« たまには画像だけのBlogも。 | トップページ | 真空管交換による音の変化 »

2009年1月26日 (月)

土俵でガッツポーズなんてするなよ!

Ws000000朝青龍が優勝しました。

引退覚悟の場所での優勝なので、立派な成績だったと思います。

しかし、彼の土俵での振る舞いにはいつも違和感を覚えます。

■だめ押し

■感情むき出し

■土俵でのガッツポーズ

相撲を他の格闘技やスポーツのレベルに貶めるような行為です。

言うまでもなく相撲の由来は神事であり、土俵上での所作なども含め本来、神聖なものです。

また、敗者をいたわる『惻隠の情』が前提にある日本独特の武道とも言えます。

横綱は心技体が備わった強者に与えられるものであり、ただ強ければいいという訳ではありません。 誰からも尊敬されるような、人間性を具備しなくてはならない存在であり、勝った後に相手を睨み付けるなど以ての外です。 

朝青龍には、技と体はあっても、品格と心が全く欠落しているので、とても応援する気持ちにはなれません。  正直、朝青龍が負ければ気分が晴れます。

とはいえ、そんな憎たらしい朝青龍に互角以上に戦える日本人力士はいないわけであり、ここ数年は悶々としています。

ただ、唯一彼を尊敬できる点を挙げるとすれば、あの勝負への拘り。

『相手を殺す』ような気迫で望む姿勢は、突出しています。

日本人にはああいう”狩猟民族”、”遊牧民族”由来の凄みはちょっと期待できませんね。

外人だからできるのかなとも思っています。

早く日本人横綱が誕生しないかなあ....

|

« たまには画像だけのBlogも。 | トップページ | 真空管交換による音の変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

土俵でガッツポーズなんてするなよ!
全く同感です!!
謙譲の美徳が理解出来ないなら相撲をやってはいけませんね。

強さの裏で人一倍の努力はしているのでしょうけど・・・。

投稿: JO1KVS | 2009年1月27日 (火) 22時57分

>謙譲の美徳が理解出来ないなら相撲をやってはいけませんね。

親方の教育も悪かったのだろうと思います。
『勝てば良いんだろう?文句あっか!』という意識にしてしまったのは、ちゃんと力士としての教育をしなかった協会にも責任があります。
ただ、同じモンゴル出身力士でも、日馬富士や、旭天鵬はちゃんとしていることを考えると、個人の問題が一番大きいと思っています。

朝青龍が土俵に叩きのめされ、悔し涙を流すほどの屈辱を与える日本人力士が出てきてくれることを期待して止みません。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2009年1月28日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/43854727

この記事へのトラックバック一覧です: 土俵でガッツポーズなんてするなよ!:

« たまには画像だけのBlogも。 | トップページ | 真空管交換による音の変化 »