を既にしています。
そこでこのところは、メーカー純正ではない”同等品”の購入していたんですが、それでも一色、700~800円くらいはします。
う~ん、これでも高い。

続きを読む "インクが高い!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

壁コンセントの交換

Outlet001シャックのオーディオ環境の改善もいよいよ佳境。
今度は、壁コンセントの交換をしました。
リビングのオーディオシステムに使用しているコンセントは、3,4年前に交換済みですが、シャックのコンセントは家を建てたときのままとなっていたので、今回交換する事にしました。
(実のところ、コンセントが重量ラックの裏側にあるので、これまで交換を躊躇していました)

コンセントを交換すれば音が良くなる...と言うと何だかまたオカルトの世界かと、思う諸兄もいるかも知れませんが、これは正真正銘、変化が期待できることなのです。
オーディオマニアの世界では常識の事ですHi

『My柱上トランス』を持っているマニアは別として、一般の人が出来ることと言えば、家の中にある壁コン以降の機材の改良です。
その壁コンに高品質のコンセントを使うと、面白いくらい音が良くなります。 
因みに小生の場合、リビングのコンセントは松下電工のWN1318(写真)を使用していますが、今回これと同じものをシャックにも使うことにしました。 価格は、実勢で1,000~1,200円位です。 (色は、写真の赤の他、薄いベージュもあります。 )

続きを読む "壁コンセントの交換"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

音は目から (其の七....くらいかな?)

Belden_8412_xlr_2今度は、キャノンコネクタを使ったオーディオケーブルを製作しました。
ケーブル本体は、お馴染みのベルデン8412。
(これで、手持ちのケーブルは半分くらいがベルデン勢になってしまいました。 これで、カナレ、モガミが劣勢に...(笑))

さて、今回は気分を変えて『赤』の8412を使用してみました。
このシリーズ、色が比較的豊富で、黒、赤、青があります。
店によっては黒以外の価格を上げている所もありますが、いつも利用している秋葉原のトモカでは同じ値段で売っています。

それにしても、このケーブル。 赤というよりもピンクに近いです。それも『どピンク』。
見た感じ、情熱的というか”鮮烈”な感じがします。
もっとも被覆の色で音が変わる訳ではないのですが、視覚によりイメージはどうしても作られてしまいます。

続きを読む "音は目から (其の七....くらいかな?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

や、やってしまった....

Womenscar_keioline それは、昨日のこと。
名古屋からの出張の帰り。
予約していた新幹線の乗車時間が迫っていたため、焦って地下鉄に乗ることに。
夕方のラッシュ時間に差し掛かっていた為、乗り降りが混雑し、なかなか車内に入れない。

辺りを見回わすと、隣の車両が比較的空いていたので、何も考えずそのまま入り込む。
視界には、妊婦の姿が。 ああ、こんな満員電車の中で大変だなあ...と思う。

何はともあれ、地下鉄に乗り込めたので、新幹線には間に合いそう、と安堵感が。
そう思った瞬間、先ほどの妊婦から衝撃の言葉が。

続きを読む "や、やってしまった...."

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

電池男 リターン

Oxi先日、会社帰りに秋葉原のヨドバシカメラに寄ったら、オキシライド乾電池がまだ売っていました。
それも投げ売り価格。 20本パックで何と1,100円。
1本当たり55円なので以前の半額です。
 
この乾電池、5年間は性能保証されているので、買いだめのつもりで思わず買ってしまいました。
帰宅し、オキシライドのストックを数えてみると....

90本。 
よくもこんなに買ったものだ。
これで当面、大丈夫かと.....happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

フロントのスピーカーケーブルだけ交換する筈だったのに.....

