« 冨田勲 | トップページ | ソニケア »

2008年11月11日 (火)

円高

Ws000012  実は昨日からドイツに来ています。 今年最後の海外出張です。
それにしても海外に出ると昨今の円高をしみじみ感じます。
特に円に対するユーロの下落は激しいので旅行者にはFBです。
ちょっとこの前まで1ユーロ、170円前後していたのに、最近では120円台です。
欧州統一通過ユーロがスタートした頃のレートに戻りました。
これまでは、何を買うにも割高感があったんですが、ようやく生活実勢レートに近づいてきました。
個人的には、ドイツでの生活実態を考えると、1ユーロ 100円くらいであるべきだと思っています。
良く利用するホテルのレストランでのビール価格(500cc)を例に取ると、表示価格は3.6ユーロ。
これを今年前半のレート170円で計算すると610円。
それが今では450円で一杯飲めます。
本来、スーパーで買うビール(500cc)の価格が、100円前後なので、これでも高いといえば高いんですが、為替レートがそれだけ異常だったといえます。 
今後、レートがどれだけ変わるか予想は付きませんが、円高のうちにビールを沢山飲んでおこうかと。 発想がそこにしかいきませんですHi coldsweats01

|

« 冨田勲 | トップページ | ソニケア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょうどyahooニュースでドイツのツェルティンゲンで大ジョッキ21杯を40m運んで、ギネス記録云々・・・残念ながら記録更新ならず。と言う記事が出ていたところです。

また、ポルシェを100台以上も陸送中の列車が事故で沢山のポルシェが走る前から事故車になった記事も目にしました。

ビールはやはり温いんでしょうね、でも夏と違ってそろそろ冷たくなくても大丈夫でしょうか?
沢山飲んでいらして下さい。

投稿: ja9jwl | 2008年11月11日 (火) 16時11分

ドイツでは確かに日本と違いビールをキンキンに冷やして飲む、というはしません。
全般的にこくのある味なので、それを堪能すためには、ぬるめの方が良いです。

ところでドイツのレストランには、『ビールのレモネード割り』や、『ビールのスプライト割り』など様々な種類のメニューがあります。
さすがビール先進国の奥の深さを感じさせるメニューですが、ビールのスプライト割りなどは、考えただけでも奇怪な味がしそうなので、今まで飲んだことがありません。 食べ物(飲み物)の世界にタブーはないと言われますが、やはり壊したくないイメージもありますから小生は正統派の飲み方を通しています。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年11月12日 (水) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/43069740

この記事へのトラックバック一覧です: 円高:

« 冨田勲 | トップページ | ソニケア »