« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月に作成された記事

2009年10月31日 (土)

ぎざ十 (ぎざじゅう)

10_yen_2 ときどき、自動販売機の前で10円玉を取り出すとき、ぎざ十があるかどうかをチェックしています。
 
当然ながらギザ十があった場合には、使わずとっておくようにしています。
写真は、そうやって貯めたギザ十の一部です。
 
このBlogの読者には、ギザ十の説明は必要ないと思いますが、最近では流石に流通量が少なくなっています。
最後のギザ十が昭和33年ですから、実に50年以上前という事になります。 
 

続きを読む "ぎざ十 (ぎざじゅう) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

東京モーターショー 2009

Ev_1 に行ってきました。
既にマスコミなどで報道されているとおり、今回のモーターショーは、世界的な景気後退のため出展社数は前回の半分程度です。 特に海外企業の出展はたったの3社で、ベンツもBMWもVWも出展していません。 会期は短縮され、出展数は減るわで非常にお寒い開催となりました。
ただ、観客数は半減していないようで会場内はそこそこの入りでした。
 
さて、今回の目玉は、ハイブリット車と、電気自動車でした。
前回(2年前)も展示はありましたが、リーマンショック以来、一気にエコカーへ投資対象がシフトしたことが分かる展示となっていました。
 
今年は、トヨタのプリウス、ホンダのインサイトがエコカー減税の波に乗り、販売好調なほか、三菱が世界初の電気自動車iMiEVを量産開始したので、市場が一気に活気づきました。
特に電気自動車は市場参入しやすい分野なので、『スモール・ハンドレッド』と呼ばれる数多くの小さな企業が大手自動車メーカーの牙城を崩そうと市場参入しています。 まるで戦後、雨後の竹の子の如く乱立したバイクメーカーのようです。 ホンダもそのスモールハンドレッドの一つでした。

続きを読む "東京モーターショー 2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

エンデュアランス号漂流

これ、実話を元にした作品ですが、これこそ『事実は小説よりも奇なり』を代表するような物語です。
 
南極点到達という偉業をアムンゼンに越されたイギリスの探検家サー・アーネスト・シャクルトンは、世界初の南極大陸横断の冒険に挑戦する。 時は1914年12月。 第一次 世界大戦が勃発した年だ。 隊員28名を乗せたエンデュアランス号は南極大陸に向かったが、行く手を氷に阻まれて遂に船は航行不能となる。 ついには船は氷により圧壊。 以後、巨大な氷の上に乗ったままの漂流を余儀なくされてしまう。        
 
沈む直前のエンデュアランス号から三隻のボートと食料などを運び出した隊員たちは、捕鯨船が立ち寄る南極大陸の突端を目指し流氷の上を徒歩で進む。 外は氷点下40℃以下。 吹きすさぶ強風。 寒さで凍傷になる隊員が続出する。 食料も底をつき始める。 ライフルの弾を節約するためアザラシを撲殺する。 肉は食料に、油は貴重な燃料になった。 アザラシの脂は特に貴重だった。 脂がなければ食料を調理できないからだ。アザラシが出現しなくなると餓死への恐怖が日々隊員に襲いかかる。 ついには、南極横断の犬ぞり用に帯同していた犬も食べざる終えなくなる。 途中、ペンギンも捕獲し何とか食いつないだ。 
 

続きを読む "エンデュアランス号漂流"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

ノンアルコールビール

Non_alchole_beer_3 9月末に2種類が加わり、最終的に大手4社からアルコール0.00%の製品が出揃いました。
近くのスーパーで全種類扱っていたので早速買ってきました。(飲んでも酔わない酒は酒と認めない大魔王、あくまでも興味本位で買ってきたのでありました)
 
正直、日本のノンアルコールビールにはこれまで良い思いをしたことがありません。
一言で言うと『不味い』。 過去ことごとく期待を裏切られてきました。
 
それに比べ、ドイツのノンアルコールビールは、ちゃんとビールの味がしました。
ただ、0.5%くらいのアルコールは含まれていたので、厳密にはノンアルコールという訳ではありませんでした。
ま、日頃からビールを飲んでいる人にとっては、二、三本飲んだ程度では酔わないので実質的にはノンアルコールでした。
 