Belden_8470_1_2Klipschのスピーカー、RB-51を買ったことを切っ掛けに周辺のケーブル類を順次グレードアップしています。
先日のRCAケーブルに続き、今度はスピーカーケーブルをベルデンの8470に交換しました。

このケーブル、オーディオマニアの間では根強い人気がある為、前から注目していたんですが使うのは今回が初めて。
トモカで、¥230/mで売っていたので、少し余分に買ってきました。
白と黒の線がツイストしている、見た目、安っぽいケーブルです。 (事実、値段もスピーカーケーブルとしては格安の部類です)
但し、音は『これじゃなきゃ駄目!』という熱烈なマニアもいるくらいの実力を持ったケーブルです。

シャックのスピーカーケーブルを、この8470に交換した後、残り分が結構あったので、今度はリビングにあるオーディオのケーブルも交換することを思い立ちました。
リビングのシステムは、9.1ch構成としているため、スピーカーが全部で10個使われています。(一般の人が見ると、ちょっと驚くかも?happy01
流石に10個分、交換する気力もないので、フロントスピーカーだけ交換することにしました。

プリメインアンプとスピーカーの間は、バイワイヤー接続しているので左右で計4本、全部で10mもあれば間に合いそう。 残り分で何とか足りる。
...とうわけで、それまで使っていたスピーカーケーブルを外し、8470に付け替えることにしました。

続きを読む "フロントのスピーカーケーブルだけ交換する筈だったのに....."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

で、でかい! :DynamiCap

Dynamicap_0オーダーしていたDynamiCapがようやく届きました。
USA→佐賀→つくばというルートですが、なんでもUSAからの最初の便が行方不明になったらしく、結果的に入手まで二ヶ月かかりました。

このDynamiCap。 音の実在感を表現できるコンデンサとして有名なんですが、何せ高い!!
高いだけならまだしも、でかい!!

今回は、DMS-03の出力段に入れる目的で買ったんですが、一番大きな容量が10μFだったので、やむなくそれを購入。
本当は、33~47μF程度のものが欲しかったんですが、ケミコンではないので流石に大容量化は無理なようです。

それにしても、でかい! 

続きを読む "で、でかい! :DynamiCap"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

2008 DX'er Banquet in Tokyo

Ws000000来る8/23(土) ハムフェア会場の近くで題記催し物が開かれます。
タイトルに"DX'er"という文言が含まれていますが、別にDX'erに限定しているわけではなく無線仲間同士、集まって一杯やりましょうという会です。
これまで色々な無線クラブが個別にやっていた飲み会を、今年は一つに纏め一緒にやることになりました。
無線クラブに関係のない人でも気軽に参加できるので、小生も申し込みを済ませました。
会場の大きさの関係で、定員が140名となっていますが、まだ申し込みを受け付けているようです。
興味のある方は、次のURLの内容を御参照下さい。ここ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

大倉山ジャンプ競技場

F1000012_1 この週末は札幌に行っていました。
ある、講演会に参加(不肖、小生が講演)する為に行っていたんですが、今朝、余った時間を利用して、学生時代の友人に案内され大倉山ジャンプ競技場へ行ってきました。
同競技場は、有名なので敢えて説明する必要は無いかと思います。

札幌オリンピックの頃は、90m級ジャンプ台として使われていましたが、今では国際規格に合うよう改修が進み110~120m程度の飛距離が簡単に出るジャンプ台になっています。
笠谷幸生が活躍していた頃は、110mも飛ぶと、大記録!という事になっていたんですが、今のバッケンレコードは、145mとのこと。

それにしても、ジャンプ台はでかい!!
学生時代に何度か来ているものの、この大きさには何度見ても感動します。
『こ、こんな所を飛ぶのか?』という驚きもあります。

続きを読む "大倉山ジャンプ競技場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

Belden 8412のRCAケーブル

Rca_8412_2ケーブルは、言うまでもなく音の通り道。
ここに神経を使わない人は真のオーディオファンとは言えません。(なんちゃって?)

