« 厚岸の牡蠣とシャブリ | トップページ | SDRトランシーバー FLEX-5000A »

2009年12月12日 (土)

『THE IK1JUO』

Ws000002 YouTubeは暇を見つけてはパトロールしており、面白い物がないかをチェックしています。

最近では無線関連の動画も増えてきていますが、今回はHiFi SSB関連のネタを紹介します。
タイトルは、『THE IK1JUO』。
IC-7800で14MHzを受信したときの動画が掲載されています。
47sec程度の長さなので、先ずは視聴して貰った方が良いと思います。
 
いや~、ドスの効いたイタリア語ですねえ。
声の善し悪しと言うよりは、基本周波数(Fo)の低い人は、さすがに響きの良い音で聞こえます。
因みにこの人のFoは、65~70Hzなので、生成される倍音が多い分、SSBとは思えないような音質で聞こえます。
やはり地声の低い人は、『響き』に関しては有利と言えます。
 
ところで、このYouTubeの動画に対するコメントを見ていたら、次のようなコメントがありました。
Why can't he speak normally?   
『なんで、この人、普通に話せないの?』
 
う~ん、そういう意見もあるのか。
でも、普通に話してこの声だと思うんだけどなあ.....

|

« 厚岸の牡蠣とシャブリ | トップページ | SDRトランシーバー FLEX-5000A »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47003710

この記事へのトラックバック一覧です: 『THE IK1JUO』:

« 厚岸の牡蠣とシャブリ | トップページ | SDRトランシーバー FLEX-5000A »