さて、さっそく買ってきた製品のテイスティングをしてみました。
以下簡単なレビューです。
 

続きを読む "ノンアルコールビール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

安達太良山

Adatara_2_2 日頃の罪滅ぼしを兼ね今日は家族で、福島県北部の安達太良山に紅葉見物に行ってきました。

初の高速道路千円の利用です。
現在、麓の二本松市では菊祭りが開かれているので、混雑を予想したんですが、幸いにして渋滞には巻き込まれませんでした。
 
我が家から目的地までは約230km。
途中休憩を挟んでも2時間半で着いてしまいました。
 
しかし、現地は生憎の曇り空。 気温は9℃。 
紅葉もピークを少し過ぎていた為、ちょっと残念な紅葉見物となりました。
う~ん、もう少し情報を収集してから行けば良かった。
 

続きを読む "安達太良山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

直流安定化電源 (DC12V 1.35A)

Dc_supply_0 を、ヤフオクで落としました。

スイッチング式ではない、昔ながらの大きなトランスを使用したものです。
効率は悪いですが、スイッチング電源にはないある効果を狙っての購入です。
 
電源で音質が変わる、という実験はこれまで何度となくやってきていますが、つくづく電源とは、『電気の源』であり『全ての根源』なのだと感じています。  
 
アンプを例に取るとアンプとは、
入力された微少信号に基づき、時間軸方向に直流電圧を変調してやる装置と言えるので、その直流電圧(電源)のクオリティが音質に影響を与えるのは当然と言えます。 それがオカルト話ではなく事実だからこそ、オーディオ製品の電源部には、あれほど気を遣った設計と、コストが投入されている訳です。
 
さて、DC電源ですが、最近はお店に行ってもスイッチング式のものが主流になりつつあります。
ノイズをまき散らす欠点はありますが、小型でありながら大きな電流が取り出せ、しかも価格も手ごろですから一般の用途(モーター、電熱器、照明など)には向いています。 
 

続きを読む "直流安定化電源 (DC12V 1.35A)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

アンテナの方向修正

Ant_before 10/8に襲来した台風18号により『あっち向いてほい』状態になっていたアンテナの修正を今日おこないました。
 
ローテータの針の位置と、実際の位置が55°も違ったのでは精神衛生上スッキリしないですし、上のアンテナと下のアンテナの向きがズレているとみっともないですからね。 ずっと気になっていました。
 
タワーを一番下まで下ろし、ローテータも見ると、ボルトとナットだけが異様にピカピカしていました。
二年半ほど前に、マストの締め付けに使うボルト、ナットをステンレス製に交換していたからですが、交換しておいて正解でした。
未だに錆一つ無くありません。(当たり前か....)
 

続きを読む "アンテナの方向修正"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

流れる星は生きている

Nagareru_2 戦後のベストセラーとして有名な本ですが、遅まきながら読みました。
読了後の感想。 『壮絶』、これに尽きます。 圧倒されました。

作者は新田次郎の妻であり、数学者 藤原正彦の母でもある藤原てい。
ストーリーは、昭和20年8月9日の夜から始まっている。ソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄して突然満州に攻め込んだ日だ。
それまでの平和な生活が突如として壊された。 

夫を収容所にとられた妻(てい)は、長男正広(6歳)、正彦(3歳)、それに生まれたばかりの咲子を背負っての脱出を余儀なくされた。
戦後の大混乱の中、満州から朝鮮半島をわたり日本に帰還するまでの地獄のような日々を綴った文章に息が詰まる。

続きを読む "流れる星は生きている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

フィンペシア(finpecia)

Finpecia フィンペシアと聞いても知っている人はまず、いないでしょう。
先月、このBlogで紹介した『飲むハゲ薬』プロペシアのジェネリック製品です。
 
プロペシアが一錠250円するのに対して、このフィンペシアは一錠25円と、値段は1/10です。
さすが、ジェネリック。
 

続きを読む "フィンペシア(finpecia)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

大魔王、戦車に試乗す

Tank_3 昨日、陸上自衛隊 土浦駐屯地にある武器学校のイベントに参加してきました。
毎年開かれている一般開放の日に合わせてのものですが、ローカル局に誘われ初めて行ってきました。
 
土浦は、もともと海軍の予科練があった場所として有名ですが、現在は兵器の整備や不発弾の処理などを学ぶ陸上自衛隊の学校になっています。 因みにこの施設は、今年で開設57周年とのことです。
 
今日、一番のお目当ては戦車の試乗でした。
普段、乗る機会が無いですからね。(あたりまえか)
 
試乗の整理券は既に無くなっていたのですが、待てば乗れるとのことだったので取りあえず行列の最後尾に並ぶことに。
そして待つこと約一時間。ようやく試乗できることになりました。
戦車上部には、試乗用の特設席が設けられており、観客は9人乗れるようになってました。
 

続きを読む "大魔王、戦車に試乗す"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

くっさ~い。 それで帰ってきたの!?

