« 『真空管式スーパーラジオ徹底ガイド』 内尾 悟著(誠文堂新光社) | トップページ | こんなんでました...(←ちと古いギャグかな?) »

2008年12月 1日 (月)

USB Sound Blaster Digital Music SX

Creat1_4ONKYOのサウンドカード SE-U55SXに我慢がならず、別のものを買い求めました。
結局、買ったのは壊れたAudigy 2 NXと同じメーカーのSound Blaster Digital Music SX

Sound Blasterシリーズなので、機能には問題はないと思ったものの、実売価格が¥10kを切る製品なので、ホントにこれでまともな音がするのか不安もありました。

何せ、Audigy 2 NXは、実売価格が¥15kくらいしていましたからね。
で、さっそく接続して音出しをしてみました。 結果は...

バッチグー!scissors 良いじゃないですか。これ。

高音質を謳っているONKYOのSE-U55SXよりも、いい音がします。
空間表現能力、音の精細さ、どれをとっても負けている点が見つかりません。
流石、サウンドブラスター! 価格を考えると、音質面では非常にコストパフォーマンスが高い製品と言えます。

次に、f特を図ってみました。

Sx_loop_back_white_noise_2

 
上図は、WaveGeneでホワイトノイズを発生させ、その信号出力をDigital Music SXの外でループバックし、同ライン入力に印加してWaveSpectraでプロットしたものです(2000sampling)。 え? と思うくらいリニアリティがあります。

因みに、ピンクノイズをループバックさせたときのチャートがこれです。

Sx_loop_back_pink_noise

理論的には20Hzのときのゲインが-40dBの箇所にあるべきなのに対して、4dBほど落ち込んでいるので、何となくこちらの方が信憑性がある感じです。ただ、それでも70Hz~20kHzまでは一直線の特性を持っているので上出来です。

これらの結果から、このDigital Music SXは、AFのスペアナ(測定装置)としても、音質の評価装置としても十分に使える製品であると感じています。

あ、それからACアダプタは付属していますが、USBからの電源供給だけでも動作するので、その点も嬉しいです。

う~ん。 ONKYOに浮気をしなければ無駄な出費をしなくて良かったのになあ...。

|

« 『真空管式スーパーラジオ徹底ガイド』 内尾 悟著(誠文堂新光社) | トップページ | こんなんでました...(←ちと古いギャグかな?) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
良いお買い物をされましたね。
USBの電源はノイズなども多めですので、ぜひ外部電源に乾電池(笑)を使って試してみてください。
恐らく、落ち着いてピューリティーの高い音になるのではないかと想像しています。付属のアダプターの代わりにしっかりした定電圧電源でも同じかな?

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年12月 1日 (月) 21時42分

>ぜひ外部電源に乾電池(笑)を使って試してみてください。

ひえ~、また電池男になってしまいそう。
現状でもなかなか良い音がしますので、当面はUSBからの電源で使い続けようと思います。

他にやることが無くなったら電池男の復活もあるうるかな??coldsweats01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年12月 3日 (水) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/43273088

この記事へのトラックバック一覧です: USB Sound Blaster Digital Music SX:

« 『真空管式スーパーラジオ徹底ガイド』 内尾 悟著(誠文堂新光社) | トップページ | こんなんでました...(←ちと古いギャグかな?) »