« ハムフェア2008でのお買い物(その2) | トップページ | Tube MP Studio V3 »

2008年8月29日 (金)

ハムフェア2008でのお買い物(その3)

V3_1今年のハムフェアで”一番”の買い物はこれ。 ART社のマイクプリ Tube MP Studio V3です。

会場一巡目も後半に差し掛かった頃、ふと無造作に置かれているStudio V3が目に飛び込んできました。
ほお...ハムフェアでは珍しい出物だ。 値札をみると、
”¥3,500” とある。

え?
このマイクプリ、たしか定価¥35,000くらいじゃなかったかな。
念のためインターネットで値段を確認してみることに。 出口付近に移動して、携帯電話からネットにアクセスし定価と実勢価格を確認。
う~ん、10,000円以下なら『買い』だ。 ¥3,500は、定価の1/10じゃないか。

売れていないことを祈りながら、小走りにブースへ戻る。
すると、青色のV3が微笑んで小生を待っているではないか(そんな気がした)。 

店主は、どうもこの手の製品には疎いように見える。 無線機ならまだしも、オーディオ機器の価値がきっと分からないのだろう。
でも、そんなことはどうでも良いことで、V3はこの大魔王に買われる為にビックサイトに来たようなもの。
念のため『これ、動作します?』と尋ねたところ、『はい。動作確認はしてあります』とのこと。

しめた! ここで値切ってもしょうがない。 縁起物は値切ってはいけないのだ。
『じあ、これ下さい』
と言い¥3,500を渡す。 ...そして遂にV3をゲット!fuji 

実は、ここ数ヶ月サブ機として使う真空管のマイクプリを探していたのでありました(メインは、ソリッドステートのVoiceMasterPro)。
それも入手後の改造を前提としているので、安価なものを狙っていました。 高価な物をいじって壊したのでは、ショックが大きいですからね。 
Behringerは安くて手頃なんですが、耐久性の面で今更買う気にもならず、何か良い出物はないかなあ~と思っていた矢先のStudio V3でした。 うふっheart01

ホント、日頃から願っていれば願いが叶うことは良くあるもので、今回はまさしくそれでした。
V3は、小さい割には高性能、高機能であり、真空管を替えれば音の違いを楽しむことができるので、小生のニーズにピッタリです。
しかも、大魔王大喜びの¥3,500なんですから。

そんなわけで非常に清々しい気分で、ハムフェア初日を終えたのでありました。
あ、V3の製品概要はここで見ることが出来ます。

期待に胸ふくらませて帰宅し、音出しをしてみる。 すると中々いい音がするじゃないですか。 happy01
それでは先ず、真空管(12AX7)でも替えてみようか。

...というわけで、イニシャルの評価もそこそこに真空管の交換を始めたのでありました。
しかし、そこで思わぬトラブルが待ち受けていようとは......

(以下、次号)

|

« ハムフェア2008でのお買い物(その2) | トップページ | Tube MP Studio V3 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/42312340

この記事へのトラックバック一覧です: ハムフェア2008でのお買い物(その3):

« ハムフェア2008でのお買い物(その2) | トップページ | Tube MP Studio V3 »