« なんだって今時のTVは.... | トップページ | 市販ファンタム電源を利用したマイクアンプ(DMS-05)の製作 »

2010年1月 8日 (金)

JOEMEEK oneQ (其の四) ~禁断のオペアンプ交換~

072d_2 買ったoneQには、最初からICソケットが付いていたので別に『禁断』という訳でもないんですが、お決まり(?)のオペアンプ交換をしてみました。
 
先ずは、汎用オペアンプ(NJM072D)の交換から。 oneQには、様々なセクションにこのNJM072Dが計23個使われています。
当面、oneQのアンプの機能しか使う予定はないので、イコライザや、コンプレッサ部分に使われているオペアンプについては交換を見送り。 常時音声信号が通っていると思われる場所に狙いを定め、計11個交換しました。
 
交換後のオペアンプは、LME49720。 秋月で\270/個で購入。 汎用オペアンプと比べると少々高めですが、クリアで上品な音を期待しての選定です。 昨年暮れから2週間ほどエージングしていました。
 
49720 さっそく交換前と交換後の音を収録し聞き比べてみる。
!! おお~lovely
音の抜けが良い。 空間も広がって聞こえるし、音の余韻が増し心地よく聞こえる。
実は、もう少し質実剛健というか、クールな音色を期待していたんですが、思いの外、艶っぽく、僅かにエコーが掛かったような音になってくれたので、交換して大正解でした。
 
因みにメーカー(Joemeek)は、
『oneQに搭載されているオペアンプは、評判の良いオペアンプを何種類も用意してブラインドテストをした結果決めたものなので交換はするな!』とHPで言っています。 ま、世の中には沢山のオペアンプがありますし、製品のコストを考えれば、限られたグレードの中でのブラインドテストだったのでしょう。 (...と好意的に解釈します)
 
さて、これに飽き足らない大魔王、次はアンプの初段に使われているオペアンプの交換に着手。
ここには元々、BBのINA217が使用されています。 本来、プリアンプ用に設計されたオペアンプなので物は悪くない筈です。
しかし、ここが音質に一番影響が出るキモの部分なので、ピンコンパチのオペアンプに差し替え評価してみました。 用意したのは、次の4種類。
(1) INA217 (TI) \570
(2) SSM2019 (AD) \513
(3)THAT1510 (THAT) \670
(4)THAT1512 (THAT) \800
 
因みに、(1)は、新たに購入したものです。 oneQに最初から搭載されていたINA217は、既に2週間以上エージングされているので、それを外し全て新品の状態で比較することにしました。
 
結論から先に言うと、
(3) > (4) > (2) > (1) の順となりました。 つまり、(3)のTHAT1510が一番、大魔王の耳にはFBに聞こえました。
それぞれの音のインプレッションは下記の通り。
 
That1510 (1) INA217  :基準
(2) SSM2019 :重心が下がり、且つ音が塊になってガツン!と来る感じ。但し高域の抜けが余り良くない。
(4) THAT1512:中高域の抜けが素晴らしい。 声の余韻、陰影がハッキリ分かるような音。 反面、低域の押しがやや不足気味に聞こえる。
(3) THAT1510:上記(4)の魅力をそのままに、かつ弱点をカバーしたようなバランスの良い鳴り方。 声が前に出てくる感じ。
 
というわけで、勝者は価格が2番目に高かったTHAT1510となりました。 エージングが進めば更に音は変化して行くかと思いますが、『ブランドニューの段階で相対的に良い音がするオペアンプは、エージング後も良い音がする』という確信の下、oneQのカバーを閉めたのでした。
 
さて、これでoneQのアンプ部分の評価は終了です。 当面はこれをメインに使い無線に出ようと思っています。happy01

|

« なんだって今時のTVは.... | トップページ | 市販ファンタム電源を利用したマイクアンプ(DMS-05)の製作 »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

待ってました。やはりTHATはIBM/AD連合軍に勝利しましたねsign03
どういうわけかTHATに関する情報は日本では殆どないのですけど、結構有名な(且つ高価な)マイクプリアンプって中身はTHATだったりするんですけど・・・・
THATもLMEも遅咲き(?)系だと思いますので、のんびりと楽しんでみると良いとおもいます。

THATのマイクプリアンプの交換記事、たぶん、日本で最初です。
バランスラインドライバーの交換は結構見かけるんですけどね。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年1月 8日 (金) 23時11分

福井さん

いや~、今回はオペアンプによる差がハッキリと出たので、交換した甲斐がありました。
SSBの帯域だと、あまり差が出ないのかも知れませんが、気分的に声に自信がつきそうです。
マイクアンプの音が良いと、つい、うっとりしてしまいます。coldsweats01

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年1月 9日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47236585

この記事へのトラックバック一覧です: JOEMEEK oneQ (其の四) ~禁断のオペアンプ交換~:

« なんだって今時のTVは.... | トップページ | 市販ファンタム電源を利用したマイクアンプ(DMS-05)の製作 »