« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月に作成された記事

2010年2月28日 (日)

なぎら健壱 ~ 町のあの頃 (東京新聞2010.2.28)

今朝の東京新聞朝刊に載っていた記事だそうです。
TGCのメンバーから頂いた記事の転載です。 

Ca6z2oie

はて、この局はどなた?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USBケーブルで音が変わるか?

Usb_cable_1_2

日頃から当ブログで『デジタルはアナログよりもセンシティブ』と言っていますが、今回はその実証試験です。
 
題して、『USBケーブルで音が変わるか?』。
デジタル伝送である以上、音が変わるわけがないという諸兄が大半のこの世界。 論より証拠というわけで、確かめて見ることにしました。
 
さて、今年も物欲が旺盛な大魔王。 先日、DAC兼ヘッドフォンアンプとして人気のあるDr.DAC2 DXを購入しました。
現在そのDr.DAC2を使い、パソコンに格納している音楽を再生しているんですが、パソコンとDr.DAC2との接続には、USBケーブルを使っています。
つまり、パソコンからのデジタル音楽データは、このUSBケーブルを通じて、Dr.DAC2に伝えられ、そこで再生されます。
その再生された音を、USBケーブル毎にヘッドフォンで評価するというのが今回の実験です。
 
写真は、今回試供したUSBケーブルの一部です。 最終的には7本視聴しました。
今回の実験に際し新たに購入したのは下記の3本で、残りは手持ちのケーブルです。
 

続きを読む "USBケーブルで音が変わるか?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

大魔王 in 宮島

Miyajima_0_2

先ほど広島から帰ってきました。
 
今日の日中は出張のご褒美に(?)、安芸の宮島に行ってきました。
9年振りです。
 
先ずは海に浮かぶ大鳥居をバックに一枚。
それにしても、最初はどうやって海に大鳥居を建てたんだろうか....
 
次は向かった先は当然、世界遺産の厳島神社。
丁度、満潮時だったので完全に海の上に神社がありました。 
こんな感じ。

続きを読む "大魔王 in 宮島"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

鼻濁音

Ws000000

毎週日曜の朝に聞いているTBSラジオの『安住紳一郎の日曜天国』で、このところ鼻濁音(びだくおん)が話題になっています。
 
この鼻濁音。地方により全く使われないところがあったり、同じ県でも使われる地域と使われない地域があるのだとか。 因みに、大魔王は北海道の片田舎で育ちましたが、気がついてみると普通に鼻濁音を使っています。
 
例えば、『午後五時半』。 ごごごじはん。
 
大魔王の場合、最初と三番目の『ご』は濁音です。しかし、二番目の『ご』は、鼻から抜ける音、即ち『鼻濁音』として発音しています。
 
当人にとっては何気なしに発音している鼻濁音が、地方により全然使われない所があるとは、驚きでした。 それから、最近の若者は鼻濁音を使っていない人が殆どなんだとか。
因みに、皇室は伝統的に鼻濁音を重視しているらしく、皇后陛下は嫁がれた当初、随分と指導を受けたらしいです。
以下に濁音と鼻濁音のサンプルをネットから持ってきたものを示します。
 

続きを読む "鼻濁音"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

アマチュア無線界の前途は明るい!

Img528

今日の夕方、3608kHzで、JA1RLがCQを出していました。
おお、こんなところで。 珍しい。
声を聞くと女の子。 語調からして小学校低学年か。
 
よし、ここは、無線界の先輩として、しっかり交信してあげよう。
...などと思った大魔王。 早速、コールし、QSOをしたのでありました。
 
QSOの最中、お父さんと思われる人の声がマイク越しに小さく聞こえる。
女の子は、パニクりながらも、必死に声をだしている。 嗚呼、初々しい。
 
うふっ 近頃聞かなくなった、ビギナーのオタオタ感がたっぷり。
こちらは、おじさんぶって落ち着いて受け答えをする。(なに、自分も30数年前はそうだったくせに....などと思いながら) ともかく応援してやりたい気持ちで一杯でした。
 

続きを読む "アマチュア無線界の前途は明るい!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

銅なのに金を獲ったかのような騒ぎよう。

Takahashi

銅なのに金を獲ったかのような騒ぎよう。
でもいいか。 

銅は、『金と同じ』と書くんだし。
 
...ラジオを聞いたらこんな事を言っていたので、思わず笑ってしまいました。 
それにしても高橋の演技力は素晴らしかった。 


ところで、カーリングを観ていると、もろ『北海道弁』が聞こえてくるので嬉しくなっています。  チーム青森とはいえ、殆どが北海道出身者ですからね。
この種目くらいかなあ、試合中、意図的に選手達の声を拾い放送するのは。

がんばれ、ニッポン! 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

自然空冷式DC電源

Kmcc_1

を入手しました。 

KMCC製の中古ですが、max 32Aとれます。 
今までは、DIAMONDのGSV3000を使っていたんですが、これ10Aくらいで使い続けるとファンが回り出して、結構うるさくなります。 そこで静かなものは無いかとずっと探していました。
 
ファンを静音タイプの物に交換すれば、ある程度騒音は抑えられるのでしょうが、回転数を落としたところでファンの音は皆無にはなりませんし、本来必要な放熱という目的が達せられないリスクがあります。
 
一方、30Aクラスであれば最近はスイッチング式の物が手ごろな価格で手に入りますが、無線、オーディオ用途としてはスイッチング電源を使う気にならないので、トランス式で且つ、ファンレス式のDC電源を探していたのでした。
そして、先日入手したのがKMCCの model SP-320AW(写真)です。
 

続きを読む "自然空冷式DC電源"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

国籍って、そんなに軽いもの?

Pk2010021502100126_size0

このところTVや新聞は、オリンピックに出るため日本国籍を捨て、ロシア国籍をとったフィギャースケートの選手を取り上げてます。

自分の欲望を叶えるために国籍を変える。
...正直、複雑な心境です。
 
オリンピックとは、本来、自分が生まれ育った国を代表して出場するものだと思うんですけどね。
それが、オリンピックでメダルを取るために、生まれた国の国籍を捨て、他国の国籍を取るなんて。
結局は、エゴではないのか。
 

続きを読む "国籍って、そんなに軽いもの?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

iPod(iPhone)用ドックケーブル

Hpcd35pt0_2

iPhoneの内部からアナログ信号を直接取り出すドックを先日買いました。AUDIOTRACKのこれ。 iPhoneのイヤフォンジャックから聞いたときよりも音は確かに良くなりました。

...しかし、まだ何かが足りない気がします。
ただ何となくですが。coldsweats01

これまで、『もう、これ以上いい音にはならない。 これが最高!』と思ったこと数知れず。 そして、その後、別のものを聞いて、『今まで、これを良い音だと思っていた俺の耳は一体何なんだ....』と落ち込むことも同数あったのでした。

音質は、比較対象があってこそ、はじめて『良い、悪い』が言えるものなので、別のドックケーブルを買うことにしました。
とはいえ、ん万円台のものは選考外。 数千円台で買えるものをネットで調べまくる。

そして、最終的に買ったのが、オヤイデのHPC-D3.5。 価格は秋葉原の店頭で、1,005円でした。 線材に高音質導体PCOCC-Aを採用してこの値段とは、安い!!
 

続きを読む "iPod(iPhone)用ドックケーブル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

PILOTからの調査報告

Pilot_1

フリクションボールのペン先不具合に関する報告書が届きました。

実売価格、200円の筆記具に対してのクレームなので正直、迷いましたが、気に入っているペンなので品質向上へフィードバックと考え、ペンを送り返していたのでありました。
 
封筒の中身は、

続きを読む "PILOTからの調査報告"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

1982.6.30 武道館

41pexnayfkl_ss500__3

...と聞いてピンと来る方は、ご同慶の至り。
酔った勢いで(アマゾンで)買ってしまいました。
 
VTRで録ったものは今から二十数年前、数え切れないほど観ていたんですが、DVDで(音の部分が)リマスターされたものが発売されていることを知り、懐かしさのあまり買ってしまいました。
 
今日、そのDVD化されたものを見ましたが良いですねえ~。
観客の女の子は聖子ちゃんカット。 そして、男はダサイ格好。 嗚呼、昭和57年。
 

続きを読む "1982.6.30 武道館"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

拡大鏡

Loupe

レーシック手術を受けてからというもの、すっかり老眼を自覚するようになりました。

 
車を運転するときや、外を散歩するときなどはメガネは要らないのでFBなんですが、本を読むときやパソコンを操作する時は、よく見えないのでイライラします。
 
あと、電子工作のときも老眼鏡がないと、ちょっときついです。
特に、コンデンサの容量を確かめるときは、老眼鏡を使っていてもよく見えないので、こりゃ駄目だと思い、近くのダイソーに行き、拡大鏡を買ってきました(写真)。 

