« FT DX 9000 Owner's Lounge | トップページ | 大魔王、クリーン電源Aray6 MKⅡを試聴す  »

2009年3月 1日 (日)

PEP9000

Pep001_2昨日、WDXCからDX9000Dが退院してきました。 これで約一ヶ月ぶりに無線へ復帰できることになりました。

WDXCの人の話によると、既にPEP9000は、国内でも1月から出荷を開始しているとの事でした。 つまり、今年になってDX9000を新規に購入したオーナーは、最初からPEP9000を手にしていることになります。

自分のリグがPEP9000対応かどうかを外見から見分けるのは、リアパネルにある『シール』。 (左写真参照)

このシールが、PCB交換&ファームのアップデートがされていることの証になります。(ファームについては、電源投入時のボタン操作によりユーザー側で確認することが出来ます)

ところで、PEP9000のマニュアルはまだ出来ていないので、当面は手探りで使うしかありません。 ただ、大半の機能向上がDSPに関わる部分なので、NB, DNF, DNR, CONTをいじれば、どう変わったかがすぐに実感できます。 PEP9000への対応が先行して行われたアメリカでは、eHam.net上に、ポジティブなレビューが沢山書き込まれています。 

実は昨晩、PEP9000を使っている北海道の局とQSOをしました。 先週、手に入れたとのことでしたが、今後、PEP9000同士でのQSOを通し、色々な意見交換をする機会が増えるのではないかと思っています。

因みに、PEP9000はあくまでも改良版かどうかを示すものであり、『FT DX 9000』というモデル名自体は、変わらないようです。

|

« FT DX 9000 Owner's Lounge | トップページ | 大魔王、クリーン電源Aray6 MKⅡを試聴す  »

FT DX 9000D」カテゴリの記事

コメント

この日を待っていました...
レポート お待ちしておりますlovely

投稿: JP1LMD 中澤 | 2009年3月 3日 (火) 23時48分

ん? 当局のDX9000が、"PEP9000"とは一言も言ってないんですけど....バレバレですかね。

受信レポートは、折を見て当Blogで紹介したいと思っています。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2009年3月 5日 (木) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/44209123

この記事へのトラックバック一覧です: PEP9000:

« FT DX 9000 Owner's Lounge | トップページ | 大魔王、クリーン電源Aray6 MKⅡを試聴す  »