« 真実は隠れたところにある。 | トップページ | 味わいミックス (鈴木芳喜堂) »

2009年7月 6日 (月)

どうだ、参ったか!

Ahd7000_2 悪い性格は遺伝するが 趣味は遺伝してくれない、と日頃愚痴っている大魔王。
無線とかオーディオに興味を持ってくれたら、そのまま今の機材を引き渡せるのに....と思ってはいるものの、どうやら出来ない相談のようで。

そんな中、息子がiPhone用にイヤフォンを買ってきました。
余りこだわりはないようで、これまで使ってきたiPhone付属のものより少しは良い音で聞こえるのでは? 程度の気持ちで買ってきたようです。

それを聞いたとき、『よし! この機会に本物の音を聞かせてやろう!』という大いなる征服欲がめらめらと湧いてきました。

因みに息子が買ってきたのは2,500円のSONY製のインナー型イヤフォン。 大魔王が以前持っていたイヤフォンの後継機種なので音の傾向は大体想像できます。 このイヤフォンに同じインナータイプのKlipsch X10をぶつければ圧勝なのは目に見えてます。 とはいえ、本人が気に入って買ってきたイヤフォンに、いきなり最高峰クラスのものをぶつけるのも可哀想なので、『おまえ、ヘッドフォン持ってたよなあ?』と、ヘッドフォン対決に路線変更する。   

けげんな表情を浮かべながら息子、二階からヘッドフォンを持ってくる。 Victorの3,000円くらいのものです。 当人曰く、『これ、結構いい音するんだ』。
ぷっ。
そんなヘッドフォンでいい音するわけ無いだろ、と内心思ったものの、『ふ~ん』と聞き流す。

先ずは、そのヘッドフォンで日頃聞いている音楽を聴かせる。 本人は、いつもの音なので満足している模様。
ふふふっ...馬鹿め。 目に物を見せてくれるわ。(耳にものを聞かせてやるわ...かな?)

で、大魔王が引っ張り出してきたのはDENONのAH-D7000
以前使っていたSONYのSA-5000を処分して買ったヘッドフォンです。 音のバランス、空間表現力がずば抜けて良いヘッドフォンです(...と、思ってます)。
息子よ、今まで如何に偽りの音を聞いてきたかを分からせてやる!(...我ながら異常なまでの執念)。 

『これで聞いてみな』と言ってAH-D7000を渡す。
息子、ヘッドフォンをしげしげと見ながら装着し音楽を再生する。
....
一瞬の沈黙。
その後、息子の口元がみるみる緩んでゆくのが見える。 しあわせそうな顔をしながらこちらを見てる。lovely

『どうだ?』
『なにこれ。 音が....』と息子。
『本来の音はこれなんだよ。 今まで聞いてきた音とは随分違うだろう?』
『うん。 ぜんぜんちがう』
...勝負あった。

どうだ、参ったか! と内心ほくそ笑む。
オーディオに殆ど興味が無かった息子が、音に対して純粋に感動している姿をみてこちらも嬉しくなりました。
 
さて、はたして息子はオーディオの世界に入ってきてくれるのだろうか。 
それにしても、オーディオ素人の息子にいきなり、マニアックな製品をぶつけたのは少々大人げなかったかな....coldsweats01

|

« 真実は隠れたところにある。 | トップページ | 味わいミックス (鈴木芳喜堂) »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

まったく,金に物を言わせて,大人気ない...Hi
でも,なんか判るよ.

投稿: YB3ASM/JJ | 2009年7月 6日 (月) 10時31分

ホンモノを知ることは人生の中でとても大切なことだと思います。
そのことが伝わるといいですね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年7月 6日 (月) 20時47分

教育は、本物を見せること。
本物しか使ってはいけないということでもなく。
大正解ですね。

価値さえ判れば卒業祝いにX10で涙ものですね。

私も無線機、マイク、電鍵、最高のものを使わねば~~~。

投稿: JO1KVS | 2009年7月 6日 (月) 22時57分

各位

大人げないとは感じつつ、ついムキになってしまいました。
こんなに面白いことなのに何で興味が無いの? という(自分勝手な)思いがありまして...。

本物には感動がありますが、往々にして高価なので、そこが悩ましいところです。coldsweats01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2009年7月 7日 (火) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/45552374

この記事へのトラックバック一覧です: どうだ、参ったか!:

« 真実は隠れたところにある。 | トップページ | 味わいミックス (鈴木芳喜堂) »