« 10MHz Double oven ultra precision OCXO | トップページ | パソコン新調 »

2009年10月 2日 (金)

使うあてのないFDD

Fdd このFDD、欲しくもないのに売りつけられました。
本来欲しかったのは、WindowsXP home edition。
通常のパッケージ版を買うと2万円以上します。
 
どこかに安い物は無いかといつもの通りネットを検索すると、『DSP(OEM)版』というものが存在する事を知りました。
価格はパッケージ版よりも5,000円以上安くなっています。
 
はて、これは如何なる品物か? 安いものには訳がある筈。
色々調べてみるとこのDSP版、パソコン部品とのセット販売を前提として売られているものでした。
例えば、メモリと一緒だったり、今回のようにFDDであったり。
 
一般にWindowsがプリインストールされたパソコンを購入するときには、Windowsを単体で買うときより安く入手できるわけですが、それを拡大解釈したものがこのような形態で市場に出回っているようです(合法的に)。
 
サポートを一切受けられないとか、Product Keyシールを無くすると再発行をして貰えない(再インストール出来なくなる)といった不都合はありますが、通常に使っていればHDDが壊れるまで使える訳ですから、今回割り切って購入することにしました。
 
で、ビックカメラのレジで、ハードウエアは何をお付けしますか? と尋ねられたので一番安いFDDを選んだ、というのが事の顛末です。
FDを使うあては全然ないのに、結果的に買わざるを得ない。 
...非常に理不尽な思いをしたのででありました。
 
Xphmsp2b で、買ったのがWidows XP Home Edition Sp3 (DSP版)。
家に持ち帰りパソコンに早速インストールしたところ、全く問題なく動作しました。
やはり、Vistaに比べ軽快に動きますね。 RAMの使用量も少ないし。
近々、新OS Windows7が発売されますが、何故、二世代も前のXPを買うのか?
はい。 それは全てPowerSDRの為なのであります。
 
はあ~gawk 新しいオモチャにはお金が掛かるなあ....
 

|

« 10MHz Double oven ultra precision OCXO | トップページ | パソコン新調 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/46368079

この記事へのトラックバック一覧です: 使うあてのないFDD:

« 10MHz Double oven ultra precision OCXO | トップページ | パソコン新調 »