« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月29日 (日)

受信DSPフィルタの切れ比較: FT DX 9000 vs SDRトランシーバー

Rx_dsp_filter_ft_dx_9000d_2 SDRトランシーバーの送信特性の評価に引き続き、受信フィルタの評価も行ってみました。
 
受信フィルタに関しては、アナログフィルタ時代の音を良しとするOMが多いため、メーカー側もわざとDSPフィルタの切れ(肩特性、スカート特性)を悪くした製品を市場に投入しています。 ご多分に漏れず、FT DX 9000も、フィルタの肩特性をシャープにしたり、丸めたり出来ますし、スカート特性も三種類切り替えられるようになっています。
個人的には『DSP機たるもの、その特質を生かした切れ味鋭いフィルタを使うべし』と常に思っているため、大魔王の設定値は、肩特性はSHARP、スカート特性はSTEEPにして使っています。
上の写真は、受信帯域3kHzの時に測定したAF段のf特です。 ホワイトノイズを受信した時のものですが、設定毎にスカート特性が変化している様子が良く分かります。 因みに、一番急峻な減衰をする"Steep"を選択した時には、3,000→3,200Hzの間で約35dB減衰しています。 この場合、3kHz下に局が出ていると、キンキンした音が僅かに聞こえてくるレベルです。

続きを読む "受信DSPフィルタの切れ比較: FT DX 9000 vs SDRトランシーバー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

フィルタの切れ vs 処理遅れ vs 音質 ~SDR送信編~ (其の弐)

S4_1 ところで、SDRに於けるディレイ時間は下記①+②の総和になります(PCでの処理は除外)。
①DSPのバッファ処理に掛かる時間(= デジタルフィルタの処理に掛かる時間)
②オーディオのバッファリングに掛かる時間
 
前回”其の壱”では、この両者をごっちゃにして話を進めていましたが、何れにしてもハッキリしていることはバッファサイズを小さくすると処理は速くなるが、フィルタの切れは悪くなる、という点です。
 
以上を踏まえて話を進めます。
今回の出発点は、フィルタの特性とディレイを何とか妥協できるレベルまで追い込めたのに、逆サイドへの漏洩が見つかってしまった、という点からです。 それが左側のチャートです。 音声に100Hz以下の成分が含まれているときに、特にこの『おつり』は顕著に出てきます。
 

続きを読む "フィルタの切れ vs 処理遅れ vs 音質 ~SDR送信編~ (其の弐)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

フィルタの切れ vs 処理遅れ vs 音質 ~SDR送信編~ (其の壱)

Sdr1000_2 このところSDRトランシーバーで遊んでいます。
機能、性能には概ね満足しているんですが、二律背反する問題があるのでこのところ色々と検討を重ねています。

その問題とは、まず、フィルタの切れと、処理遅れ(ディレイ)の関係です。 具体的には、
■フィルタの切れを良くしようとすると、ディレイが大きくなり、逆に
■ディレイを小さくしようとすると、今度はフィルタが甘くなってしまう
という現象です。

性能を中心に考えれば、フィルタの切れを優先すれば良いわけですが、どっこいこちらは送信音をモニタしながらじゃないと交信が出来ない、という変な習性が付いているので、ディレイが大きいと喋りづらくなるのでこれが大問題なのです。
そこで、喋っていて違和感のない程度にディレイを抑え、フィルタの切れも急峻にしたいという、相反する希望を満たすポイントが無いかを探ることにしまして。

さて、これだけだと何の話しか良く分からない人も多いと思いますので、実測したデータで説明します。

続きを読む "フィルタの切れ vs 処理遅れ vs 音質 ~SDR送信編~ (其の壱)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

ドイツのSDRトランシーバーキット FA-SDR

Fasdr_1 ドイツ出張の度に買ってくるアマチュア無線雑誌FUNK AMATEUR。

その11月号の表紙はSDRトランシーバーでした。 記事を読んでみたところ、このSDRトランシーバー、来年1月に『キット』として発売されるようです(既に予約受付を開始している模様)。

その名もFA-SDR。 雑誌名のFUNK AMATEURの頭文字をとってFA ...なのかな?

これ、日本に例えるとCQ出版社がSDRトランシーバーのキットを販売し、その製作記事をCQ誌上で紹介しているようなものです。

さて、そのFA-SDRですが、カバーしているバンドは160m~10mで、出力は1Wです。

プロトタイプで測定されたデータが公表されていたので参考までに下記します。

続きを読む "ドイツのSDRトランシーバーキット FA-SDR"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

フィンペシア(finpecia) 其の弐

Before_hair_sep5 『飲むハゲ薬』プロペシアのジェネリック製品フィンペシアを飲み始めて、かれこれ1ヶ月(プロペシアを飲んでいた頃からすると2ヶ月半が)経過したので、人体実験の中間報告をします。
左の写真は、9/5に撮った頭の様子です。
これが2ヶ月半後の11/22でどうなったかというと....
 