先日、Klipschのスピーカー(RB-51)を買ったことを切っ掛けに、オーディオシステムのグレードアップを図っています。
先ず手がけたのが、CD/SACDプレーヤー(MARANTZ SA7001)と、アンプを結ぶライン。

ここには、どこにでも売っている赤白のRCAジャックを使っていたんですが、これではいかん! というわけで取り替えることにしました。
新しいケーブルは、知る人ぞ知るベルデンの『ザ・スタンダード』 8412。
その名声と、音質の割には売価がリーズナブルなので、小生お気に入りのケーブルです。

続きを読む "Belden 8412のRCAケーブル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

FT DX 9000Dと歩んだ3年

Guarantee まもなくFT DX 9000Dの保証期間が切れます。
購入したのは、3年前の5月なので実質的には3年以上経っていますが、おまけで2ヶ月が余分に付いていたので、保証書上の期限は、2008年7月31日になっています。

はあ~、もう3年も経ったのかあ....という感じです。
発売開始の1年くらい前から、ハムフェアで展示されたり、CQ誌に広告が載っていましたから、『YAESU党』としては、まんまとYAESUの催眠術にかかってしまい、一台お買い上げ!となったのでありました。 

購入後間もなく、ファイナルのFETが飛び、即入院。 
思い返してみると、小生のBlogデビューは、この『入院記事』だったのであります。
つまり、DX9000Dの購入と、Blogの開始が同時期なので、感慨深いものがあります。

続きを読む "FT DX 9000Dと歩んだ3年"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

China Quality : Behringer DEQ2496

Deq2496 手持ちのDEQ2496が、最近調子悪いので、バックアップの意味でもう一台、確保しました。
知り合いの局が持て余していたので、格安で譲り受けました。

このDEQ2496。 非常にコストパフォーマンスが高い製品なんですが、機能が多く複雑な為、買ったは良いが"使いこなせない”人が結構います。
その知り合いの局も、期待に胸ふくらませて買ったものの結局の所、持て余したということなので、今回の取引となりました。

さて、送られてきたDEQ2496。 小生のものよりも3年程後に購入されたものなので、どんな出来映えかと思い上蓋を外してみました。
すると....

続きを読む "China Quality : Behringer DEQ2496"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51

Klip_rb51_big 物欲に負け、またスピーカーを買ってしまいました。
今回は、Klipsh(クリプシュ)。 日本では馴染みのないメーカーですが、アメリカでは一大ブランド。 

同社の製品を数年前からYAMAHAが輸入販売し始めています。代理店のようなかたちです。
現在、Referenceシリーズという銘柄で何種類か出ていますが、その中で最も小型の2wayブックシェルフがRB-51です。
何故、このスピーカーを買ったかというと、小生の試聴環境に合うからなんです。
具体的には、下記の条件を高いレベルで満たすスピーカーを探していました。

1.小型であること。 6畳間で聞くので高さは30cm以内。幅20cm以内。
2.高能率であること。300Bシングルで駆動することが前提なので、効率は最低でも90dB欲しい。
      1~2W程度のパワーで景気よく鳴らす為には、これくらいの高効率スピーカーでないと厳しい。
3.低域の再生能力が高いこと。 45~50Hzの領域をしっかりと再現できる能力があること。
  低域再現特性が悪いのは小型スピーカーの宿命ではあるものの、せめて50Hz付近までしっかり鳴って欲しい。
4.音の定位と、輪郭がハッキリしているスピーカー。 明るい音がするもの。

続きを読む "物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著

Audio 本棚にあった本を10年振りくらいに読み返しました。
初版から結構経っていますが、オーディオの世界のウソ・マコト、を明快に解き明かしてくれている本なので、オーディオを初心者にはお勧めの本です。
例えば、下記のようなチャプターがあります。

-無酸素銅で音は良くなるか
-部品によって音質が変わるか
-聞こえない音も重要?
-電源神話を斬る
-A級アンプ崇拝もほどほどに
-真空管アンプの音は本当に良いのか?
-笑ってすまされないCDへのおまじない

などなど、面白い章題がちりばめられています。
基本的には、オーディオという感覚的で曖昧な世界で信じられている(?)事柄を、著者の知見で解説するとともに、一部の誤謬を正して行く、という内容になっています。

続きを読む "『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »