« この人は誰? | トップページ | チャイコフスキー交響曲第6番 »

2008年12月22日 (月)

キリン 明治のラガー

Meiji昨日、酒屋に行ったら見慣れぬビールを発見。
ん?
ラベルを見ると『明治のラガー』とある。
その横には、『大正のラガー』も。

発売元はキリン。
缶にはキリンブランド誕生120周年を記念して明治時代のラガーを期間限定で復刻したと書いてある。
ほお~、そうか。

さてさて、明治の人はどんなビールを飲んでいたんだろう。
と、言うわけでさっそく買って帰る。 因みに価格は1本180円で他のビールよりも安め。 (価格も”特別”?)

で、風呂上がりにさっそくプチッ。
ゴクゴクゴク。
......

『う、濃い』

決して不味くはないが、味が濃いめ。

日頃、発泡酒ばかり飲んでいるので、ビールが重く感じる。
嗚呼、折角のビールが.....。

舌が、発泡酒にチューニングされていることを実感した夜でありました。catface

|

« この人は誰? | トップページ | チャイコフスキー交響曲第6番 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/43486147

この記事へのトラックバック一覧です: キリン 明治のラガー:

« この人は誰? | トップページ | チャイコフスキー交響曲第6番 »