« 胸打たれる弔辞 | トップページ | Dayton audioのバナナプラグ »

2008年8月10日 (日)

f ズレ :FT DX 9000D

F_diviation最近、DX9000Dでfズレがおきています。
写真は、交信相手が14.166.000MHzで出ているときの、こちら側の表示値です。
つまり14MHz帯では、真値に対して約105Hzずれています。

そもそもの発端は、7月の始めに3.5MHzでお馴染み局とQSOしていたとき。
先方から『早坂さん、15Hzくらいゼロイン点からずれているようですが....』と言われる。

実は、その前からHFハイバンドを受信していた際、相手の周波数が.000から微妙にずれていることに気づいていました。
しかし、『DX9000のOCXOの周波数安定度は0.03ppmなんだし、精度もそれなりの筈』という強い思い込みあった為、『ずれているのは相手だ』と確信していたのでありました

それが結局の所、ずれているのは自分だということが分かったときは、かなりショックでした。
高級機=高精度=自分は正しい→間違っているのは相手
という奢りのループに入っていた自分を恥じたのであります。 ホント、過信には注意しないと駄目ですHi。

さて、このfズレ、日々拡大してきています。
先月中頃までは、14MHzで大体60Hzくらいのズレで収まっていたんですが、今日は上掲の如く105Hzです。
因みに3.5MHzでは、ズレの度合いが丁度、1/4くらいになっています。(上のバンドに行くに従ってズレが拡大)

故障の原因は分かりませんが、とにかく自分では直せませんのでWDXCでの修理が必要です。 
WDXCへは、7月の段階で連絡しているんですが、ある理由でWDXCから『返送待った』が掛かっているので、修理は盆明け以降となりそうです。

さてその間、日々拡大するfズレを利用してゼロインの訓練でもしようかしらん。coldsweats01

|

« 胸打たれる弔辞 | トップページ | Dayton audioのバナナプラグ »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

コメント

このズレと言うのは気になると非常~に気になる部分ですよね。
早くスッキリ直るといいですね。
将軍様のズレも気になります。(笑)

投稿: JO1KVS | 2008年8月10日 (日) 20時06分

こんばんわ。
ズレ幅に違いはありますが、同じ症状が他のFTDX9000オーナーに出て修理になっていました。
確かユニット交換なのでユニットを入手して自分でも修理できたように聞いています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年8月10日 (日) 23時28分

各局

考えてみると周波数が『デジタル表示』でなければ、気にすることもないんでしょうね~。
昔は、100Hz位のズレは気にせずQSOしていた訳ですし。

>確かユニット交換なのでユニットを入手して自分でも修理できたように聞いています。
そうですか。 ただ今回はWDXCでなければ出来ない『マル秘改造』も依頼しようと思っているので、先方からの発送指示を首を長くして待っているところです。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年8月11日 (月) 19時38分

もしかして、写真のフォーカスもずらしてる?
芸が細かい!!

投稿: JO1KVS | 2008年8月13日 (水) 09時02分

ふふふっ。 
Blogオーナーの意図を理解して頂けて幸いです。happy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年8月13日 (水) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/42125640

この記事へのトラックバック一覧です: f ズレ :FT DX 9000D:

« 胸打たれる弔辞 | トップページ | Dayton audioのバナナプラグ »