Hansei とは、昨日の家内の第一声。
昨日の昼は、品川区の公園で会社のバーベキューパーティーに行っていたのでした。
10:30から15:00迄しこたま飲んで、食べて帰ってきました。
 
ニンニクをアルミホイールに包んで焼いたものを食べたり、薪で火をおこしている場所の近くにいた為、口からはニンニク臭、体は煙くさい状態になっていたのでありました。
 
で、家に帰ってリビングに入るなり、タイトルのセリフが。 続けて、
『電車の中の人に嫌な顔されなかった?』と。
う~ん、殆ど酔っぱらって寝ていたから分からない。
考えてみると、モノレール、山手線、つくばエクスプレスと乗り継いで来たのでさぞ.....
 

続きを読む "くっさ~い。 それで帰ってきたの!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

OCXOの校正

10mhz_calibration_2 とりあえず実用に耐えうるレベル(1Hz)を目指し周波数校正をしてみました。
手元にある装置で一番正確と思われるのがFT DX 9000Dなので、これを『神様』と定めての校正です。  
                                                    
<『神様』の正しさを検証する>
まずは、『神様』で標準電波局wwwの10MHzを受信。
朝、QSBはあるものの59+10dBで入感していました。

モードをLSBにし、10.000MHzから離調させると、当然ながら離調した周波数に相当するビート音が聞こえます。
例えば、10.000MHzから30Hz上に離調させると、30Hzのトーンが聞こえるので、それをWaveSpectraでモニタします。
 

続きを読む "OCXOの校正"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

10MHz Double oven ultra precision OCXO(其の参) こんなんなりました~

Ocxo_box_0 生来せっかちな大魔王。 今日、組み上げてしまいました。
左は完成後の写真です。
ケースの孔あけと、配線で約3時間掛かりました。

最初、電源部を内蔵することも考えたんですが、電源による音質などの変化も試せるように、外部から電源を供給出来るようにしました。 ケース内部には、電源安定用に大容量のコンデンサ(6800μF: super Through ニチコン)などを搭載してます。

続きを読む "10MHz Double oven ultra precision OCXO(其の参) こんなんなりました~"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

10MHz Double oven ultra precision OCXO(其の弐)

Ocxo_2 今週はせっせと周辺の部品を集めていましたが、やっと揃いました。
やはり剥き出しのままだと格好が悪いですからね。
 
因みに、このDouble oven ultra precision OCXOは、eBayで$45でした。
それを収める為に今回買ったケースは、千石電商で\660。
ACアダプタ(12V 2.5A)が\800。
その他、細々とした部品で\1,000くらい。
とうわけで部品代の総額は、\6,500となりました。
 

続きを読む "10MHz Double oven ultra precision OCXO(其の弐)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

襟裳岬

Cafejzjq_2 昨日、今日と北海道に行ってました。 法事です。
 
写真は、釧路から羽田に向かう飛行機の中から撮影した襟裳岬です。
空気が比較的澄んでいたので、今日はクリアに見えました。

続きを読む "襟裳岬"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

たかじんの そこまで言って委員会

Takajin_2 予約していた『超国防論』が届きました。 写真真ん中のモノで、両脇は前作、前々作です。
これ、よみうりテレビ(大阪)で放送されている人気番組のDVD版です。
ネット局があるので地方にも配信されていますが、関東圏では観られません。

内容がかなり過激で、出演者を言わせ放題にしているので、言論の自由がない在京のTV局には配信は無理との判断があるようです。
因みに、放送している県の地図はこれです。

続きを読む "たかじんの そこまで言って委員会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

台風18号一過

台風でアンテナの方位が約55度ずれました。

出勤前に予めタワーを12mの位置まで下げ、祈るような気持ちで自宅を出たのですが、予想に反して台風が茨城県の近くを通っていった為、結果としてかなり風でもっていかれました。
ま、12エレのHFアンテナ(T512GX-3040)が上がっているんで仕方ないんですが。

隣町の土浦市では竜巻が発生し、大変な被害が出たので、それから比べればマシなほうですが、ローテーターのクランプをゆるめ方向を直す作業のことを考えると気持ちが重い....gawk
(クランクアップタワーを一番下まで下げると、内側に入ったタワーユニットが邪魔になってスパナを入れるのが大変なんです)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

平熱が上がった

215gxbw9hwl_sl500_aa275_ メタボ対策のためフィットネスクラブに通い始めてから、かれこれ2年半。
つくば駅と自宅との間を徒歩にして半年(往復40分)。
体重、体脂肪共に落ちてきましたが、他にも変化がありました。
体温です。
 