拡大率は5倍なので、普段使う分には必要にして十分。 因みに価格は105円でした。
 

続きを読む "拡大鏡"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

iPhone(iPod)の音は本当に良い音なのか?(其の弐)

Ws000000

デジタルが文字通り『デジタル処理』されているのは、ソフトウエアの部分のみ。
センシング部分や、インターフェイス、伝送路などは少なからずアナログ的外乱要素が入るのでそこで音が劣化....というのが前回の話でした。
 
とすると、CDを使わない半導体メモリを使った音楽プレーヤーは、音の劣化が少ないので良い音がするのでは?ということで今回の評価となりました。
つまり、『高額CDプレーヤー vs 半導体メモリプレーヤー』です。
 
両者の音楽ソースは次の①②のプロセスで作られています。
 
①音源: iTunesストアで今井美樹の曲をダウンロード。 (Sampling rate 44.1kHz, 128kbps)
②上記①でダウンロードした曲をiMac(パソコン)のHDDに格納
 
この②が下記のメディアにとっての共通の元データとなります。
 

続きを読む "iPhone(iPod)の音は本当に良い音なのか?(其の弐)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

iPhone(iPod)の音は本当に良い音なのか?

C59637_1

iPhone(iPod)のDock端子から音楽信号を取り出すケーブルが市販されています.
内蔵アンプに入る手前の信号(アナログ)を直接引き出せるので,ピュアな音が聞ける....と言われています.
 
しかし,そのケーブルの高いこと高いこと. 余りに高いので一時は諦めていました(先月の当ブログ記事参照).
そんな中,先日手頃な価格のケーブルを発見したので,早速購入し実験してみることにしました.
今回購入したのは,AudioTrack社のiPod用オーディオケーブルAT-iacL(1m). アマゾンで2,000円ちょっとでした.
 
久し振りに以前作ったYAHAアンプを引っ張り出し,それで聞いて見ることに.

......

続きを読む "iPhone(iPod)の音は本当に良い音なのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

大魔王,すっかり老ける

Old

 
大魔王とアイボールした事のある人であれば,この写真を見でショックを受けたことでしょう.
 
これ,昨日撮影したものです.
 
そうです,もう死ぬのです.               

.....というのは嘘で,これ,撮影した人物写真から、年老いた姿をシミュレーションしてくれるiPhoneアプリ,Hour Faceで遊んだときのものです.
現在,iPhoneの有料アプリでは1位,と人気のあるものです.
この手のアプリは大好きなので早速,購入.
で,娘に撮って貰った訳です.
 
正直,自分の顔がどんどん年老いて行く姿を見たときはショックを受けましたが,ま,所詮,シミュレーションなのだと自分を慰める.
 
実は,このアプリ,自分を若返らせることも出来るんです.
それが,次の写真.

続きを読む "大魔王,すっかり老ける"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

New Year Party

 

Nyp

昨年で一回りした,QSOパーティのステッカー.
今年も惰性(?)で参加してステッカーを貰いました.
 
受け取ったステッカーを見て,思わず『あっ』.
『同じ柄だ』
そうなんです.
年号以外,全く同じ絵柄なんですね,このステッカー.
初めて知りました.

続きを読む "New Year Party"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

FT DX 5000販売開始

Ws000003

日本国内では,1/30(土)から出荷が開始されました.

週末,3エリアの知り合いが5000MPからQRVしていたので,早速QSOしましたが,コンディションが悪く,詳細な音質のレポートは送れず.

受信に関しては,氏曰く,『なかなか良い』とのことでしたが,何せ届いたばかりなので当人も詳細な評価はこれからとの弁.

一説には,DX9000を超える性能とも言われているDX5000.
...と,ここである思いが脳裏をかすめる.

ははあ~ん,そうか.

製品ラインナップの関係上(性能面で),DX9000 < DX5000 とは出来ないからDX5000が発売される前に『PEP9000』 対応をやってDX9000のステータス(グレード)を守ったんだ.

うん.きっとそうに違いない.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »