« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

2008年11月30日 (日)

『真空管式スーパーラジオ徹底ガイド』 内尾 悟著(誠文堂新光社)

32166088が先日発行されました。 サブタイトルは、”スーパーラジオの原理・部品から製作・調整テクニック公開”となっています。
Amazonでは、既に品切れ、入荷待ちとなっているようですが、町の本屋にはまだ置いてあるかも知れません。

かくいう小生は、Amazonからの到着を首を長くして待っている状態でして、本自体はまだ読んでいません。

著者は、ラジオの工作本などによく出ている方で、技術力は折り紙付きですし、本の目次を見ただけで、これは買いだと思いました。
因みに目次はタイトルは次の通りとなっています。

続きを読む "『真空管式スーパーラジオ徹底ガイド』 内尾 悟著(誠文堂新光社)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SASE for KH2/JA1BBP

Kh2_ja1bbp_please 数日前のBlogで、『4.そもそもKH2/JA1BBPの運用自体なんの権威も、希少性もない』と書きましたが、そう書いた途端、海外からSASEが届きました。 

送り主は、RD3BZ。 モスクワからです。 開けてみると、1ドル札が二枚入っていました。

続きを読む "SASE for KH2/JA1BBP"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

RS-232C分岐ケーブルの製作

Rs232c今、シャックにはFT DX 9000Dの周波数情報を必要としている機材があります。 それは、
1.Hamlog
2.SDR-IQ
の二つです。

"1"は、DX9000からの周波数、モード情報を自動的に取り込めるので、一度利用すると手放せないくらい便利な機能です。
"2"は、無線機のメインダイヤルに連動して、SDRの周波数が変化するので、これまた非常に便利な機能です。

これらの周波数(&モード)情報は、DX9000背面のCAT端子からとりだし、
■Hamlogを使う場合は、PCのCOMポートへ接続。
■SDR-IQを使う場合は、SDR-IQのリア端子に接続。
と言う具合に、何れか一方へ排他的に接続しなくてはなりませんでした。

え? 何故かって?

続きを読む "RS-232C分岐ケーブルの製作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

昭和64年の一円玉

1_yen ...を息子から貰いました。

たまたま一円玉の製造年を見たら昭和64年だった、とのこと。
(かつて小生がコイン収集をしていたことを知っている息子からのプレゼントです)

諸兄ご存じの通り、昭和64年は一週間しかありませんでした。
正月三が日を除くと、四日間。
この一円玉はその僅か四日間のうちに造られたものなのでせうか。

だとすると流通量が少ないので貴重品かと。
ま、この時代、切手収集やコイン収集は流行らないと思いますが、貴重品には物欲センサーがピピッと反応します。 こりゃあ、一生直らないだろうなあ....coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

気象無線模写通報

Nazaki013.5MHzバンドが拡張されて以来、3.6MHz付近で運用する事が増えています。
それまでは3.6MHz帯を聞く事も無かったわけですが、飛び石的にバンドが拡張されたことからダイヤルをグルグルと上の方に回す事が多くなりました。 すると、3.622MHz付近でとんでもなく強い信号が出ていることに気づきました。
どうも聞いた感じだとデータ通信のような感じ。 この強さからすると100km以内の距離からのものか....。
などと思いつつも、特に調べもせず放っておいたのであります。

そんな中、今朝たまたま3.605MHzで3エリアの知り合いの局とQSOしていたら、彼曰く『3.622の局の信号の強さで1エリアとの開け具合をみている』と。 え!、あの局はやっぱり関東にあるんですか? と小生。 すると『気象関係のデータを送っている局で、茨城にあるはずですよ』とのこと。
が~ん coldsweats02  し、知らなかった。 同じ県内にあるなんて。

と言うわけで、QSO終了後、さっそくGoogleを活用してサーチを始める。
最初の手がかりは、気象、茨城。 これをキーワードにしてサーチ。
う~ん。 関係のないものばかりがヒットして欲しい情報がなかなかとれない。
周波数を入力したり、送信所と入れたりすること約10分。 ようやくお目当ての情報がとれました。

続きを読む "気象無線模写通報"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

無かった話を、あった話に。

N2o_1211_356418_1_2今日は、先日大量に届いたQSLカードの受領処理をしました。
勿論、4月におこなったKH2/JA1BBP宛のカードが大半です。

約一時間半、一心不乱に住所氏名などをHamlogに入力し、ようやく全体の1/4くらいが処理できました。
海外運用では、コールとRSレポートの交換しかしませんでしたので、住所、氏名欄が殆ど空欄になっていました。 受領したカードを見て氏名住所を埋める為、結構骨の折れる作業です。

途中、
『お、隣の町からコールしてくれていたんだ』とか、
『ああ、QRP(FT-817)でコールしてくれていたんだ』とか、色々な発見がありそれなりに楽しかったです。

しかし、頭を悩ますカードが一枚ありました。 それは、

続きを読む "無かった話を、あった話に。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

サウンドカード ONKYO SE-U55SX

U55sx Audigy 2 NXが壊れた為、買い求めたSE-U55SX。
SE-200PCIの技術を引き継いだUSB版ということなので、期待は大きかったんですが、駄目ですこれ。

先ず、信号の選択をいちいち本体に付いているセレクタでカチャカチャやるのが”前時代的”です。
例えば外部入力を示す"LINE"が選択されているときは、PCで再生しているTVや、音楽を聞くことが出来ません。
逆に、"USB"が選択されているときは、PCからの音楽などは聴けますが、外部からの信号は取り込めません。
この選択をいちいち手動で切り替えさせるセンスが全く信じられません。

続きを読む "サウンドカード ONKYO SE-U55SX"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

Audigy 2 NX逝く

2nx約4年使ってきた外付けUSB式サウンドカード、Sound Blaster Audigy 2NXが逝ってしまいました。
ACアダプタは生きているものの本体のLEDが点灯しません。
恐らく本体電源部分の故障だと思いますが、今更、ディスコン製品を修理に出す気力もおきないため、このまま逝って貰うことにしました。

タバコの箱を一回り大きくした程度の大きさでありがながら、24bit/96kHzを実現しており、音質も十分満足の行くものでした。
それが先日ドイツから帰国した日に、使おうとしたらウンともスンとも言わなくなっていました。
まあ、4年間十分使い回したんで仕方ないか...。

さて、代わりサウンドボードをどうしようか。
ノートブックでも使えるように、またまたUSB仕様のサウンドボードを選ぶ事にしました。

続きを読む "Audigy 2 NX逝く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

マイクスタンドの振動対策

Boushin_1 S/Nの向上を狙いマイクを天井から吊る方式(8/31付 Blog記事参照)を採用してからかれこれ2ヶ月。
確かにS/Nは良くなりましたが、取り回しの面倒さに辟易してきました。 基本的には宙ぶらりん構造なので、前後左右への移動範囲が限られているんです。
ラックを移動する際には、天井に取り付けてあるフックをいちいち外さなくてはならないので、いい加減嫌になってきました。

そこで再びアームスタンドを引っ張り出すことに。 
ただ、以前と同じ状態に戻しても意味がありません。 今度は、基台(クランプ)部分の防振対策を試みました。
もともと、このアームスタンドにはクランプ部分にフェルトのようなクッション材が貼られています。 ただ、これは防振対策と言うよりも、取り付け側に傷が付かないようにする程度のもの。 ここに写真のように防振ラバーを挟み込む事にしました。

防振ラバーは、以前当Blogでも取り上げた東京防振のハネナイト。天然ゴムの約10倍もの振動吸収能力を持つ優れものです。

これをクランプの上下に貼り付けました。

で、効果のほどは...

続きを読む "マイクスタンドの振動対策"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

しんちゃん

Shinchan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

ソニケア

Sonicareここ10年近く、ソニケアという電動歯ブラシを使ってます。
数ある音波式歯ブラシの中でも、振動が特に強力で歯垢除去能力に優れています。
適正な角度で歯に当てて使っている分には、歯垢は殆ど残りません。 
30秒ごとに振動の切れ間があるので、その都度、歯の表と裏、上、下と移動させれば良いので一応2分(30秒x 4面)で歯磨きが終わります。
振動が凄いのは触ってみれば誰でも分かりますが、その割りには歯茎へのダメージがないので安心して使えます。

...と、ここまでは良い事づくめなんですがソニケアには問題点欠点が二つあります。それは、

1.ランニングコストが高い。 大体半年ごとに先端のブラシ(写真)を交換しているが、その都度3,000円くらい掛かる。
2.充電バッテリーの寿命が短い: 3年も使っているとバッテリーがへたってしまい仕舞いには毎日充電して使うことに。 しかたなくソニケアの買い替えということになる。

という点です。

 

続きを読む "ソニケア"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

円高

Ws000012  実は昨日からドイツに来ています。 今年最後の海外出張です。
それにしても海外に出ると昨今の円高をしみじみ感じます。
特に円に対するユーロの下落は激しいので旅行者にはFBです。
ちょっとこの前まで1ユーロ、170円前後していたのに、最近では120円台です。
欧州統一通過ユーロがスタートした頃のレートに戻りました。
これまでは、何を買うにも割高感があったんですが、ようやく生活実勢レートに近づいてきました。
個人的には、ドイツでの生活実態を考えると、1ユーロ 100円くらいであるべきだと思っています。

続きを読む "円高"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

冨田勲

Tomita_isao日経ビジネスに載っていた冨田勲の(最近の)近影ですが、ちょっとショックを受けました。
小生の脳裏にある冨田勲とは、随分と変わってしまっています。

そもそも雑誌などにそう頻繁に出る人ではないので、実質的に30年振りにその姿(写真)を見た事になりますが、月日の流れというのはシビアですね。
すっかりお爺さんになっていることに驚きました。 でも、考えてみれば氏も今年76歳(!)。 当然と言えば当然です。
 
冨田勲と云えば、シンセサイザーミュージックのパイオニアにして大御所。 新日本紀行のテーマ曲や、NHK大河ドラマの作曲など数多くの楽曲も手掛けていますが、一般的にはシンセサイザー奏者としての方が名前が通っていると思います。

続きを読む "冨田勲"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

ソウルにて (その2)

Mizu_2ソウルシリーズの締めくくりとして、日本人の視点として面白かったことを幾つか。

■お茶と思いきや....
 水が出てきました。 それは焼き肉屋でのこと。 席に着くと間もなくして湯飲み茶碗が出てきたので、お茶かと思いきや、中を見るとなんと水ではありませんか。
 う~ん。 フェイントだ。 日本では水はコップに入って出てくるんだけどなあ~と思いながら、水をすするの巻(写真)。

■鉄鍋で
 肉を焼くんですね。 入った焼き肉店では底の平らな平らな鉄鍋が出てきました。 すき焼き鍋に似ています。
 脂分を落とすスリットが入った鍋や、ドーム型の鍋を見慣れた日本人には拍子抜けする鍋でした。 この店だけなのか韓国ではこれが一般的なのかは不明。

続きを読む "ソウルにて (その2)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

あ、足が....

Img642今朝、家内が買い物行く時間と、小生が散髪に行く時間が重なった為、こちらが譲歩し自転車を使うことになりました。
しぶしぶ物置から、息子の自転車を取り出す。

そして、またがろうとしたとき.....

続きを読む "あ、足が...."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

ソウルにて

Kousaten_blog 今回は短期間ながら色々なものを見聞きしてこれました。

さて、写真はソウル市内の交差点の模様です。
黄色の矢印の先に注目。

市内ではいたるところの交差点で、こうした人が立って交通整理をしています。
信号が完備されている交差点で、何故このような事をしているのか理解に苦しみましたが、現地に住んでいる同僚の説明でその疑問が解けました。

立っている人は警官ではなく、交通違反した人なのです。
違反で免停になった人へのペナルティとして、交通整理をさせているというのです。
ああ、なるほど。

続きを読む "ソウルにて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

大魔王 in  KOREA

今、ソウルに来ています。 木曜日まで滞在します。

今回、羽田の国際線ターミナルを初めて使いましたが、ちゃっちいですね~。
まあ、運行している路線が少ないので仕方ないんでしょうが、地方空港を彷彿させる規模&雰囲気でした。

それはともかく、羽田から金浦空港まで僅か2時間15分。
国内出張並みの時間で着いてしまいました。 なんだか近すぎて拍子抜けしました。

さて、機内から見下ろしたソウル市内には驚きました。
マンションが林立し、一般の民家同士は隙間無くぎっしり詰まって建っています。 庭がないんですね。

機内で読んだガイドブックによると、

続きを読む "大魔王 in  KOREA"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

花園渓谷(北茨城市)

Hanazono_s ....に行ってきました。

三連休。
どこにも行かないわけにも行かないので、久し振りにファミリーサービス。
車を走らせ、茨城県北部、北茨城市にある花園渓谷へ行くことに。

紅葉にはまだ早かったんですが、大自然を満喫できました。
当方、茨城県に来てからかれこれ三十年弱。
実は、最近までこの名所を知りませんでした。 
茨城県生まれの家内は知っていたようですが行ったことはないとの事だったので、それじゃあ、ということで行ってきました。

常磐自動車道 ”北茨城”で降り、一般道で20分くらい進むとそこはもう花園渓谷。
途中、道が狭い箇所があり、大丈夫かなここ?と思ったものの無事、無料駐車場に到着。

車をそこに置き、先ずは花園神社に向かう。 
鳥居をくぐり、本殿に向かいお賽銭を投げて柏手を打つ。パンパン。 
日本人たるもの、これをやらないと心が安まりませんHi。

あ、この花園神社。 なんでも、あの征夷大将軍 坂上田村麻呂ゆかりの神社で1200年以上の歴史を誇る神社なのだとか。
こんな寂れた地でも(失礼!)由緒正しい神社があるのです。 おみそれしました。

続きを読む "花園渓谷(北茨城市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

QSLカード

Jarl_1今朝、『ピーンポーン』と家のチャイムが鳴る。
あ、頼んでいたアレだと思いドアを開けたら、あに図らんや。 佐川急便の封筒がそこにありました。
差出人を見ると、JARL。
一度にこんなに大量のQSLカードを受け取るのは初めてです。

理由は明白。 4月にKH2で運用したときのカードです。
積み重ねると高さが12cmもあります

7ヶ月経ってようやく第一陣が届いたことになります。
隔月配達なので今はこんなものなんでしょう。

こちらからのカードの発送はとっくに終わっているんですが、これをHamlogに”受領”入力するのかと思うと、ちょっと憂鬱です....。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

アマチュア無線局数、JARL会員数

Jarl_numberJARL News 2008 秋号の”JARL NEWS 1000号の足跡とアマチュア無線会の出来事”という特集記事(P43~)の中に、年度ごとのアマチュア無線局数のデータがあったのでMS-Excelを使いビジュアル化してみました。
赤いラインがアマチュア無線局の推移です。 『日本のハム人口はアメリカを抜き世界一位に!』などと威勢の良い事を言っていた’70年代前半の伸びや、’85(S60年)を境に急激にハム人口が増えてった様子が良く分かります。
しかしそれも’94, ’95頃をピークに下落の一途。 今年の暮れには恐らく50万人を切るレベルになっていると思われます。

青のラインが、JARL会員数です。 ほぼ、アマチュア無線局の増減に比例した傾向を示しています。 やはりこれも’94(約193,945人)をピークに下降し、今年は76,000人台。 実にピーク時の4割にまで落ち込んでいます。

因みに黄色のラインが、JARL入会率です。 JARL会員数を、全アマチュア無線局の数で割ったものですが、面白い傾向がでました。 入会率が回復してきているんです。
さて、これをどうみるか。 
最近は、アマチュア無線が本当に好きな人しか局免を更新しないと思われるので、そういう人達はJARLに入会する確率も高いのでは。
従って、じわりじわり入会率(組織率ともいうべきか)が上がってきているような...。
ただ、会員数が減っている傾向は何も変わっていないので、これでは喜べません。

続きを読む "アマチュア無線局数、JARL会員数"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »