« Blogリンク希望者はどうぞご連絡ください。 | トップページ | 今年のJARL総会は釧路(北海道) »

2009年1月 4日 (日)

大魔王、ART Voice Channelを買う

低迷する世界経済を立て直すべく物欲大魔王は、せっせと商品を購入してます。

実は昨年の暮れ、ART社のマイクプリVoice Channelもアメリカから個人輸入しました。

これまた年末の格安品をeBayで見つけ、円高の勢いに乗り買ったものであります。

何せ日本最安値を誇るサウンドハウスでの価格の半額なんですから、嘘みたいな価格でしたHi

年末年始に簡単な評価をしたので以下インプレッションを書いておくことにします。

Vc_front1

     そもそも何故買ったのか

『世界経済の建て直し』、『安かった』は別とすると、Voice Master Pro(VMP)のバックアップです。 ここ数年メイン機として使ってきたVPMも最近動作が不安定になり、SW ONから10分くらいは音が途切れたりするため“後継機”を探していました。 そんな中、昨年の中旬に出てきたVoice Channel(以下、VC)は、『全部入り』のマシン。 

つまり、マイクプリとしての機能の他、

-コンプレッサ

- ディエッサ

- エクスパンダー(or ノイズゲート)

- イコライザ

などがついており、これ一台で一通りのことができ、何台もオーディオ機材を接続する必要が無い。 その他、

-        入力インピーダンスの可変

-        真空管プレート電圧の切り替え

-        デジタル(SPDIF) In/Out付き

といったマニアックな機能も泣かせます。

     何故、ARTなのか

実は、ART製のマイクプリでは失敗しています。 以前、Digital MPAを買って色々と試したんですが、さっぱりいい音がしないため半年も経たないうちに処分した経験があります。

音が全体的にもやっているし、そもそも真空管らしい響きがしなかったからです。 それ以来、ARTの製品からは距離を置いていたんですが、転機は昨年のハムフェア。 会場で、中古の”Tube MP Studio V3を格安でゲットしたことに始まります。 自宅に戻り音だしをしてみると、どうしてどうして結構良いじゃないですか。 (その後、あまりにも小生が言いふらしたものですから、CQ1月号上でJA1RPK川名さんも取り上げることにもなりました)

Studio V3でこれくらい良い音がしているんだから最新機種のVCではもっといい音がする筈、と考えるようになり、以来ヤフオクや、eBayなどで安値監視をしていたのでした。

Vc_front2   ■全部入りの嬉しさ

ピュアオーディオの見地から言うと、機材や配線数は少ないに越したことはありません。 そんな中、出てきた全部入りのVC

確かに“全部入り”は便利ですが、それぞれの機能が中途半端になってしまうというリスクもあるので、若干の不安を抱えながらの購入であったことは告白します。

  ■     さて、実際の音は

一発目の音出しで、驚いたことに(長年連れ添った)VMPを超えています。 驚きました。 流石、ハンドセレクト12AX7によるクラスAアンプ!

チップ部品を使わないディスクリート部品で組んだ回路の賜物か。 とにかく、エージングもぜんぜん済んでいない状態にもかかわらず倍音の乗りが素晴らしく、艶っぽさでVMPを凌駕しています。 正直、まさか....という感じです。 しかも、クラスAアンプなのに、VPMほど熱くなりません。 一番熱い箇所(天板中央部)で風呂の温度くらいです。 VMPは触れないくらい熱くなりますからね。 これは、嬉しい。

     機能は?

(1)    入力インピーダンスの可変: 150Ω~3kΩまで連続可変でき、音色がそれなりに変わるので適正値への設定の他、好みの音色づくりもできます。

(2)    コンプレッサ : 使えます。 無線用途では特に問題無い性能です。

(3)    エキスパンダ : 実用レベルです。 実は、これを一番気にしてました。 拙宅のシャックはノイズ源が多いので、S/N向上のためにはエキスパンダは必要。

             これまではエキスパンダを働かせるためだけに機材を一台継ぎ足していたのでその必要がなくなりました。

(4)    イコライザ :一応、3バンドイコライザになっているのでそれなりに使えそうですが、周波数とゲインの可変はできるものの、Band Widthの調整ができないので、アバウトな設定しかできません。 本格的に音作りをするにはちょっと物足りませんが、ま、これもそれなりに使えるでしょう。 (小生、そもそも最近はイコライザを殆ど使用していないので、特に困りませんHi)  

(5)    アウトプットレベル調整 : これが欲しかったので満足。 コンプレッサ処理などをした後、無線機への最終的なゲインを調整できる機能が欲しかったので、これは大満足。(普通のマイクプリには付いている機能ですけど)

     結論

まだ、エージング途中ですが、このVC(Voice Channel)、まずまず使えます。 何せ日本円で3万円台で手に入れたものなので、コストパフォーマンス的には評価が高くなってしまいます。 現時点の満足度としては、82点くらいなので、一応合格点です。 

実は、最初の音出しの時、入力ゲインの調整つまみを回したら、いきなりガリっていたので『ああ、アメリカンクオリティーだ....』と思ったんですが、その後、弄っているうちに直ってしまいました。 今後、評価を進めてゆく中で、更にポイントが上がるかもしれませんし、逆に下がるかも知れませんが、以上がファーストインプレッションです。

PS: 実は、先日紹介したマイクAT4060での収録には、このVCを使いました。

|

« Blogリンク希望者はどうぞご連絡ください。 | トップページ | 今年のJARL総会は釧路(北海道) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

VCの評価、まずまずのようですね。真空管を変えたりするともっといろいろと変化するのでしょうけど、まずはエージングですね。
クラスAアンプ・・・ということで注目の一台ですがVMPよりも良いとなるとC/Pは素晴らしい・・・ということになりますね。
先日の写真でVMPよりも触りやすい位置にVCが鎮座していたので「!」って思っていたのですが、やはり・・・・。

VMPはスッキリ(素っ気ないとも言う)なのでVCの倍音が豊かなのはかなりの差で聞こえそうですね。
マイクプリアンプに求めるものが異なると評価は分かれると思いますが、無線用途には倍音バリバリの方が良い結果になるんじゃないでしょうか?
VCかぁ・・・・新年早々グラグラしました。

投稿: JI1ANI 福井 | 2009年1月 4日 (日) 18時36分

>先日の写真でVMPよりも触りやすい位置にVCが鎮座していたので「!」って思っていたのですが

VCの方が触り甲斐があるので、やはりすぐ手が届くところに配置しました。ご拝察のとおりです。

VCはARTのラインナップ上、Digital MPAの下位にあり、細かなスペックを見ると劣っているので、その面では値段相応と言えますが、音は完全にMPAより上位にあります。 やはり、昨年発売された最新機種という強みがそこにあるのだと思います。

>VCかぁ・・・・新年早々グラグラしました。
何せデジタルで音を取り出せますからね~。 デジタルですよ、デジタル!
ひゅ~どろどろどろ~。 (物欲フォースを荻窪に向け発信中) happy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2009年1月 4日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/43636345

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、ART Voice Channelを買う:

« Blogリンク希望者はどうぞご連絡ください。 | トップページ | 今年のJARL総会は釧路(北海道) »