« JA4RL/4 : 第4回日本たまごかけごはんシンポジウム | トップページ | オーディオファン vs 音楽ファン »

2008年10月19日 (日)

名古屋での結婚式

...に初めて出席してきました。 社員の結婚式です。
今朝自宅を05:50に出発。 意識朦朧のまま駅に向かう。

式場には10:00頃に到着。 なんとか10:30からの挙式には間に合いました。
実のところ、新郎新婦とも同じ職場なんです。 つまり、職場結婚。
当然ながら、挙式に詰めかけた人の半分は、同僚。

大衆の面前で、社員同士がキスをする光景を戸惑いながら眺める。 
ま、夫婦になったんだしチャペルでの挙式だから仕方ないか。 まさか会社ではキスはしないだろうなあ....など考えてしまう。

Beer挙式もつつがなく終わり、披露宴が始まる。
今回の小生の役割は、乾杯の音頭。
今まで、友人代表、主賓、司会など色々指名されやってますが、実は、乾杯の音頭は初めて。
長話は嫌われる役柄なので、首尾良く(?)3分程度で纏める。
乾杯の音頭と共に、それまでの張り詰めた緊張の空気が和らぎ、ようやく和んだ雰囲気に。
まあ、どの結婚式でも乾杯までは、緊張しますからね。

さて、今回の結婚式はユニークな演出が沢山あり、久し振りに楽しめました。
一つは、式の途中で新郎がお酒を注ぎに各テーブルを回ったんですが、ビールタンクを背負う光景に、大うけ。
野球場でビールを注文するシーンを彷彿しました。 いいなあ~このサービス。

二つ目は、テコンドーの演技。
実は新婦の友人は、テコンドーの日本チャンピオン。
幾つかの試し割りを見せてくれました。 それも単なる試し割ではなく、板に文字が書かれているんです。
『弱気』『病気』『浮気』などなど。
そしてそれらの板を、会場に来ている新郎の友人に割らせたりし、自らも割るんですね。
最後に新郎により『浮気』が割られ、会場は割れんばかりの拍手。
しかも、そのあと述べた彼女のセリフがまた良かったんです。

Tekwoondo 『こんな目出度い席で板を二枚に割るというのは、あまり縁起が良くないんですけど、人をいたわるという事に免じて許して下さい』
勿論、会場は大爆笑。

そんなこんなで披露宴は延々と続き、気がついたら4時間。
4時間はこれまで小生が出席した披露宴では最長です。
余興も盛りだくさんだったので飽きはしませんでしたが、流石に4時間は疲れました。 (ま、飲み疲れですが....)

さすが、名古屋の結婚式は違う!

|

« JA4RL/4 : 第4回日本たまごかけごはんシンポジウム | トップページ | オーディオファン vs 音楽ファン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/42841793

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋での結婚式:

« JA4RL/4 : 第4回日本たまごかけごはんシンポジウム | トップページ | オーディオファン vs 音楽ファン »