« Phone/iPod用オーディオケーブル | トップページ | DMS-05の実力  »

2010年1月16日 (土)

市販ファンタム電源を利用したマイクアンプ(DMS-05)の製作 (其の弐)

 
Dms05_2_1_2 イジリ壊してしまった初代DMS-05。
サウンドハウスから新品のPS400を購入し、作り直しました。
左は完成後の写真です。
 
JI1ANI福井さんのアドバイスを有り難く頂戴し、入出力を同じ面に揃え、スイッチとゲイン調整ボリュームはその裏側に配置しました。

Dms05_2_2

因みに、アンプ部を組み込むPCBも作り替えました。
流石に"二代目"ともなると部品の配置も洗練され、我ながら綺麗に実装できました。
こんな感じ。

Dms05_2_3_2

ピンクノイズを入れ、周波数特性を測定した結果が下のチャートです。

Dms05_af_characteristic

ご覧のように殆どフラットです。 うふっheart01
 
音質は『シンプルイズベスト』を体現するような感じです。
部品点数が極めて少ないので、使用しているオペアンプの『素の音』がそのまま出ます。
従って、オペアンプを交換すれば、音の変化をダイレクトに楽しめます。
 
oneQとの音の比較もしましたが、互角とは行かないまでもかなり良い線いってます。
製作費4,000円と聞けば、殆どの人が『え~!!』というでしょう。
ま、評価に使用したオペアンプが10万円以上するマイクプリに使われているTHAT1510であることを考えれば当然と言えば当然です。
 
以上、トラブルなどありましたが、大魔王スペシャル"DMS-05"が一応完成しました。

|

« Phone/iPod用オーディオケーブル | トップページ | DMS-05の実力  »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

いゃぁ綺麗にできましたねheart04
4000円はPS400以外に4000円ですか?総額ですよね?
あと、インプレッションは電池男の本領発揮でお願いします。消費電流は数十mA程度かと想像しているのですが・・・・

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年1月16日 (土) 21時02分

>4000円はPS400以外に4000円ですか?総額ですよね?

勿論、PS400を含めた『総額』です。
ファンタム電源付きのオリジナル・マイクアンプが『よんしぇんえん』で出来るんですから結構お値打ちですよね、これ。

"電池男"は、ご期待に添うべく実験を計画してます!happy01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年1月16日 (土) 21時12分

 写真を一目見て、 あ、格好良くなってる! と思いました。
 記事になったら私もやってみようと思います。
 シンプルながら理想的な性能ですね。

投稿: JO1KVS | 2010年1月16日 (土) 22時39分

これは!!!heart02
めっちゃ格好いいものが出来ましたね
拙ブログでも「HiFiSSB」で検索をかけてくる方が
多いので、記事になったら成田のお店は大繁盛かもsmile

投稿: JQ1BVQ/多田 | 2010年1月16日 (土) 22時50分

各局

お褒めの言葉ありがとう御座います。

>記事になったら成田のお店は大繁盛かも
あはは。 CQ誌に掲載されるかどうか分かりませんが、当Blog読者で自作希望の方には、参考回路図を提供可能ですので、その際には御連絡ください。


投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年1月17日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47310479

この記事へのトラックバック一覧です: 市販ファンタム電源を利用したマイクアンプ(DMS-05)の製作 (其の弐):

« Phone/iPod用オーディオケーブル | トップページ | DMS-05の実力  »