明らかに平熱が上がってます。
以前は大体36.3℃くらいだったんですが、今は36.8℃くらいあります。
最近は日中に何度も測っているので間違いありません。 0.5℃上がってます。
 

続きを読む "平熱が上がった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

同軸切換機 サガミエンジニアリング CXS-2

Cxs2 アンテナが1本しかないのに、無線機が複数台ある。
....当然、同軸切換器が欲しくなります。

無線機による受信音質や、送信音質の違いを瞬時に評価するには、リレー式の同軸切換器が便利です。
勿論、ロータリースイッチを手でパチ、パチと切り替える昔ながらの方式でも良いんですが、手元でパッパッと軽快に切換えるには、やはりリレー式の切換器が便利です。

今回、SDRトランシーバーを、FT DX 9000Dのサブ機(?)として立ち上げた事を切っ掛けに、両者を手軽に切り替える為の同軸切換器が欲しくなりました。  色々と検討した結果、最終的にサガミエンジニアリングのCXS-02(2系統切換 x 2)を買いました。

続きを読む "同軸切換機 サガミエンジニアリング CXS-2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

こんなんなりました

Shack_oct_2009_3_2

このところSDRの快適運用環境を追い求めて色々と画策してきましたが、取りあえずこんな感じでまとまりました。
 
ラックの一等席、FT DX9000Dの上の区画に、タッチ式ディスプレイを置き、ここでPowerSDRの殆どの機能を”指”で操作するようにしました。 ディスプレイは、ワイド画面ではないので縦寸法が大きめですが、なんとか収まりました。
 
ディスプレイの固定には、これを使いました。
 

続きを読む "こんなんなりました"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

パソコン新調

New_pc 前回の記事でWindows XPの事を書きましたが、それを読んで『大魔王め、さてはパソコンを新調したな』と感じた方は勘の良い人です。

はい。今回は物欲に負けてというよりは、やむにやまれずBTOパソコンを買いました。

実は、『重い』といわれるPowerSDRの為に、先月Core Duo 1.66GHz搭載の中古ノートパソコンを買ったんですかが、結果的にこれでは力不足でした。 

ただ、受信、送信の基本機能に関しては、Core Duo 1.66GHzでも全く問題ありません。 快適です。
問題は、送信モニタ音の遅れです。 
小生、昔からの癖でヘッドフォンを装着し自分の送信音をモニタしながら運用していますが、PowerSDRを使ったときモニタ音がコンマ何秒か遅れてくるので、話しづらくてしょうがありません。 多分、0.2~0.4秒程度の遅れだと思います。
勿論、モニタの音量を下げれば気になりませんが、それだとモニタの意味がなくなります。
理屈上、PowerSDRのサンプリング周波数を上げるか、バッファサイズを小さくすれば遅れを小さくできるので色々とやってみましたが、どうしても納得行くレベルにはなりませんでした。weep

続きを読む "パソコン新調"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

使うあてのないFDD

Fdd このFDD、欲しくもないのに売りつけられました。
本来欲しかったのは、WindowsXP home edition。
通常のパッケージ版を買うと2万円以上します。
 
どこかに安い物は無いかといつもの通りネットを検索すると、『DSP(OEM)版』というものが存在する事を知りました。
価格はパッケージ版よりも5,000円以上安くなっています。
 
はて、これは如何なる品物か? 安いものには訳がある筈。
色々調べてみるとこのDSP版、パソコン部品とのセット販売を前提として売られているものでした。
例えば、メモリと一緒だったり、今回のようにFDDであったり。
 
一般にWindowsがプリインストールされたパソコンを購入するときには、Windowsを単体で買うときより安く入手できるわけですが、それを拡大解釈したものがこのような形態で市場に出回っているようです(合法的に)。
 

続きを読む "使うあてのないFDD"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

10MHz Double oven ultra precision OCXO

Morionmv8910mhzdoubleovenultrapreci eBayで、OCXO (10MHz)の中古品が手ごろな価格で出ていたので購入しました。 $45。
サンクトペテルスプルクにあるMORIONという会社のものですが、香港の業者が大量に扱っています。
注文してから約1週間で到着しました。

実はこの製品、知り合いからの情報で知ったんですが、その周波数安定度が凄い。
例えば温度ドリフト量一つとっても、±5x10∧-11のようなので半端じゃありません(本当なら)。

”Double oven ultra precision OCXO”とありますから、それなりの構造を備え、性能を維持しているようです。
下表は、その仕様を示したものです。

続きを読む "10MHz Double oven ultra precision OCXO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »