« ヘッドフォンスタンド | トップページ | イヤフォンケーブルの巻き取り »

2009年5月20日 (水)

可聴周波数域チェッカ

Ws000002 年齢とともに聞こえなくなってくる高い周波数。
今、自分が何Hzまで聞こえるかを確認できるフリーソフトがあります。
可聴周波数チェッカ』です。

大魔王、これまではWaveGenを使い簡易的に耳の感度を確かめていました。 しかし、Wavegenでは連続したサイン波しか出力できないので、本当に聞こえているのか疑わしいところがありました。 この可聴周波数チェッカの優れているところは、ランダムに発生する信号の断続パターンを聞き取り、何回聞こえたかを回答する方式なので、本当に聞こえていたかどうかを判断できる点です。

この手のソフトには目がない大魔王、早速インストールして試してみました。
結果、上は16,300Hzが限界周波数でした(ヘッドフォンを使い試験)。 う~ん。五十肩に悩んでいる年代としてはこんなものか......。

一般に人間の可聴周波数は20~20,000Hzと言われているので、本当はもう少し聞こえるのではないかと期待していたんですが、結果は16kHz止まり。
う~ん。多分若いときはもっと上の周波数が聞こえていたんだろうなあ...などと切ない敗北宣言。sad

ついでに、低い周波数を確かめてみたら、これは20Hzがしっかり聞こえたので scissors
もっとも20Hzは、聞こえると言うよりも肌で感じる領域に近いですが....

何Hzまで聞こえるかは人それぞれですし、聞こえたからといって音の識別能力があると言う訳でもありませんが、とりあえず今、何Hzまで聞こえるかを知っておくことは、話の種として面白いかも。
或いは、単に加齢を感じさせる悲しいアプリかも....coldsweats01

|

« ヘッドフォンスタンド | トップページ | イヤフォンケーブルの巻き取り »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/45069733

この記事へのトラックバック一覧です: 可聴周波数域チェッカ:

« ヘッドフォンスタンド | トップページ | イヤフォンケーブルの巻き取り »