« 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 | トップページ | China Quality : Behringer DEQ2496 »

2008年7月 5日 (土)

物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51

Klip_rb51_big 物欲に負け、またスピーカーを買ってしまいました。
今回は、Klipsh(クリプシュ)。 日本では馴染みのないメーカーですが、アメリカでは一大ブランド。 

同社の製品を数年前からYAMAHAが輸入販売し始めています。代理店のようなかたちです。
現在、Referenceシリーズという銘柄で何種類か出ていますが、その中で最も小型の2wayブックシェルフがRB-51です。
何故、このスピーカーを買ったかというと、小生の試聴環境に合うからなんです。
具体的には、下記の条件を高いレベルで満たすスピーカーを探していました。

1.小型であること。 6畳間で聞くので高さは30cm以内。幅20cm以内。
2.高能率であること。300Bシングルで駆動することが前提なので、効率は最低でも90dB欲しい。
      1~2W程度のパワーで景気よく鳴らす為には、これくらいの高効率スピーカーでないと厳しい。
3.低域の再生能力が高いこと。 45~50Hzの領域をしっかりと再現できる能力があること。
  低域再現特性が悪いのは小型スピーカーの宿命ではあるものの、せめて50Hz付近までしっかり鳴って欲しい。
4.音の定位と、輪郭がハッキリしているスピーカー。 明るい音がするもの。

こうしたことを条件に色々と製品を探し、幾つかに絞り込んでいたのでした。
実は、その一つが先月このブログで紹介した、DENONのSC-M73。 
能率は90dBには至りませんが、その他の条件を満たしていたのでゲットしました。 しかし、音を聴いてみると、特性がフラットすぎて面白味がないんですね。 あまりに上品で、そつがないジェントルな音がどうも好きになれず、結局『負け組』になってしまいました。

はて、どうしたものかと思っていたら、もう一つの候補だったRB-51の新品が格安で入手できたのであります。
日頃ネットを駆使して、価格情報をウオッチしているんですが、どんなに安くても(2本で)35,000円を切ることが無かったのに、それがあったのです。
『う、このタイミングを逃したら後悔する!』と、思い詰めた大魔王、ついマウスをクリック。
...まあ、この思い詰めた気持ち。 いつものことですけど。coldsweats01

というわけで、狙っていたスピーカーの本命とも言える、Klipsh RB-51を遂にゲットしたのであります。
目下、エージングしている最中なんですが、それでもズバリ、正解です。このスピーカー。
低域もサイズから想像できないくらい出るし、高域の出方も低域とよくバランスがとれています。

あ、因みに主要スペックは次の通りです。
●15cm角Tractrixホーン&2.5cm径チタン・コンプレッションドライバー
●セラメタリックコーン採用13cmウーファー形式:2ウェイ・バスレフ防磁型
●再生周波数帯域:50Hz~23kHz(±3dB)
●インピーダンス:8Ω(最低4.7Ω)●最大入力:75W●出力音圧レベル:92dB/2.83V,1m
●クロスオーバー周波数:2.0kHz●外形寸法:165W×290H×273Dmm●質量:5.5kg

詳しくは、YAMAHAのリリース記事などを参照下さい。 こことか、ここ

あと、メーカーの記事にもありますが、このスピーカー、音量を絞っても音像が殆ど変わりません。 普通だと、低域や高域が引っ込んで聞こえるんですけど、このスピーカーでは、ボリュームに応じて音が『相似形』に大小するだけです。 これは凄い。恐るべしKlipsh。

このスピーカー、エージングが進むともっといい音になるんだろうなあ。heart02
スピーカーが良くなったら、今度はアンプも良くしたいし、CDプレーヤーも良くしたくなるなあ....
あ、いかん! またいつもの『魔のサイクル』に入ってしまう。 
煩悩滅却、煩悩滅却!!happy02

|

« 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 | トップページ | China Quality : Behringer DEQ2496 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

また今頃はmac商店のショーケースの並べ替え中でしょうか・・・?5月にSC-M73を買ったばかりと言うのに、まったく性懲りも無くとはmac殿の為に用意された言葉ですね。

ハイエナとしては今度こそSALEが始まるかと手薬煉引いて待ってます。soon

投稿: JA9JWL 飛田 | 2008年7月 5日 (土) 16時15分

>5月にSC-M73を買ったばかりと言うのに、まったく性懲りも無くとは

若い頃から、『一人景気拡大男』を自称しておりますので、つい、やってしまいます。
音の世界は『知らなければ幸せだったのに』ということが多いです。 知ってしまったばかりに、良い物に手を伸ばしてしまう。 ←これの繰り返しです。
つくづく『前世は、何をしていたんだろう?』などと考えてしまいます。

ハイエナさんの好みに合うかどうか知れませんが、当ブログの読者もそれなりに増えましたので今後は『売ります』の掲載も増やして行きたいと思っています。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月 5日 (土) 20時42分

早坂さん 早速の対応ありがとうございました。
ただいまバックナンバーを含め読みまくっている所です。
情報量話題の多さで満足しておる次第です。
しばらくは早坂さんのブログのみで楽しめます。
これで当方のマンネリ化していたオーディオ関係にまた火がつきそうです。
本当にありがとうございました。

投稿: JG7MNA 工藤 | 2008年7月 5日 (土) 23時24分

工藤さん

mac's Blogへようこそ。
与太話ばかりですが、自身の老化防止にはなっています。coldsweats01
今後ともよろしくお願いします。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年7月 6日 (日) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41740968

この記事へのトラックバック一覧です: 物欲のままに(その弐): Klipsh RB-51:

« 『オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭著 | トップページ | China Quality : Behringer DEQ2496 »