« (続)目指せ、快適無線環境! | トップページ | Double oven ultra precision OCXO(MV89A)の周波数較正 »

2009年12月 5日 (土)

ソニッケアの電池交換

Sonicare_0 以前からトライしてみようと思っていました。
この電動歯ブラシ、世界最高の洗浄効果を発揮してくれますが、最大の難点は価格とバッテリーの寿命。
3年も使っていると3、4日に一度のペースで充電しなくてはなりません。
それに嫌気が差し、新品に交換すると、また1万円以上の出費。
しかし、この電動歯ブラシを一度使うと、他の電動歯ブラシは使えないくらい素晴らしいので、ついつい買ってしまうのです。
 
ソニッケアにはニッカド電池が使われているようなので、『よし、ここは電池をエネループに交換しよう!』と思い立ち、今日は朝からやる気満々。
エネループだと繰り返し充電が相当数出来ますし、容量もニッカド以上にあるので長期間使えそうです。
 
ネットを調べたところ、自力で電池の交換を試みた方の記事があったので、それに勇気づけられて、作業を決行することにしたのでした。 (この記事)
よし! と気合いを込めソニッケアをシャックに持ち込み、解体することに。 すると....
 
へ!? eye
ケ、ケースが変わってる。 パカッと二つに割れる構造になっていないではないか!
本体が一体成形されている。 

Sonicare_1

う~ん、困った。 
しかし、製造時に組み立てたんだから、解体できないわけがない。
Sonicare_2 ....そして、唯一、解体できそうな部分に小型のマイナスドライバーを注意深く差し込み、手でグリグリやり、引く抜く作戦をとることに。
格闘すること15分。
接着剤が大量に塗り込まれているらしく、サッパリ抜けません。 15分掛けて移動した距離は、たったの1mm。
仕舞いには、手のひらの皮が剥けそうになってきたので作業を断念することに。
ふ~っ。 労多くして功少なし。 weep
 
それにしてもソニッケア。 憎たらしいほど電池交換を想定した構造になっていません。
そりゃあ、ビジネス面では電池がへたる毎に製品を買って貰った方が良いんでしょうが、エコが叫ばれている今日、そんなビジネスモデルは如何なものかと思った師走の一日でありました。
 
...手が痛い。catface

|

« (続)目指せ、快適無線環境! | トップページ | Double oven ultra precision OCXO(MV89A)の周波数較正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニッカド電池の交換は素人では難しいとばかり思っていました。
私が所有している520のニッカドも完全に駄目となっていますが、
OMの記事を拝見し、失敗覚悟でチャレンジしてみます。

投稿: 織田 | 2009年12月 5日 (土) 16時41分

織田さん

初コメントありがとう御座います。

>失敗覚悟でチャレンジしてみます。
古いリグを当初の状態に戻してあげるのも楽しい事かと思いますので、是非チャレンジしてみて下さい!

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2009年12月 6日 (日) 09時37分

無線を聞きながら、C520のバッテリィー分解に初チャレンジ!
バッテリィーのケースに傷を付けないよう慎重に作業を進めようと
思っても、悲しいかな多少の事には目を瞑る結果となりました。
何とかケースを分解し中身をいざ拝見?中の電池が其々にスポット
溶接されており、ハイすんなり交換とはなりませんでした。
これは困った事になったと思案しているところに家族からの強制
ブレーク..中身と同じ大きさの電池を探さねば..Hi 

投稿: 織田 | 2009年12月 6日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/46939742

この記事へのトラックバック一覧です: ソニッケアの電池交換:

« (続)目指せ、快適無線環境! | トップページ | Double oven ultra precision OCXO(MV89A)の周波数較正 »