続きを読む "フィンペシア(finpecia) 其の弐"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

ボジョレーヌーボ2009

Beaujolais 今年もボジョレーヌーボを買いました。
昨年来の経済不況の影響を受け、価格は例年より安くなっており、1,000円以下で買えるものが多いようです。
ワインの買い付けは前の年のうちに済ませていると思うので、今年はやっと経済不況の恩恵(?)に与れた感じです。
(昨年は、'07年度の買い付け額をベースに販売されていたので、従来通りの価格でしたが、今年は安くなった、という意味です)
 
TVでも報道されていたので、知っている方も多いと思いますが、今年はペットボトルのボジョレーヌーボが多く出回っています。
ま、コスト低減と、エコがその理由なんでしょう。
ただ、いくらボジョレーといえども入れ物がペットボトルだと何だか品質まで低下しているように思えてしまいます。
まるでプラスチックのナイフとフォークで、食事をとるようなそっけない気持ちになってしまいます。
味は変わらないんでしょうが、ワインは雰囲気を楽しむものなので、それが台無しになってしまいます。
 
写真のボジョレーヌーボは、近所のスーパーから買ってきた物ですが、980円でした。
フランス国内の輸送費+飛行機代+日本国内での輸送費+お店のマージンを考えると、『一体、原価は幾らなんだ?』と聞きたいくらいの価格です。
 

続きを読む "ボジョレーヌーボ2009"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

オバマ大統領のお辞儀

C6d83cea 既に機を逸した話題ですが、記事として残しておきたかったので遅ればせながら取り上げます。
マスコミも面白おかしく取り上げていたようなので、知っている読者も多いかと思います。
曰く、『オバマ大統領の天皇陛下に対するお辞儀は不適切、低姿勢過ぎる』、とアメリカの保守派が批判したとか。
 
ま、確かに映像(或いは写真)だけを見たら、そう見えるのかもしれません。
ネット上ではこのお辞儀の理由について、諸説入り乱れて論評されており面白いですね。
 
例えば、

続きを読む "オバマ大統領のお辞儀"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

OH8X 160mバンド3エレ

160m_ylahaalta_compressed CQ誌11月号のQSL紹介のページに載っていた写真に目がとまり、早速、ネット検索をして詳しい情報をゲットしてみました。
で、得られたデータは、
 
タワー高: 100m
160mバンド: 3エレ (80m高、ブーム長71m)
80mバンド: 5エレ (90m高、ブーム長60m)
 
はあ~、ここまで来るともう『どうぞ心ゆくまでDXをお楽しみ下さい』、の世界です。
80mバンドの5エレは、7J4AAL姜OMのものが有名ですが、160mバンドの3エレは空前絶後、聞いたことがありません。 HPは、ここ
 
しかし、これほどのアンテナを建てるには財力は勿論のこと、『情熱』がないと絶対無理ですね。
厳寒の地にも燃えさかる情熱を持ったハムがいる、ということなのでしょう。
あっぱれ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

006Pって....

Daiso_006p ラジオ少年だった頃から、自然と覚えた名称だったので余り気にもとめていなかったんですが、006Pって1.5Vのセルを6個(6 Pieces)積層構造にしているから006Pなんですね。
たまたま調べ物をしていたら、それと分かる記事に出くわし、納得しました。
例えばこういうHPがあります。 これとかこれ
昨年、”電池男”を名乗っていましたが、上には上がいるものです。
 
PS: 本日無事帰国しました。 飛行機の中で寝ていないので昨日から、かれこれ30時間起きています。 あと3時間くらいしたら寝ますが、(毎度のことながら)そうすることで翌日から時差ぼけが全く無くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

日本の余力?

E6a99fe58685 今週は、ドイツに来ています。
ジャイアンツ優勝の余韻が冷めやらぬ中、日本を出国してこれこれ5日。
昨日、ようやくインターネットが使えるようになりました。
先ほどネットのニュースで市橋容疑者が捕まったことと、森重久弥が亡くなったことを知りました。
市橋容疑者の方は、出国前に整形後の写真が報道されていたので、逮捕は時間の問題だろうと思っていたんですが、意外と早く捕まりましたね。 被害者の家族はさぞホッとしたことでしょう。
このところ当地の気温は朝晩、氷点下にまで落ち込んでいます。 さすがにこの時季は上に羽織るものがないと外には出られません。
緯度的には北海道よりも北(樺太と同じ緯度)にあるわけですから、当然といえば当然なんですが。

続きを読む "日本の余力?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

リボン・マイクの音を知る

Ribbon いや~久し振りの我が家です。
今週は、名古屋方面に泊まりがけの出張に出ていた為、なかなかパソコンの前に座る時間が持てませんでした。
 
さて、本題。
"Sound & Recording"という業界雑誌の2007年9月号をオークションで手に入れました。
お目当ては、『リボン・マイクの音を知る』という特別企画。
最近は、各社からリボンマイクが売り出されていますが、そうした最新モデルと、ビンテージ品との比較などがされています。
実際に収録に使われたマイクは、次の通りです。(CD収録順。 括弧内は販売価格)。
 

続きを読む "リボン・マイクの音を知る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

秋晴れ!

Ant 今日は実に清々しい秋晴れの一日でした。

思わず外に出てアンテナをパシャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

裏切り者!

Sapporo 週末は、野暮用で北海道に行っていました。
11月ともなるとさすが寒く、夜はみぞれが降っており、セーターを持っていって正解でした。
 
さて、折しも札幌では野球の日本シリーズが開かれていました。
巨人対日ハムです。
 
実は道民がどのような心境で両チームを応援するのか気になっていました。
以前、このBlogでも書きましたが北海道は本来、巨人ファンが圧倒的に多い地です。
そもそも野球中継といえば、巨人戦しかやっていませんでしたら自然と巨人ファンが作られていたのでした。
 
そうした中、数年前、『北海道日本ハムファイターズ』が誕生。
おらが村のチームができた訳です。
パリーグの試合を応援している分には、日ハムを頑張れ!ということになるんでしょうが、では、巨人との対戦だと一体どちらを応援するのか、その割合はどれくらいなのか気になっていました。

続きを読む "裏切り者!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »