« HOT MENU | トップページ | また壊れた! フリクションボール »

2010年1月23日 (土)

DMS-05 完成

Ws000002 市販ファンタム電源(PS400)を使った、超シンプル・マイクアンプ DMS-05が完成しました。

当Blogで先週、収録した音まで紹介しておきながら、何を今更、と思われるかも知れませんが、実はやり残していた作業があったのです。
 
DMS-05は、その母体となるPS400の回路や部品にいっさい手を加えないというコンセプトで作ってきました。
しかし、PS-400で使われているカップリングコンデンサに正体不明のケミコンが使われているのがどうしても我慢できず、今日それを交換しました。 
 
このカップリングコンデンサ、ファンタム電源のDC48Vが後段に伝わらないようにするDC阻止の役割と、音声信号を通す役割をしている重要なもので、規格上、ここには47μFが使われています。 その重要な箇所に使われているケミコンを見るとそこには"xunda"という印字が。 うっ、これは中国製に違いない。 許せん! pout
 
...というわけで、信頼と実績のニチコンFine Goldに交換した次第です(写真、黄色枠の中)。 
そして交換後の音を聞いてみましたが、やっぱりFine Goldは良いですねえ~ happy01
 
SSBだと殆ど違いは分からないかも知れませんが、ま、これも精神衛生上必要なことですのでHi。
以上、DMS-05はひとまず完成しました。

さて、次はDMS-06の製作に取りかかろうかしらん...

|

« HOT MENU | トップページ | また壊れた! フリクションボール »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

ふと気がつけば、ファンタム電源付きマイクプリアンプの製作記事は非常に少ないですね。DMS-05で3回目です。
コンデンサーの交換で先日よりも更に良くなった・・・とういことは・・・・。
電池だとさぞかし・・・・って期待高まります。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年1月23日 (土) 22時56分

>コンデンサーの交換で先日よりも更に良くなった・・・とういことは・・・・。

今回の改造で何とoneQよりも良い音になってしまいました。DMS-05の方が音の抜けが良いです。
DMS-05、oneQ共にTHAT1510を載せてますが、やはり後段でゴチャゴチャやっていない分、DMS-05の方が有利です。 4,000円未満で作ったアンプが、大枚はたいて買ったoneQよりも音が良いなんて。
喜ぶべきか、悲しむべきか思いは複雑です。think


>電池だとさぞかし・・・・って期待高まります。

それが、何度も試したんですが大きな差はありません。付属の安物ACアダプタ、トランス式安定化電源、オキシライド3種類試しましたが、期待に反して有意差が殆ど出ないのです。
恐らく、オペアンプの直ぐ近くに電源強化用のケミコンを付けている為、電源の差を吸収してくれているのだと思います。 というわけで今は付属のACアダプタを使っています。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年1月24日 (日) 08時13分

>今回の改造で何とoneQよりも良い音になってしまいました。DMS-05の方が音の抜けが良いです。

やはり・・・・、先日の録音聞いて「これは・・・」って思っていたので、それ以上になると・・・・そうなりますよね。
トータル4200円(200円はFG代)でそうなると・・・・・1万円コースなら一桁上を狙えるか?
それともこの辺がベストチューン(?)でしょうかねぇ・・・。

電源了解です。基板のハジにいる放熱器付きのレギュレーター(?)がアヤシイ・・・(笑)

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年1月24日 (日) 14時37分

>トータル4200円(200円はFG代)でそうなると・・・・・1万円コースなら一桁上を狙えるか?

う、DMS-06のコンセプトを見透かされているような....
ラジオで言うと、最高の部品を使って最高音質のゲルマラジオを作るようなものかなあhappy01

投稿: JA1BBP 早坂 | 2010年1月28日 (木) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47367407

この記事へのトラックバック一覧です: DMS-05 完成:

« HOT MENU | トップページ | また壊れた! フリクションボール »