« こて先の交換(その2) | トップページ | MOTHERS マグ&アルミニウム ポリッシュ »

2009年9月12日 (土)

大魔王、Pioneer F-777を買う

F777_a かねてより狙っていたPioneerのFM/AMチューナー F-777が手に入りました。
感度、性能共にこれまで発売された国産チューナーの中でもトップクラスと言われているものです。
1992年発売。 販売中止になってから随分と経っていますが、今でも中古市場で人気があります。 
 
ところで大魔王がこのチューナーを狙っていた大きな理由はもう一つあります。 それは『AMステレオ放送』が聴ける点です。
家にはラジオ、チューナーが20台以上ありますが、AMステレオ放送を再生できるものが一台も無いので、以前からこのチューナーを狙っていたのでした。
 
そして先日、遂に自分の納得できる価格でゲット。 前オーナーが喫煙者だったため、表面はタバコのヤニで変色していましたが、動作は問題なし。 因みに、表面のヤニ落としに20分掛かりました。 こんなしつこいヤニが喫煙者の体内に毎日蓄積されているのかと思うと『ぞ~っと』した次第 coldsweats02。 (タバコやめてよかったあ~)
 
現在AMステレオ放送をしているのは、関東ではTBS、文化放送、ニッポン放送の三局のみ。 片側波だけで12kHzも使っているNHKはモノラル放送しかやってません。 勿体ない。
 
で、早速つくばで一番強く聞こえる文化放送(1134kHz)を聞いてみました。
♪いや~、ステレオ放送は良いですね~。
IF BAND幅をWIDE(約9kHz)に聞くと、ホント、FM並の音質で聞こえます。
今のAM放送の音質は凄い!、とつくづく感じました。
 
9/13追記: AMステレオ放送を収録してみたので興味のある方は下記をどうぞ。 ファイルの長さはそれぞれ1分です。
サンプル1(演歌:演奏+ボーカル): 

「am_stereo_music.mp3」をダウンロード


サンプル2(楽器演奏のみ):

「am_stereo_music2.mp3」をダウンロード


ヘッドフォンで聴くと左右の音がちゃんと分離しているのが分かるかと思います。
『ステレオ放送なんだから左右から別々の音が聞こえてくるのは当たり前』と言われると返す言葉もありませんが、中波放送でステレオ放送というのは嬉しいのでつい....coldsweats01

|

« こて先の交換(その2) | トップページ | MOTHERS マグ&アルミニウム ポリッシュ »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/46192565

この記事へのトラックバック一覧です: 大魔王、Pioneer F-777を買う:

« こて先の交換(その2) | トップページ | MOTHERS マグ&アルミニウム ポリッシュ »