« 音は目から (其の七....くらいかな?) | トップページ | インクが高い! »

2008年7月26日 (土)

壁コンセントの交換

Outlet001シャックのオーディオ環境の改善もいよいよ佳境。
今度は、壁コンセントの交換をしました。
リビングのオーディオシステムに使用しているコンセントは、3,4年前に交換済みですが、シャックのコンセントは家を建てたときのままとなっていたので、今回交換する事にしました。
(実のところ、コンセントが重量ラックの裏側にあるので、これまで交換を躊躇していました)

コンセントを交換すれば音が良くなる...と言うと何だかまたオカルトの世界かと、思う諸兄もいるかも知れませんが、これは正真正銘、変化が期待できることなのです。
オーディオマニアの世界では常識の事ですHi

『My柱上トランス』を持っているマニアは別として、一般の人が出来ることと言えば、家の中にある壁コン以降の機材の改良です。
その壁コンに高品質のコンセントを使うと、面白いくらい音が良くなります。 
因みに小生の場合、リビングのコンセントは松下電工のWN1318(写真)を使用していますが、今回これと同じものをシャックにも使うことにしました。 価格は、実勢で1,000~1,200円位です。 (色は、写真の赤の他、薄いベージュもあります。 )

Wn1318_1 実は、このコンセント、本来は医療用として作られたものですが、『オーディオ用』として買い求める人が多くいます。
他社からも沢山オーディオ用コンセントが売り出されていますが何れも高額です。 一方、松下のWN1318は大量生産しているせいか値段が格安で、しかも誰が聞いても分かるくらい音質が向上するのでコストパフォーマンスが非常に高い製品です。 さすが家電の松下!

このコンセントのコンタクトは、非メッキなので音への色づけも無く、一般のコンセントに比べると、情報量が増え且つ、音場が拡がった感じで聞こえます。
1,000円そこそこの出費で、ワンランク上の音が手に入れられるので、オーディオマニアでなくてもこれをやらない手はないでしょう。 (...別に煽っている訳じゃないでが)

あ、因みにコンセント交換とはいえ、危険な作業ですので法律上、無資格では出来ないことになっています。 電気工事士の資格が必要です。↓こんな免状です(若かったなあ....)  

License_3

この免状をお持ちでない方は、近くの電気工事屋さんに頼むと良いでしょう。 数千円の工賃でやってくれると思います。
小生の工事で宜しければ、往復の旅費とビール1本(工賃無料)で喜んでやりますよ~。happy01

|

« 音は目から (其の七....くらいかな?) | トップページ | インクが高い! »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/41980802

この記事へのトラックバック一覧です: 壁コンセントの交換:

« 音は目から (其の七....くらいかな?) | トップページ | インクが高い! »