« 湯たんぽの『たんぽ』ってどういう意味なのでしょうか? | トップページ | 祝日に思ふ »

2008年10月13日 (月)

大魔王、魚市場の競りに参加す。

Gyokyouこの週末はドイツから帰国するやいなや、直ぐに北海道の実家に法事の為、帰っていました。
法事もそこそこに、夜は兄姉家族と酒宴。
翌日(昨日)は、特にすることがなかったので、漁協(要するに、漁業従事者の為の”農協”のようなものです)が出している店にお土産を買いに行きました。
すると運の良いことに、『厚岸牡蠣祭り』に協賛した、イベントが開かれていました。
左の写真は、その会場の模様です。

イベントでは、
炭で焼いた秋刀魚が無料でふるまわれていました。 無料ですよ無料!
秋刀魚は、この時期、つくばでもよく食べていますが、厚岸の秋刀魚は最高ですからね。 思わず手を伸ばして食べることにしました。
するとその味の美味いこと、美味いこと。 まさにホッペが落ちるとはこのこと。 さっきまで泳いでいた秋刀魚の味は、他とは比較になりません。

直ぐ隣のテントでは、アサリの味噌汁も無料で提供されていました。 当然ながら10人くらいの列がづっと続いていました。
その味噌汁の美味いこと。 あ~生きてて良かったと思うような味にこれまた舌鼓を打つ。
うう。 これにご飯があったら昼ご飯はいらないなあ...などと思っていたら直ぐ近くでご飯が売られていました。
(ただし、ご飯を買う人はまばら。 そもそも昼食を食べに来た人はいない筈なので当然かも)

秋刀魚と、アサリの味噌汁の味に酔いしれていたら、今度はステージで来場者による競りが始まりました。
要するに、一般の来場者によるオークションです。 出品物は、厚岸でとれた、
■牡蠣
■アサリ
■秋刀魚
■北寄貝
■鮭(オス)
■鮭(メス)
■毛ガニ
など。 午前の部は、上記魚介類を2巡する内容でした。

Seriステージにいる進行役の人が最初に説明する。 『あくまでもお楽しみとしての競りなので、市価の半額以内で落札させたい』と。 
おお、何と立派な方針だ。 

そしていよいよ競りが始まる。 最初は、どちらかというと傍観者的に他人による価格の競り上げを楽しんでいたんですが、意外と安い内容で落札されるのでこちらもだんだんと気合いが入って来てしまいました。 因みに一巡目での落札価格は、確か、
毛ガニ2匹(市場価格5,000円)が、2,400円。 筋子が入った鮭(メス)が2,000円でした。
うう、安い。 これなら競りに参加しても良いか。 ただ、一巡目の後半では落札価格が上がり気味になってきたので、はてどうなる事やら。
ステージ上の進行役も、もう少し安く落札させたいようで、『皆さ~ん、もっと冷静に! いいですかあ、競りですからね競り。 熱くなると高くなりますよ~』と幾度かアナウンス。 こうして冷静な対応を促されながら二巡目の競りに入る。

小生は元々、アサリと牡蠣、北寄貝をお土産で買って帰ろうと思って来ていたので、二巡目が始まった段階で、既に戦闘モードに入ってしまいました。
さて、ここは頭脳的に行こう。 進行役は、市価の半額以下で落札させたい意志を明確に持っている。 ならば、競りが始まり4,5人が競り上げた後で、市価の3割か4割くらいの価格をズバリ言おう。 そうすると、一発で指名があるはずだ。

F1000054競りが進み、第一ターゲットであるアサリの番が来た。 重量は3kg。 一巡目では、確か1,200円で落札されていた。 
競りは、10円からスタート。 50円。 100円と値段がつり上がり、400円位になった。 進行役は、1,000円以下で終わらせたいはずだ。
よ~し、今だ。 息を大きく吸い.....
はっぴゃくえん!!

進行役と、目線がバッチリ合った。 こちらは買う気満々。 向こうは売る気満々。
彼の指先が即座にこちらを指し、『800円。 決定!!』
嗚呼、何というタイミングの良さ、清々しさ(自己満足?)。 
一緒に行っていた姉夫婦からの拍手も巻き起こり、目出度くアサリ 3kgを800円で落札したのでありました。
それにしても800円は、安い。 近所のスーパーでは、400g位の量で298円とか398円で売っていますからね。 うふっheart01 嬉しい~ 明日は、つくばでアサリの味噌汁だ。

さて、競りはその後も続き、いよいよ北寄貝の番に。 発泡スチロールには15個入っているとのアナウンス。
これも是非ゲットしたい。 しかし、さっきアサリ3kgをゲットしたばかりだから、同じ人間が落札すると、主催者側に申し訳ない。
そこで、隣にいる姉に入札を依頼することに。 作戦は既に決まっている。 また、さっきのやり方で行こう。

すると、なんとうちの姉。 入札開始価格が発表される直前に、
『その北寄、絶対買う~!!』と、進行役に言うではないですか。
唖然...流石、小生の姉だ。 普通じゃない。
進行役も、『え~!? 絶対に買うのお~?』と、半場、もう落札者を決めたような雰囲気。
かくして競りが開始された。 何だか出来レースの雰囲気。
そして、数人が入札した後で、姉が大声で『せんえ~ん!』と叫ぶと、競りは一瞬にして終わってしまったのでありました。
あの迫力。 とても他の人は敵いません。
そして、目出度く北寄もゲット。 15個で1,000円。 普通だと3,000円近くしますからね。 これも大勝利。scissors

残るは、牡蠣か....。
しかし、ここまで来ると流石に他の来場者に申し訳ないので、牡蠣には入札しませんでした。 そこまで、卑しいことは出来ませんからね。
牡蠣は、物産店の中で買うことにしました。因みに物産店の中では、中サイズで1個80円。 大で120円でした。 
いや~それにしても、対面での競りはお互いが熱くなるので面白いですね。 ネットオークションとは少々違う醍醐味を初めて体験でき良い思い出になりました。

かくして、ゲットした魚介類は宅急便で発送され、翌日(今朝)到着したのでありました。
(昨日の昼ちょっと前に北海道から発送した荷物が、今日の朝9時に到着するんですから、ほんと便利な時代になりました)

Hokki_2 

Asari_2

さて、当然ながら今日の昼は、アサリ大盛りの味噌汁を食べて満腹。 夜はこれからアサリ大盛りのスパゲティボンゴレの予定です。
夢にアサリが出てきそう....coldsweats01

|

« 湯たんぽの『たんぽ』ってどういう意味なのでしょうか? | トップページ | 祝日に思ふ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/42775437

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、魚市場の競りに参加す。:

« 湯たんぽの『たんぽ』ってどういう意味なのでしょうか? | トップページ | 祝日に思ふ »