« PILOTからの調査報告 | トップページ | 国籍って、そんなに軽いもの? »

2010年2月14日 (日)

iPod(iPhone)用ドックケーブル

Hpcd35pt0_2

iPhoneの内部からアナログ信号を直接取り出すドックを先日買いました。AUDIOTRACKのこれ。 iPhoneのイヤフォンジャックから聞いたときよりも音は確かに良くなりました。

...しかし、まだ何かが足りない気がします。
ただ何となくですが。coldsweats01

これまで、『もう、これ以上いい音にはならない。 これが最高!』と思ったこと数知れず。 そして、その後、別のものを聞いて、『今まで、これを良い音だと思っていた俺の耳は一体何なんだ....』と落ち込むことも同数あったのでした。

音質は、比較対象があってこそ、はじめて『良い、悪い』が言えるものなので、別のドックケーブルを買うことにしました。
とはいえ、ん万円台のものは選考外。 数千円台で買えるものをネットで調べまくる。

そして、最終的に買ったのが、オヤイデのHPC-D3.5。 価格は秋葉原の店頭で、1,005円でした。 線材に高音質導体PCOCC-Aを採用してこの値段とは、安い!!
 

Hpcd35pt1

PCOCC-Aは、以前、DX9000Dのマイク系統に使用したことがある電線なので、馴染みがあります。
10cmそこそこの線長とは言え、きっと効果があると期待しての購入です。
 
自宅に持ち帰り、さっそく聞き比べてみることに。
さて、価格差二倍のこの戦いの結果は....
 
まず、AUDIOTRACKのケーブルを聞き込む。 音楽ソースは女性ボーカル。 音のイメージを記憶してからオヤイデケーブルに交換する。 
 
...あ、変わらない。
というか、違いが殆ど分からない。
ま、こんなものか。
 
でも、なにか違いが出ないかと思い、別の音楽ソース(JAZZ)に切り換え聞き比べることに。
すると、ある楽器で明らかに差が出ました。
それはシンバル。
 
オヤイデケーブルの方が生々しく鳴り、音の抜けがいいです。 何度も聞き比べましたが両者で違いがあります。
 
AUDIOTRACKのケーブルには、プロの世界で実績のあるMOGAMI製の線材が使われているんですが、今回はオヤイデの勝利でした。 (AUDIOTRACKの線長は1mなので、その長さがやや不利に働いたかも?)
 
オヤイデのこの廉価ケーブル。 恐るべし。

|

« PILOTからの調査報告 | トップページ | 国籍って、そんなに軽いもの? »

HiFi Audio in SSB、音関連」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

大変ご無沙汰致しております。

先日、札幌に出張した際、オーディオ専門店で、
BEHRINGER の文字が目に入り、
マイクモデリングアンプ MIC800を衝動買いしてしまいました。

また、無線病が再発したようです。

投稿: JA8NIR | 2010年2月15日 (月) 21時10分

MIC800はコンパクトなので場所もとらずFBかと思います。

>また、無線病が再発したようです。
ちょっとしたことが切っ掛けで無線熱が高まることはありますね。
今度MIC800を使い是非QRVしてください!

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年2月17日 (水) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209564/47565931

この記事へのトラックバック一覧です: iPod(iPhone)用ドックケーブル:

« PILOTからの調査報告 | トップページ | 国籍って、そんなに軽いもの? »