« YAHAアンプ (とりあえず)完成! | トップページ | お一ついかが? »

2009年2月11日 (水)

DMSの改良

DX9000D用に作ったマイク信号用インターフェイスDMS-03(大魔王スペシャル三号機)の改良を行ないました。 そもそも回路自体がシンプルなのであまり手を加えるところは無いんですが、『0.1点でも音質をアップ』させるための悪あがきですHi。

Caps_2■カップリングコンデンサ

 DMS-03と、DX9000との間には、”赤い悪魔”Dynamicapをカップリングコンデンサとして使用しています。 現在、これ以上の音質を持ったコンデンサは無いと個人的には思っています。 ただ、価格が高い(というか、高すぎる!)のが玉に瑕です。 入手できる容量は10μFが最大値です。

DX9000との相性を考えると最低40μFは欲しいんですけど、Dynamicap 10μF4個買う勇気も、財力もないので不足分は安価なニチコンのミューズで補ってトータル40μFを確保していました。

これまでの経験から、例えば40μFのコンデンサを1個使うよりも20μF2個使う方が音質が良くなる傾向があるので、今回色々な容量のコンデンサを合成しカップリングコンデンサを構成することにしました。 使用したコンデンサは次の通り。

1. Dynamicap 10μF

2. ニチコンミューズ 無極性 33μF

3. マロリー 2.2μF

4. フィルムコン 0.1μF

異なった容量を組み合わせることで、低域~高域までバランス良く音声を通過させることを狙っています。 特に"4"の小容量のフィルムコンは、高域の伸びを少しでも良くしようと考え入れてみました。 聴感上、期待通り高域の抜けは良くなりましたが、SSBの帯域では有意差は無いと思いますcoldsweats01。 

ま、完全に自己満足の世界ですが、やれることはやったという達成感は(とりあえず)ありますHi

2SK170 クワッド・ソースフォロワ

 アンプの理想は、ハイ受け、ロー出し。

つまり、入力インピーダンスは高く、出力インピーダンスは低く、です。

その意味でFETは理想的なデバイスです。 しかし、DMS-03FT DX9000に接続して分かったことですが、DX9000DSP Unitの入力インピーダンスが思いの外、低いため100Hz以下の領域のゲインが低下します。 このゲイン低下を抑えるためには、DMS側の出力インピーダンスを更に下げてやれば良いのではないかとかねてより考えていました。

2sk170_socket因みに、ソースフォロワ回路におけるFETの出力インピーダンスは、『1/アドミタンス』。 データシートによると、2SK170の順方向伝達アドミタンスは、22mS

(うっ。 昔、学校で習ったときは『モー』と言っていたのに、今はシーメンスと呼ぶようで....)

この逆数をとると、2SK170の出力インピーダンスは、約45Ωということになります。

これだけでも結構低い数字ですが、従来は2SK170をパラレル接続していたので、実際の出力インピーダンスは約22Ωでした。 

(因みに、マイクアンプにおけるFETのパラレル接続回路は、CQ2006 7月号 97頁に紹介されています)

さて、今回の目的はこれまで以上にFETの出力インピーダンスを下げることです。 ただ、あまり並列の段数を増やすと入力インピーダンスが低下してしまうので限度があります。 そこで最終的には、『4パラ』とすることにしました。 これにより、出力インピーダンスは約11Ω、一方、入力インピーダンスは数MΩを確保できます。(FET単体の入力インピーダンスは最低でも10MΩはあると思われる由)

今回FETの段数を増やすにあたり、FETの抜き差しが簡単に出来るようICソケットを使いました。 これにより、FET5つまでパラ接続できます。 

ところで、FETの並列段数を増やすことにより狙っていたことに音質の向上があります。 結論から先に言いますと、FET シングルの時より、複数接続の時の方が音が良くなります。 今回、クワッド接続したときの音を評価してみましたが、シングルの時よりも格段に抜けが良くなります。シングルの時はピークが抑えられたどん詰まりのような感じで聞こえますがクワッドだと、開放感が増し、スカッとします。 瞬時電流供給能力が向上したが為かと思います。 

今回自分のやったことを振り返ると、コンデンサも、FETも『パラレル接続』でした。う~ん、芸がないと言うべきかcoldsweats01

|

« YAHAアンプ (とりあえず)完成! | トップページ | お一ついかが? »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

パラレルと言うよりオールスターですね。
カラフルでステキです。

投稿: JO1KVS | 2009年2月12日 (木) 22時00分

はい。 これで、あとオレンジと青があれば更にカラフルになるんですが、ま、この程度でやめておきますcoldsweats01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2009年2月13日 (金) 06時40分

ども。
なんか配線の電線もやけに古ぼけたヤツがみえますが・・・・
もしかして年代物では?

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年2月13日 (金) 21時03分

>もしかして年代物では?

よ、よくぞ見破ったな、武蔵....。
はい。電源系統は全てウエスタンエレクトリックの絹巻きエナメル線に交換しました。
音源を包み隠さず暴き出す電線と言われています。

あまりにも際物的な部材なので実は伏せておいたのですが、ばれてしまいましたね。
いや~、良いものは良いですよ、やっぱ。

オーディオ無間地獄の住人より。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2009年2月13日 (金) 21時27分

あは。
やはりWEですか? あの寝ぼけた色合い、一度みたら忘れませんよ。
私も15cm程度の配線で変わった(と自分では感じている)経験があるのでわかります。
しかしWEとは・・・・。スイッチ入っていますねぇ・・・。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年2月13日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/44034437

この記事へのトラックバック一覧です: DMSの改良:

« YAHAアンプ (とりあえず)完成! | トップページ | お一ついかが? »