« 7,110~7,120kHz付近のCW | トップページ | 無念...日食 »

2009年7月22日 (水)

偉大なり! 浜村淳

30 小生、関西出身者ではないんですが実は『浜村淳』のファンなのです。
映画評論など様々な分野で活躍していますが、特に毎日放送のラジオ番組『ありがとう浜村淳です』が昔からのお気に入りです。

冬場だと茨城でも何とか受信できるんですが、流石に夏場はダメです。
ただ最近はありがたいことに番組がインターネットで毎日配信されているのでフェージング、ノイズに悩まされることなく聴取できるようになりました。

番組では、時事ネタ、事件ネタ、芸能界ネタを中心に浜村淳節が炸裂しています。
今年74歳ですが、恐ろしいまでの滑舌の良さ、噛まない語りは見事です。流石、話芸の達人です。

一方、永六輔。
TBSラジオの土曜ワイド『永六輔その新世界』は以前から聞いていますが、最近は永六輔の語りがまるでなっていない。
ろれつが回っていないため何言っているのか分からないことがしばしば。 しゃくれ顎なのでもともと滑舌が良い方ではないのですが、『語り』が売り物のラジオ番組で聞き取れない発声をすると言うことは聴取者に対して失礼だと思ってます。

この両者、年齢は殆ど変わらないのに、かたや完璧の語り、かたや何言っているのか分からない語り。
決して『老い』自体を責め立てている訳ではないのですが、『語り』で食っているからにはプロとしての引き際も大事かと思うのであります。
三遊亭円楽が脳梗塞の後、壮絶なリハビリをして復帰したにも関わらず本人が満足の行くレベルに達しないと自覚するや、『これでは申し訳ない』と言ってパッと身を引いた潔さは芸人の職業倫理の高さを感じたものです。

あ、ここでは永六輔をつい引き合いに出してしまったのですが、今回の主題はあくまでも浜村淳です。
この人、どうしてこうも『噛まない』のかといつも感心してしまいます。 さすが関西芸人とでもいうべきか。 
もし、『ありがとう浜村淳です』を聞いたことがない方は、上記毎日放送のHPからネット配信を一度聞いてみて下さい。

はたして、自分は74歳でこの語りが出来るであろうか。
無線を続けていれば、口の筋肉も鍛えられ少しはスムースに話せるかな?
でもその前に74歳まで生きているかどうかが問題か....coldsweats01

|

« 7,110~7,120kHz付近のCW | トップページ | 無念...日食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/45705997

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なり! 浜村淳:

« 7,110~7,120kHz付近のCW | トップページ | 無念...日食 »