« f ズレ :FT DX 9000D...勝手に直ってしまった | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドフォン SONY MDR-NC500D »

2008年10月 4日 (土)

2008 東京インターナショナルオーディオショウ

Iasjに、昨日行ってきました。場所は、東京国際フォーラム。 JR有楽町から直ぐの所です。

”インターナショナル”というくらいですから、海外メーカーの出展が結構ありました。
海外メーカーの商品は、おしなべて高価なものばかりなので耳の保養に行ってきたわけです。

実は、今回初めてこのショーに行ったんですが、メーカー毎に部屋が区切られており、それぞれで試聴できるので良いですね。
店員にすり寄られて、購入を促されるわけでもないので気楽に試聴できました。
ただ、部屋の扉が重くて苦労しました。 10cm厚くらいの頑丈なドアだったので、女性では開けられないくらいの重さです。
大半はメーカーの人が開閉の介助をしてくれたのですが、恐らく彼らは今日あたり筋肉中でしょう。

さて、ショーでは普段聞くことが出来ないような高額なアンプや、スピーカーを沢山試聴できたので本当に参考になりました。
しかし、いい音しますねえ、高級品は。
これで、マルひとつ少なかったらなあ...と思いながら聞いてきました。

しかし、レコードプレーヤーが結構使われていたのには驚きました。
レコードの音を試聴させる部屋が何カ所かありました。 ターンテーブルの厚さが5cm以上あるようなものが多く、値段も10万円を下るものがありません。
今時、レコードプレーヤーに、数十万円も掛ける人がいると言うことです。
ま、人それぞれの価値観だから、いいか....。

各部屋を回りパンフレットを貰っていたら結構な量になり、最後はカバンが重たくなって苦労して帰って来ました。
いい音というのは一体どのような音なのか。 比較対象が無ければ分かりませんが、各部屋毎に音の違いを体験できるので、興味のある方は行ってみては如何ですか。

明日10/5(日)が最終日です。詳しくは、こちら

|

« f ズレ :FT DX 9000D...勝手に直ってしまった | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドフォン SONY MDR-NC500D »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/42680694

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 東京インターナショナルオーディオショウ:

« f ズレ :FT DX 9000D...勝手に直ってしまった | トップページ | ノイズキャンセリングヘッドフォン SONY MDR-NC500D »